安曇野発ケチケチファーマーズブログ
風車マーカー
©az-tic life

小型の水車!?



風車マーカー 装着
©az-tic life

田植機に装着。

そして

外周線引き
©az-ticlife

田んぼに線引き。

すると…

田植え後
©az-tic life

真っ直ぐ植わる♪

見たまんま、塩ビ管で自作した風車マーカーだ。
メーカー製のものを買えば数千円掛かるところ、
これはたったの数百円程度で作ることが出来た。

単に線を引くだけの純正マーカーとは違い、
3cm程度の水深でも印が水面上に現れるため、
今までよりも深水で田植えすることが可能だ。
画像では水に沈んで見えていなさそうな場所も、
実際にはうっすらと水面下に印が見える。

適当に作った割には満足の出来だ。
次は『すこやかロータ』にでも挑戦してみるか…

※詳しい製作方法はコメントに載せてあります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
風車マーカーの作り方を教えてください。土を出してしまうとすぐに堅くなって、苗が転んでしまいます。ひたひた水にすると、棒様では線がみえません。
2009/05/29(金) 23:53 | URL | shimizu isao #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
作り方ですが、直径200mm前後の塩ビ管を幅30mmの輪切りにし、
直径50~60mmの塩ビ管を半分に切ったものを6個リベット留めします。
スポークは直径30mmの塩ビ管に木の丸棒を挿し込み、
輪切りの塩ビ管の内側にコーススレッド(長い木ねじ)で固定します。
直径200mm前後の塩ビ管は価格が高いので端材を貰ってくるか、
その直径に近い塩ビ管を接続するためのジョイントが使えます。
取り付けは純正の線引きマーカーを取り外し、
マーカーのストッパー等があれば折り曲げるか切り取り、
そこに風車マーカーを純正の留め金具(Eリング又はRピン)で留めます。
土をポコポコとうまく盛り上げるようにするには、
純正の棒を手で曲げながら調整する必要があります。
田植機の破損も考えられますので、自己責任でお願いします。
自信がない場合は農機具屋への相談をお勧めします。
2009/05/30(土) 20:52 | URL | あづみのまる #jlvJE8rM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する