安曇野発ケチケチファーマーズブログ
先日購入した折り畳みハローが油圧開閉であることや、
将来的に様々な作業機や作業体系を試してみたいこともあり、
新しいトラクターにサブコントロールバルブを後付けすることにした♪
早速ヤンマーで具体的な見積もりを出してもらったところ、
工賃や運賃を含めた総額は何と19万円も掛かることが判明orz
しかし部品代だけなら128,400円に抑えられることから、
無謀ながら部品だけ購入して自力で取り付けてみることに…

SCV2連キット
©az-tic life

こちらが『US401~601』用サブコントロールバルブ2連キット♪
画像ではバルブ周りとレバー周りを組み立てた状態だが、
バルブ以外ほぼバラバラの状態で梱包されてくる。
部品点数は100を超えているが組付要領書は中途半端(´・ω・`)
ノギスでサイズを測りながらどの部品がどこに必要か、
知識と経験をフルに生かして難解なパズルを解いていく…

後輪取り外し
©az-tic life

キットの後付けは右後輪やシート等を取り外す必要がある。
後輪の重量は大きさからして100kg以上はあるため、
あまり高くジャッキアップすると取り付けに苦労する可能性が…
そこで地面から離れるギリギリの位置までジャッキアップし、
ボルトを外した後はそのまま転がして移動出来るように工夫した♪

シート取り外し
©az-tic life

シートはパネルごと持ち上げるつもりが重くて持ち上がらず、
仕方なくシート、シートレール、パネルの3つに分解して取り外し(;´Д`A
要領書ではフェンダー内の点検カバー、燃料タンクカバー、
キットを割り込ませるため既存の油圧パイプも1本取り外すのだが、
他にもコネクター1箇所、高圧パイプ片側、戻りパイプ片側、
UFO(水平装置)ホース片側も外さなければ作業スペースが確保出来ず、
なんだかんだで予想以上の範囲にまで手を付ける結果にw

バルブ取り付け
©az-tic life

キットに付属するパイプ7本、バルブ周り、レバー周りを取り付け、
フリーの状態でレバーがN位置に来るよう何度もアジャスターを調整…
高圧パイプ片側を戻す際に古い銅パッキンは使えないため、
余分に梱包されていた新品の銅パッキンを適当に使ったのだが、
もしかすると高圧パイプ片側は最初から外せという意味なのだろうか?

カプラ取り付け
©az-tic life

油圧取り出し口はツータッチカプラが左右に分かれて並んでいるが、
パイプとカプラを接続する前にダストカバーを通すことを忘れてしまったw
まあダストカバーの紐は電工スリーブでカシめて輪にしてあるため、
スリーブを破壊してから再び新品のスリーブでカシめれば良いだけだが…
ちなみにキットの配管は基本的にシールテープを巻く必要がなく、
接続方法として管継手ボルト+銅パッキン、フレア加工+オスシート、
Oリング+平行ネジ、シール材付テーパーネジの4種類が使われている(*´∀`)

レバー取り付け
©az-tic life

取り付け後は万が一のオイル漏れに備えてゴーグルを装着し、
エンジンを掛けてレバーを前後に動かしてオイル漏れがないことを確認!
これだけでは油圧取り出し口付近に少量のエアが残ることになるが、
後で作業機を接続して数回動かせばエア抜きは可能なはず…
最後に右後輪やシート等の取り外したものを元に戻しジャッキダウン♪
これでサブコントロールバルブの後付けは無事終了ヽ(´ー`)ノ

春はすぐそこまで来ているが次はハローのメンテナンスだorz

ヤンマー株式会社
スポンサーサイト
昨年から中古で3.8m前後の折り畳みハローを探ししていたのだが、
中規模農家が使い倒すサイズなだけになかなか見つからず、
近場で見つからなければ県外の物件に問い合わせようと思っていた…
そんな時に暫く行っていなかった農機具屋へ何となく立ち寄ると、
中古農機のネット通販最大手のPDNSの加盟店だということを初めて知り、
しかも関西方面から農機具を運んでくる予定もあるとのことで、
PDNSで見つけた滋賀県の物件を混載で運んで頂けることに(≧∇≦)

コバシ TXM385
©az-tic life

そして数日後には送料無料で滋賀県からハローが到着!
ロータリーに続きまたもやコバシの『サイバーハロー TXM385』♪
肝心の価格は520,000円で最低限のメンテナンス済み…
パッと見ボコボコで爪は1回目の交換時期に差し掛かろうとしているが、
上部クラッチとフレーム構造のおかげで爪以外の摩耗は少なく、
ヨレヨレで関節がヘタっているニプロ『WAS2700B』とは大違い┐(´д`)┌

平成21年製
©az-tic life

最も重視したポイントは爪軸のオイルシールとクラッチの耐久性だ♪
ニプロのセンタードライブはオイルシールが8~12箇所と多く、
下部クラッチは駆動爪など無理のある構造のため候補から排除!
サイドドライブも下部クラッチはオイルシールが10箇所あり、
グリスの注入口がなければメンテナンス性に劣るため、
最終的に上部クラッチでオイルシールが6箇所のモデルに絞られた…
チェーンケースが3箇所となるとリスクが大きいように思えるが、
完全に壊れてから修理する機械に無頓着な農家と違い、
定期的にメンテナンスするウチの使用環境なら問題ないと判断(`・ω・´)

サビサビ
©az-tic life

農機具屋から聞いた話ではスプリングレーキのサイズも重要で、
古いモデルはあってないような小さなスプリングレーキだったのに対し、
比較的新しいモデルは大型のスプリングレーキが装着され、
高速作業でも残渣の埋め込み性能が格段に良くなったとのこと♪
また折り畳みは電動より油圧の方が動きが速く耐久性もあるとのことで、
全ての条件を満たす物件を見つけられて良かったなと実感…
もちろんトラクターに外部油圧を後付けしなければならないがorz

小橋工業株式会社
中古農機のことならPDNS