安曇野発ケチケチファーマーズブログ
オーガ排出
©az-tic life

今年の稲刈りは好天に恵まれ、かなり順調に終わった。

収量は去年を100とすれば今年は95くらいだろうか。
田んぼが1枚モグラによって底抜けになったのが原因だが、
心配されていたホタルイの害は後半にすっかり解消し、
日陰以外は殆ど倒れない刈りやすい稲へと育ってくれた。
コンバインは去年メンテナンスを行っていたため、
3条刈りで低速3速、2条刈りで高速3速も受け付けてくれた。
田んぼの高低差も前回のムラ直しで解消されたため、
いつもぬかるんだままの場所も走りやすかった。

ハイゼット・多目的ダンプ
©az-tic life

新しいハイゼット・多目的ダンプは快適そのものだ。
去年まで使っていたハイゼットローダンプは、
グレンタンク4杯分の籾でギシギシ鳴っていたが、
ハイゼット・多目的ダンプはビクともしないから凄い。
しかし、タイヤは昔ながらの145R12 6PRのため、
4気圧でもパンク寸前の潰れ具合を見せ付けてくる。
車体が頑丈な作りならタイヤは8PRにしてほしいものだ。
肝心の操作感はパワステ装備で恐ろしいほど軽く、
クラッチやサイドブレーキもスコンスコン動かせる。
エアコン装備というのも農作業には贅沢過ぎだ。

シマシマ
©az-tic life

刈り終わった田んぼには緑とベージュの縞模様が現れる。
3条刈りにすると排藁が山盛りになって分かりにくいのだが、
2条刈りでは切り株を境にするように色が分かれるため、
何かの工芸品を思わせるような美しい刈り跡となるのだ。
これが出来るのも真っ直ぐな田植えと真っ直ぐな刈り取り、
それに肥料や水の管理があってこそと言えよう。

日本の原風景とも言える稲作文化を守る…
そんな仕事に、これからも誇りを持ち続けよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する