安曇野発ケチケチファーマーズブログ
納屋 改築前
©az-tic life

かつて堆肥舎として使われていた納屋の2階は、
今にも抜けそうな床とアクセスの悪い梯子により、
古い藁が転がるだけのデッドスペースとなってる。
そこで、この2階を資材置き場として活用すべく、
思い切って床の張替えを行うことにした。

床板撤去後
©az-tic life

まずは古い藁を除去するところから始めるのだが、
早速厄介な問題にぶち当たってしまった…
その問題とはネズミの糞。量もサイズも半端ない。
念のためマスクと手袋で防御し、扇風機で換気、
やっとの思いで古い床へと辿り着くことが出来た。

古い床は梁に太い角材と薄い板が乗っているだけだ。
足を踏み外さぬよう慎重に撤去作業を進める。
梁だけの状態になると足場板を何枚か渡し、
ワイヤブラシで錆を丁寧に削り落とす。

梁塗装 根太設置
©az-tic life

錆が落とされた梁は錆止め塗料を吹き付ける。
落下防止のブルーシートを張った関係から、
今回は上面と側面、あとは手の届く部分のみ塗る。
使った錆止め塗料は安物のエポキシ塗料だ。

塗り終わったら根太を等間隔に渡していく。
納屋に転がっていた25×55mmの角材と、
綺麗な板から切り出した40×55mmの角材が中心だ。
間隔900mmの梁に対して直角に設置するため、
この細さでも問題ない。補強は後からでも可能だ。

納屋 改築後
©az-tic life

最後に別の納屋から剥ぎ取った床板を張って終了。
文章では簡単に書いているが、実際は床板の歪みが酷く、
修正するのに相当な時間が掛かってしまった…
また、トラス構造の梁の一部も歪みがあったため、
豆ジャッキで修正し、天井からの補強材を追加した。

今回の材料費は錆止め塗料とコーススレッド、
ボルトナットが少々で4千円程度に収まった。
角材と構造用合板を買ったら2万円は軽く超えるため、
かなりケチケチなリノベーションとなったわけだ。
今後は梯子を階段に置き換える工事をしよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する