安曇野発ケチケチファーマーズブログ
リンゴ園の娘さんと土岐プレミアム・アウトレットへ行くことに♪
アウトレットなる場所は一度も行ったことがないため、
お洒落なカップルで溢れているのではと心配したものの、
いざ着いてみると家族連れやラフな格好をした人も多く一安心…
この日のために気合を入れて服を買っておいたのだが、
 「今日の服どお?」
 「いいんじゃない?もう気にしなーい!」
などと突き放されウィンドウショッピングスタートw
お店のラインナップは服や生活雑貨の他、
new balanceやEDWIN、ColemanやNikonの専門店もあり、
なんだかんだで丸一日楽しむことが出来た(・∀・)

お土産
©az-tic life

しかし買ったものといえばシチズンの電波時計くらいw
居間で使っている謎のメーカーの電波時計は受信感度が悪く、
いちいち手で時刻を合わせるのが面倒だからだ…
ちなみにリンゴ園の娘さんはカワイイ腕時計を買っていた♪
もちろん何か買ってあげるつもりでいたのだが、
 「買ってもらったらお返ししなきゃいけないじゃん!」
 「お返しなら、どんなカタチでもいいよ」
 「どんなって何!?」
 「う~ん…」
などと結局は何も買ってあげることなく買い物は終了orz
締めにコールド・ストーン・クリーマリーで『クーリーズ』を食べ、
恵那峡SAで『栗かのこ』や飛騨牛カレー5種類など、
岐阜らしいお土産を買い何事もなく帰宅…
新しいナビとタイヤ・ホイールの調子も良いため、
この夏はインプワゴンでもっと遠くに行きたいものだヽ(´ー`)ノ

まあ何はともあれ誕生日おめでとう♪

土岐プレミアム・アウトレット | PREMIUM OUTLETS®
スポンサーサイト
レッドカレー
©az-tic life

昨年に続き今年も絶品カレーを頂いた(*´∀`)

今回は赤唐辛子の辛さがストレートに味わえるカレー♪
2週間ほど前に突発性難聴を発症してしまい、
このまま聞こえなくなってしまうのではという不安や、
治療薬の離脱症状による全身がふわふわする異様な感覚、
めまい、倦怠感、口の渇き、味覚異常に襲われ、
普通に食事を楽しむことすら出来ていなかっただけに、
スパイシーで食欲をそそるカレーは嬉しい限り…
「辛いのがお好きだからとびっきり辛くしておきましたよ!」
とのことだが難なくぺろりと平らげてしまったw
これで一年で一番忙しい時期を乗り越えられそうだ。

いつもながら絶品カレーありがとうございますm(_ _)m

お店の詳細は食べログで♪
内服薬
©az-tic life

一昨日の朝から左耳が詰まるような感覚に襲われ、
耳の穴を指で塞いでいるような「ボー」という耳鳴りが続いているのだが、
単に耳垢が溜まっているか中耳炎が原因だろうと考えていた。
しかしテレビを観ながら何となく片方ずつ塞いでみると衝撃的事実が…
なんと右の耳が比較的正常に聞こえるのに対し、
左の耳はシャカシャカした音にしか聞こえないのだ(((;゜Д゜)))

これはマズいと思い荒くれの合間を縫って行きつけの耳鼻科へ直行!
最初に普通のヘッドホンで片方ずつ様々な周波数の音を聞き、
聞こえたところでスイッチを押すだけの簡単な検査を実施。
次に片方は雑音を聞きながらもう片方は骨伝導スピーカーを装着し、
同じく様々な周波数の音を聞いてスイッチを押す検査を行った。

結果は両方の耳で低音が聞き取りにくい状態になっていて、
右よりも左の方がより一層深刻な状態に陥っていることが判明orz
気になる病名は低音型(?)突発性難聴とのことだが、
果たして内服薬だけで治るものなのか心配で眠れそうにない…
しかしストレスも原因のひとつと言われているため、
夜はゆっくり休んで規則正しい生活を送ることが大切だ。

と言うことで欲しいものは買える時に買い、
むずむず脚症候群と歯の悪いところを早めに治療しよう┐(´д`)┌
まだ書いていない記事は気が向いた時に書こうかと…
アクリルビーズ
©az-tic life

数年前に作ったシャンデリアのビーズはアクリル製のため、
走行中の揺れでビーズ同士が擦れ合い傷だらけにorz
そこでビーズシャンデリアから切子風の照明に交換することに…

切子風照明
©az-tic life

切子風の照明は1年ほど前に中古カー用品店で発見し、
記憶が正しければ1,000円で入手したものだ。
今回は冷たい光を放つ蛍光灯を取り外し、
電球に置き換えるためBA9S型ソケットを3つ購入した。

ユニット取り外し
©az-tic life

まずは蛍光管や点灯ユニットを容赦なく取り外す。
シンプルな見た目で発熱量は電球よりも少なそうだが、
はやり切子風のカバーの良さを引き出すなら電球が一番だ。

ソケット取り付け
©az-tic life

次にベースの内面と外周に鏡面のカッティングシートを貼り付け、
ソケットをリベット留めして配線を裏でひとまとめに接続。
さらにカバーのガタを防ぐためスポンジテープを3箇所に貼り付けた。

点灯!
©az-tic life

最後に天井に取り付けてカバーを被せれば終了♪
早速スイッチを入れると電球の光がキラキラと輝き出した(*´ Д`*)
実を言うとソケットの位置は適当に決めたわけではなく、
仮留めと調整を繰り返しながら一番輝く位置を探し出したのだ…

カスタムチック♪
©az-tic life

ビーズシャンデリアから切子風の照明になり、
内装がより一層カスタム系のシンプルな雰囲気に近付いた♪
しかし外装がシンプルなままでは意味がないorz
3年前に購入した畦塗機の爪が磨耗し、
土が盛れなくなってきたため爪を交換することにした。

ニプロ純正爪
©az-tic life

畦塗機の爪はネット通販では手に入らないかと思いきや、
なんと普通に純正爪が安く売られているのを発見!
後日届いたのが『ニプロあぜぬり機UZシリーズ用純正爪』♪
上田市で製造されたものが愛知県の業者に出荷され、
再び長野県に戻ってくるという途方もない長旅w

爪交換前
©az-tic life

早速古い爪を取り外すことにしたのだが、
磨耗が進んでいるものと進んでいないものが混在している。
やはり畦塗機の爪もローテーションが必要だ。

新旧爪
©az-tic life

一番奥の『T209L』は原型が分からない程の磨耗(((;゜Д゜)))
耕うん部カバーの内側に付着した土に側面を擦られ、
薄くなったところに石が当たり折れたのだろうか?
これだけは他と形状が違うためローテーションは不可能…
様子を見ながら農機具屋に無理言って単体で注文するしかない。
まあこの爪は購入当初からこのような形状になっていて、
『H211L』のホルダにはなぜか新品の『T208L』が入っていたのだ。

爪交換後
©az-tic life

新しい爪に交換し終えたら付け間違いがないか確認。
ロータリーや畦塗機の爪を交換する時は一気に取り外さず、
一本ずつ交換することで右左や前後の間違いを防ぐことが出来る。

畦塗り
©az-tic life

早速畦を塗ってみると土をしっかり盛ることが出来るようになり、
耕うん部を浅くしても締りの良い畦を塗れるようになった♪
やはり爪の方がディスクに比べると断然安いため、
ガシガシ押し固めようとスペーサーを入れてディスクに負担を掛けるより、
爪をこまめに交換する方が畦塗機の寿命も延びそうだ。

松山株式会社