安曇野発ケチケチファーマーズブログ
安物工具の定番、HOME TOOLの充電ドリルドライバーだ。
何もないよりはマシと騙されたつもりで買ったものの、
本当に使い物にならないくらいバッテリーの容量が少なく、
作業を中断して充電することが多々ある。

直付け部品
©az-tic life

そこで今回は、充電器のACアダプターを本体に直付けし、
無理矢理ACドリルドライバー化することにした。
材料は角材、厚さ0.1mmのステンレス板、直径1.5mmの針金、木ねじ。
まずは角材にACアダプターのプラグよりも少し大き目の穴を開け、
それと同軸となるように針金が通る貫通穴を開ける。
次にステンレス板の片方を凸の字のように切り出し、
角材の大きい穴の中へ折り込むようにして木ねじで留める。
ステンレス板の反対側は角材の側面に木ねじで留め、
軽くへの字に折って膨らみを持たせる。
最後に針金を貫通穴へ挿し込み、ステンレス板と同様、
角材の側面にへの字に折って適当に固定する。

直付けジョイント
©az-tic life

早速完成したジョイントを充電ドリルドライバーに挿し込み、
ACアダプターを繋げてトリガーを引いてみた。

ブー



振動するだけで全然回転しない。
それもそのはず、純正のACアダプターは9V 500mA。
バッテリーとは比べ物にならないくらい電流が少な過ぎるのだ。
しかし、ここまで作っておいて諦めるのは勿体無いため、
家にある使えそうなACアダプターを片っ端から試すことにした。

直付けアダプター
©az-tic life

その結果、小型ブラウン管テレビのACアダプターで回ることが判明。
出力は13.5V 2Aと電圧、電流共に他のACアダプターよりも強い。
それでもバッテリーを使った時の回転数には及ばないため、
ねじ締めに使うとしたら仮締め程度にしか使えなさそうだ。
となると次はモーターをAC100V用に載せ換え…

※最初からACドリルドライバーを買いましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する