安曇野発ケチケチファーマーズブログ
数年前からPCのスピーカーを買い換えたいと思っていたのだが、
RolandにするかONKYOにするか迷ったまま決まらず、
結局その後もJUSTerなる謎のスピーカーを使い続けていた…
最近になってネットで当時候補に挙がっていたスピーカーを探していると、
Roland『MA-15D』の中古が10,000円で売られているのを見つけ、
新品で24,000円くらいだったこともあり迷わず購入(*´∀`)

Roland MA-15D
©az-tic life

電源ケーブル等の付属品は一切なかったものの状態はとても良く、
既にほぐれているため最初から良い音で楽しめそうだ♪
ただPCスピーカーは片方だけに電源が入っているものが多く、
重量や容積の違いで左右の音も若干違ってしまうorz
この『MA-15D』は右のバスレフポートの奥に金属製の箱があり、
厚みのある低音が出る左に対し右は薄っぺらい低音しか出なかったりw
低音は高音に比べるとどこで鳴っているのか分かりにくいが、
どうしても気になる人はワンランク上の『MA-20D』が良いだろう…

JUSTer SP-988A
©az-tic life

そしてJUSTerなる謎のスピーカーの音も素直で嫌いではないが、
あまり必要性のない3Dボタンを押すと耳が劈ける程のノイズが飛び出すw
内側にフェルトを貼り付けたことで音質は若干アップしたが、
いかにも昔のPC周辺機器といった雰囲気のライトグレーは黄ばみ、
全てのつまみにガリノイズが出ることからお役御免だ(´・ω・`)

ローランド
スポンサーサイト
インプワゴンのスタッドレスはバリ溝で状態は良さそうに見えるが、
製造から9年経過していることもありビクビクしながら使っていたりするorz

組み込み前
©az-tic life

そこで新品のスタッドレスを購入すると同時にインチアップも行うことに…
夏タイヤと同じく別々に注文して後日届いたのがこれらの商品↑
ヨコハマ『ice GUARD 5 iG50 205/50R16』(4本セット送料込75,660円)と、
スバル純正アルミホイール16×6.5JJ+55(送料込15,000円)。
スタッドレスはブリジストン『BLIZZAK VRX』が良いと聞くが、
値段が少々高いことやヨコハマの性能を軽トラで実証済みなことから、
今回はヨコハマの最高傑作である『ice GUARD 5』をチョイス。

早速馴染みの整備屋に組み込んでもらい(バルブ交換込5,270円)、
週末に雪の予報が出ていたことからさっさとタイヤ交換開始!

タイヤ交換後
©az-tic life


(゚∀゚)ナ~イス!


冬場はタイヤが巻き上げる泥水を頻繁に浴びるため、
洗いやすさを重視してシンプルな5本スポークを選んだのだが、
コレはコレでなかなかスタイリッシュに決まっている♪

どっしり!
©az-tic life

夏タイヤのホイールよりも表面が外側に出たデザインのため、
オフセットは+55でありながら+50に近い存在感を放っている(*´∀`)
肝心の走りは15インチのスタッドレスにはなかった剛性感により、
ドライやウェットでもそれほど不安を感じずに走ることが出来そうだ♪
ただ15インチよりもパターンノイズが直に伝わりやすいため、
人によってはプワーンという音が耳障りに感じるかもしれない…

リアカメラ&接続ケーブル
©az-tic life

タイヤ交換のついでに数ヶ月間放置していたリアカメラも装着することに。
カーナビと同じ三菱電機製の『BC-100』(送料込7,865円)で、
専用の接続ケーブル『LE-40BC』(送料込1,648円)も同時に購入。

取付ステー
©az-tic life

カメラのステーはアルミ板やステンレス板でも作ることは出来るのだが、
今回は壊れた電動背負噴霧器のバッテリーケースを切り出して作ってみた。
グラスファイバーの入った樹脂は強度と軽さを兼ね備えているため、
ナンバー灯のレンズを留めるネジに共締めしても負担は少ないはずだ…

取付後
©az-tic life

しっかり採寸したこともありナンバーの文字に被ることなく装着完了♪
配線はスペアタイヤパン底部のグロメットに穴を開けて車内へ引き込み、
リアシート下からセンターコンソール内部を通じてナビ等へ接続。
最後にナビの設定で『リアカメラを使用する』を選択すれば使えるようになる。

新品のスタッドレスとリアカメラで安全性が向上し、
この冬はどこへでも快適なドライブに行けそうだヽ(´ー`)ノ

スタッドレスタイヤならヨコハマタイヤ【アイスガードシリーズ】