安曇野発ケチケチファーマーズブログ
ヤンマー エコトラ US601(*´∀`)
©az-tic life





キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!





遂に自前のトラクターを購入してしまった…
その記念すべき機種はヤンマー『エコトラ US601』♪
もちろん自己資金で基本は一括払い(^_^;)

ロータリーはコバシKJF202♪
©az-tic life

全ての始まりは昨年の夏頃だっただろうか?
中古車専門サイトで何となく『ヤンマー』で検索すると、
使用時間が異様に少ないトラクターが山形県にあるのを発見…
最初は震災の影響で出てきた物件だと思ったが、
問い合わせてみると出所はハッキリしていそうな感じ♪
しかし遠方ということもあり見に行くズクがなく、
ヤンマーからリース落ちが出るとの情報もあったため、
暫くの間様子を見ることにしたのだ(´・ω・`)

その後リース落ちは使用継続が決まったようだが、
認定農業者の計画でトラクターの大型化も視野に入れたことや、
ウチに対する地域の期待が予想以上に大きいこともあり、
もし良さそうな物件なら買うつもりで山形県まで見に行くことにした…

内装は新車そのもの(゚Д゚;)
©az-tic life

実際に見た印象はサビサビ!ヒビヒビ!汚いorz
もう帰ろうかと思った時に前の所有者の方がお店に来られ、
これまでの使用状況を詳しく教えて頂けた♪
建設会社も経営されているその方はとても優しい方で、
娘さん(?)もご一緒にお茶を飲みながら農業について語った(*´∀`)
そして契約から3日後の朝には庭先にどどーんと鎮座…

肝心の価格は3,450,000円と過去最大の投資(((゜Д゜;)))
これでも交換が必要であろう部品の分だけ値引きして頂いた…
輸送手段はレンタカーや大手の陸送サービスなど色々探してみたが、
なんだかんだでお店に手配して頂いた陸送業者さんにお任せし、
4tトラックでスピーディーかつ安全に運んで頂いた♪

早速市役所でナンバープレートを交付♪
©az-tic life

サクランボの街から安曇野へとやって来たヤンマー『エコトラUS601』…
見た目はかなりくたびれているが中身は新車と変わらないため、
今後はFタイヤ、オイル、オイルフィルターの交換を行い、
錆びたり色褪せた部分を塗装して限りなく新車に近付けるとしよう!
ちなみに『AF-30』は畦塗りや肥料散布などの繊細な作業、
『US601』は将来的に白い農機や3.8m前後の『ウィングハロー』を装着するなど、
それぞれの車格の長所を活かした使い分けをする予定だ(・∀・)

ヤンマー株式会社
スポンサーサイト
米沢南陽道路
©az-tic life

2日目は朝の通勤ラッシュに揉まれながら福島県へ向けて出発…
時間短縮のため南陽高畠ICから米沢南陽道路を飛ばす!
米沢北ICで降りたら国道121号を喜多方方面へ向かうのだが、
どこかで案内標識を見落としたのか全然違う方向に来てしまったw

世界最軽量ナビw
©az-tic life

ここで初めてちゃんとしたナビを活用し、
最短距離で国道121号へ戻ることに┐(´д`)┌
その途中で通り掛かった小野川温泉はひっそりとした温泉街で、
小野小町に由来するといわれる美人湯とのこと♪
確かに一人旅っぽい若い女性の姿が…

道の駅田沢なごみの郷
©az-tic life

そう言えば山形県でお土産を買っていなかったことを思い出し、
道の駅『田沢なごみの郷』で何か買って行くことに…
こぢんまりとした店内には所狭しと色々なものが売られているが、
『山形つや姫入りベイクドクッキー』に目が釘付け♪

大峠道路
©az-tic life

国道121号は険しい山岳地帯を何本ものトンネルと橋で一気に貫く(゚Д゚;)
いつまで経っても改良が進まない長野県とは大違い…
そんな快適な道路もあってか喜多方市に着いたのは10時半!?
まだお腹が空いていなかったため喜多方ラーメンは食べずに通り過ぎるorz

会津盆地より東を望む
©az-tic life

会津盆地は原発事故の影響もなく平穏そのもの…
しかし東北全体で受けた風評被害は計り知れない(´・ω・`)
この日はあいにくの曇り空だったが、
晴れた日には磐梯山の頂が見えるのだろうか?

米山SAより日本海を望む
©az-tic life

喜多方ラーメンは食べずじまいだったが、
磐越道に乗る前に道の駅『にしあいづ』に立ち寄り、
良く売れているという『ふぶき亭喜多方ラーメン』を購入♪
福島県から新潟県へ抜けると天気がガラリと変わり、
雨や雪が降ったり止んだりで速度が上がらず、
日が暮れ掛けた頃にようやく安曇野IC到着(o_ _)o

山形つや姫入りベイクドクッキー&ふぶき亭喜多方ラーメン
©az-tic life

今回のお土産は『山形つや姫入りベイクドクッキー』、
『ふぶき亭喜多方ラーメン』、そしてサクランボカラーのブツw
まあ何事も自分の目で直接確かめることが大切…
そんなことを教えてくれる長距離ドライブだった(;´Д`A
インプワゴン以来の…
©az-tic life


COMING SOON (`・ω・´)

  
とある用事で山形県に行くことになったのだが、
ついでに福島県は会津地方にも行ってみることにした♪

姨捨の夜明け
©az-tic life

まずは新潟方面へ向けて出発!
姨捨SAからの朝焼けが美しい(*´∀`)
この時は観光も兼ねて行くつもりだったが、
新潟県に入ってからは走っても走っても新潟県で、
新潟県が驚くほど長~いことを実感…

荒川と深い山々
©az-tic life

荒川胎内ICで降りて国道113号をひたすら進む…
山奥の道なだけに過酷なドライブになるかと思いきや、
雪国ということもあり道幅が広く走りやすい♪

道の駅関川
©az-tic life

道の駅でこまめに休憩ヽ(´ー`)ノ
気付いた時には既に山形県に入っていたw
そして国道113号から国道13号に入り、
サクランボ生産量日本一のとある街に到着♪

サンキュー♪
©az-tic life

さすがはサクランボで有名なだけあり、
農機のナンバープレートもサクランボの絵柄!
ちなみに安曇野市は市長との癒着が噂される菱型のry

ヤマザワ村山店
©az-tic life

用事が済むと近くのスーパーで弁当を購入し、
来る途中で下見していた道の駅『天童温泉』で車中泊…
しかし駐車場の照明が意外と眩しく、
さらに雨が降ったりであまり寝られず終了(o_ _)o
当ブログを開設してから10年が経過したヽ(´ー`)ノ
最近は過敏性腸症候群や副鼻腔炎に悩まされる日が続き、
さらに忙しさもあってか更新頻度が低下しているが、
文章能力もないのに良く10年も続いたなとつくづく思う…

そんな当ブログは開設した頃に親戚のリンゴ園の存在を知り、
5年が経過した頃に自前のコンバインを購入するなど、
キリの良い節目に何か大きな変化があった♪

そして10周年記念は何をしようか…
トラクター?キャンター?乾燥機?それともまさか!?
まあ順番からすれば規模拡大に弾みを付けるための看板が必要で、
農協のライスセンターに近いというメリットを考慮すれば、
必要なものは自然と見えてくるはずだ(・∀・)

もちろん常に心掛けなければならないことが…
農業もプライベートも、まずは砕けるつもりで当たらないとねw
昨年の稲刈りシーズン中に右側のアイドラを交換したコンバイン…
全てのトラックローラーに微妙なガタがあることや、
使用時間が折返し地点となる500時間に迫ったこともあり、
忙しくなる前に足回りのオーバーホールを行うことにした(;´Д`A

まずはクローラーを取り外す!
外すにはいくつかのポイントを押さえれば簡単♪

クローラー取り外し
©az-tic life

まずはクローラーの張りを調節した時と同じ手順で、
車体を水平装置で持ち上げてジャッキポイントにウマを噛ませ、
次に車体を下げる操作を行うことで足回りを浮かす。
調節ナットを外してアイドラを完全に引っ込ませ、
キャリアローラーに掛かっている芯金をバールで持ち上げながら、
アイドラから解放されたクローラー後部を手前に引き出す。
引き出したクローラー後部を進行方向に転がし、
スプロケットに掛かっている芯金をバールで持ち上げながら、
クローラー前部を手前に引き出せば取り外し終了。

焦りは怪我やクローラーを傷める原因になるため、
キャリアローラーに掛かっている芯金は一気にではなく片方ずつ、
クローラーを引き出すのも少しずつ行うことが大切だ…
外したクローラーは内側にバケツを入れて型崩れを防止w

ベアリング取り出し
©az-tic life

トラックローラーのナットは延長したレンチで一気に緩め、
軸の頭をハンマーで叩けば軸がシャーシから引き抜ける((((o゚▽゚)o
オイルシールはマイナスドライバー等でこじって外し、
スナップリングを外せば軸と共にベアリングが取り出せる…
ベアリングプーラーでベアリングを軸から引き抜き、
グリスニップルを外せばトラックローラーの分解は終了♪

ハウジング摩耗
©az-tic life

しかしここで予想もしていなかった事実が判明!
微妙なガタの原因はベアリングの摩耗とばかり考えていたのだが、
なんとトラックローラーのベアリングが収まる穴も摩耗し、
ベアリングの外側の輪と穴がカポカポしている(゚Д゚;)
これは製造段階から隙間がドライな状態だった可能性が高く、
その後発生した錆や腐食により微動摩耗が進んだためだと思われる…
全てのトラックローラーを調べるてみると前2軸は穴の摩耗が、
後2軸は芯金と触れる部分が薄くなっていたため、
仕方なくトラックローラーのローラーだけを8個追加注文orz

段ボール6箱分
©az-tic life

当初の部品代は7万円前後を予定していたのだが、
納品書を見ながら電卓を叩くと178,860円に達していた┐(´д`)┌
これでもイコライザーの部品をキャンセルしていたりする…
ヤンマーあづみ野支店でローラー(8個)、防塵カバー(8個)、スリーブ(8個)、
シール40×62×12(8個)、シール20×47×10(2個)、シャフト、
スプロケットは左側がまだまだ使えるため1個のみ、
ネット通販ではベアリング6206(16個)、ベアリング6204(2個)を購入…

再利用可能部品
©az-tic life

気を取り直して再利用可能な軸、カラー、スナップリング、
グリスニップル、キャップをパーツクリーナーで奇麗に洗浄(*´∀`)
もしトラックローラーをアッセン交換すれば1輪あたり28,500円も掛かるが、
これらの部品を再利用することで18,600円に抑えることが出来る♪
8輪合計で79,200円のコストダウンと考えればまだマシか…

ベアリング押し込み
©az-tic life

ベアリングが開放型のため組み立てはクリーンな室内で行う…
グリスを薄く塗りながらベアリングプーラーで軸やベアリングを押し込み、
スナップリング、シール、グリスニップルを取り付ければ完成♪
ちなみにスナップリングも微妙に摩耗しているのだが、
分解前の状態と逆向きにするだけでガタをなくすことが出来るw

ダイナマックスEP NO.2
©az-tic life

組み上がったトラックローラーとアイドラにグリスを満タン注入!
今回から奮発して『コスモグリースダイナマックスEP NO.2』をチョイスヽ(´ー`)ノ
これまで使っていた安物のモリブデングリースでも特に問題はなく、
低速ベアリングや金属同士が直接擦れる部分に重宝していたのだが、
見た目が灰色のため泥水の侵入や異常を見つけにくいという欠点があった…
それに対し『コスモグリースダイナマックスEP NO.2』は琥珀色だ♪
ただ手詰めは面倒なため次回からはカートリッジで購入するとしようorz

シャーシ塗装
©az-tic life

トラックローラーとアイドラを取り付ける前にシャーシを塗装♪
足回りのオーバーホールは2月上旬に始めたのだが、
塗装が出来る暖かい日を待っていたら3月上旬になってしまった…
と言うよりは手持ちの軸穴兼用スナップリングプライヤーと、
2つ爪プーラーのサイズが小さく全然使えないことから、
新たな工具のサイズやメーカーを選ぶのに迷っていたのだ(^_^;)

そして最難関のクローラー取り付け!
当初は左右と回転方向のローテーションをする予定だったのだが、
左右両方の内側に1cm程度の耳切れがあったことや、
比較的傷みやすいと言われる右側の状態が良かったことから、
今回は耳切れが外側になるよう回転方向のみローテーションすることに…

クローラー取り付け
©az-tic life

クローラー手前の耳部分にバケツを添えて全体の形を保持しながら、
芯金をスプロケットに掛けてクローラー後部の下側を引っ張り、
クローラー前部の下側を1番目のトラックローラーに近付けておく。
キャリアローラー手前の芯金をバールで持ち上げながら、
アイドラに芯金が掛かるまでクローラー後部を根気良く押し込む。
最後に調節ナットを締めてクローラーの張りを調節し、
エンジンを掛けてクローラーを接地させる前に低速で回転させ、
異常がなければ車体を水平装置で持ち上げてウマを外し、
腹下に何もないことを確認したら慎重に車体を下げて取り付け完了。

文章も長いがトータルの作業時間も長かった(o_ _)o
これで安心して使えるだけでなく今後のメンテナンスへの自信も付いた♪
出来るかどうか分らないこともやってみると出来てしまうものだ…
部品供給の問題もあるが目標1000時間目指すとしよう!

ヤンマー株式会社

今まで生きてきた中で一番ショックな出来事が…

自分でも良く分からないけど、

何か大切なものを失うような気がして、

必死に探しまわって、

一時は最悪の事態も覚悟したけど、

無事に帰ってきてくれた…

落ち着いた頃に会いに行くとしよう♪

その人のおかげで今の自分が存在するのです(>_<)