安曇野発ケチケチファーマーズブログ
ダッシュボード 取り外し
©az-tic life


(/ ゚Д゚)/ ガバッ!


メカニカルで無駄のない内装が男心をくすぐる…

ダッシュボードの取り外し方は車種によって異なるのだが、
アクティの場合、メーターパネルの枠と空調パネル、
オプションで時計の入る中央部のパネルと左右の噴き出し口、
それにグローブボックス下の小物入れを外すとボルトやビスがある。
全てのネジを外して左側へゴソゴソとずらせば車外へ出るはずだ。

今回ダッシュボードを外したのは細かい部分を徹底洗浄するため。
前オーナーの煙草のヤニが未だに匂いを放出するからだ。
適当な万能洗剤を吹き付け、タワシと歯ブラシでゴシゴシ洗浄し、
水で流したりキッチンペーパーで拭き取れば洗浄完了。
ついでに空調ダクトの劣化したシール用スポンジも剥がし、
適当な隙間テープを貼り付け応急的に修理した。

と、ここでダッシュボードを元に戻してしまうのは勿体無いと思い、
急遽バンパープライマーを購入して塗り替えることに…

ダッシュボード 塗装
©az-tic life

まずは150番のペーパーで表面を丁寧に磨き上げる。
次にバンパープライマーを満遍なく吹き付け、良く乾かす。
それから角や縁等の剥がれやすそうな場所にプラサフを吹く。
全体に吹かないのは手元に1本しかなかったからだ。
最後にホワイトラッカーを丁寧に4回程度重ね塗りして乾燥。

ダッシュボード 取り付け
©az-tic life

取り外しと逆の手順で取り付ければ徹底洗浄とイメチェン完了。
車内が見違えるほど明るいカスタムチックな空間に生まれ変わった。
今後は時間があればドアパネルもホワイトラッカーで統一し、
空調の噴き出し口や細かい樹脂部品をパープルラッカーで塗ろう。
さらにダッシュボード上は反射防止にパープルモケットを敷き、
シートカバーもパープルモケットやホワイトレザーのツートンにでも…

と、妄想を膨らますのは良いが、肝心の予算はそんなにない。
財布と相談しながら出来る範囲でやっていくとしよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは~

あづさんってさ~
農業もそうだけど、
違う仕事ならもっと名を馳せてるのでは?
ex.デコチャリとか。

職業の選択もそうだけど、
置かれてる環境で人生どう転ぶか
わからないですよね。

脱帽。
2008/08/27(水) 06:04 | URL | のぴ #-[ 編集]
自分は何かを深く追求する性格ではないので、
多分一生地味に仕事をするでしょう…

農業始めてみて分かったんですが、
一口に農業と言っても植物相手ではないですからね。
機械や建築、土木まで幅広く対応出来ないとこなせません。
機械整備ではオイル交換から板金・塗装、
建築はほぞ穴開けたり溶接もしたり、
広く浅く知識がないといけませんからね~
なので自分に一番向いた仕事と言えそうです。
2008/08/27(水) 22:31 | URL | あづみのまる #jlvJE8rM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する