安曇野発ケチケチファーマーズブログ
国道19号より京ヶ倉を望む
©az-tic life

常念登山へ向けて生坂村の京ヶ倉・大城で足慣らしをすることにした。
京ヶ倉・大城は標高990~980mと決して高くはないが、
登り応えのある登山道は本格的な登山の練習にピッタリだ。

京ヶ倉登山口
©az-tic life

京ヶ倉の登山口はクルマが数台止められる駐車場がある。
砕石が敷き詰められた駐車場の奥には真新しい案内板が立てられ、
近くには仮設トイレも設置されていて京ヶ倉・大城の注目度の高さが窺える。

京ヶ倉・大城登山道図
©az-tic life

登山を趣味としている同級生は午後から用事があるらしく、
今回は歩き方や装備をチェックしながら京ヶ倉まで行って帰ることにした。
大城や眠峠までの縦走は機会があれば挑戦してみるとしよう。

丸太梯子
©az-tic life

京ヶ倉・大城の登山道は標高の割に険しい場所が多く、
丸太梯子やトラロープを頼りに慎重に登る。
道幅は狭いところで30cm程しかなく緊張の連続だ。

分岐点
©az-tic life

稜線に出ると巻き道と馬の背の分岐点が現れるが、
京ヶ倉・大城の見所であり展望も期待出来る馬の背を進む。
上りと下りで別々のルートを行くのも良いだろう。

稜線より東を望む
©az-tic life

視界が開けると東側に複雑な形状の山が見える。
その山の南に続く岩殿山は崖がえぐられて出来た洞窟があり、
機会があればそちらも登ってみたいものだ。

馬の背 上り
©az-tic life

馬の背は見ての通り幅1~2mの細い岩の稜線だ。
両側は小さな松の木がポツポツ生えた岩肌が谷底まで続き、
足を踏み外せばどこまでも転げ落ちてしまいそうだ。

稜線より西を望む
©az-tic life

稜線から西側を見ると何とも素晴らしい景色が広がっていた。
眼下に広がる木々の緑と大きく蛇行する犀川の流れ、
その向こうには北アルプスの峰々が連なっている。

しばし休憩
©az-tic life


おお~!


断崖絶壁
©az-tic life

思わず景色に見とれてしまうが油断は禁物。
もろい足元の先には垂直に近い崖が待ち構えている。
京ヶ倉・大城の崖は山岳救助の訓練にも使われているようだ。

京ヶ倉頂上 990m
©az-tic life


頂上到着♪


ティータイム
©az-tic life

今回は時間の都合により京ヶ倉で引き返すが、
代わりに京ヶ倉の頂上で温かいお茶を飲んで行くことにした。
コンビニで買った惣菜パンを食べながら紅茶を入れる。

京ヶ倉頂上より南西を望む
©az-tic life

お茶を飲んでいる間にも他の登山客がやってきて、
一緒に北アルプスを眺めながら登山の話題で盛り上がった。
すれ違った登山客は中高年のグループや若いカップルと様々だ。

京ヶ倉頂上より北西を望む
©az-tic life

それにしても穏やかな天気で最高の登山日和だ。
双眼鏡を覗けば燕山荘もクッキリ見えるほど空気が澄み渡り、
北アルプスからの眺めも素晴らしいに違いない。

馬の背 下り
©az-tic life

お茶を飲み終わると即撤収して来た道を引き返す。
馬の背だけでなく丸太梯子やトラロープの場所もさっさと下り、
短い時間ながらも京ヶ倉・大城での足慣らしは終了。

常念登山の日もスッキリ晴れてくれることを期待しよう(・∀・)

生坂村 京ヶ倉・大城トレッキングのご案内
スポンサーサイト
 
※画像はありませんw


稲刈り5日目は台風でベッタリ倒れた田んぼ…
水口周辺を除いて7~8割ほど倒れてしまっているため、
なるべく向かい刈りをせずに刈り取れるよう、
2周ほど刈り取ったあと追い刈りでスペースを開け、
その後は中割り刈りで刈り進めた(;´Д`A
そして様々な苦労が絶えなかった今年の稲刈りが終了♪
気になるPDNSの部品の耐久性はと言うと、
引起しチェーンや掻込みベルトの品質は純正に劣らず、
処理胴切刃の切れ味はまあまあと言ったところ…
ただ高速刈りでは処理胴からゴトゴトと音がしたことから、
来年はPDNSの『ブルーカッター』なる切刃を試すとしよう(´・ω・`)

何はともあれ今年も無事に刈り終えてくれて感謝♪

ヤンマー株式会社
稲刈り4日目は借りている田んぼの続き…
チマチマ刈っていると近くの田んぼで何やら動きが!?

AGシリーズ(*´∀`)
©az-tic life


Σ(゚Д゚)ぬおっ!


あの赤いルーフは『AG6114』か『AG6100』のどちらかだろう。
気付けば大規模農家はAGシリーズを導入する時代…
もはやGCシリーズは過去のものとなりつつある。

メッチャ快晴♪
©az-tic life

このまま台風でベッタリ倒れた田んぼも刈ろうと思ったのだが、
雑草の種を広げないためにも足回りを洗う必要があり、
田んぼの入り口までコンバインを運んで終了。
日が暮れるまで動噴で丁寧に洗って次の日に備えた…

ヤンマー株式会社
稲刈り3日目は借りている田んぼから刈ることにした…
前日の台風による大雨でどうなるかと思いきや、
意外にも地面はカラッとしていて問題はなさそうだ♪

トレーラー大活躍!
©az-tic life

トレーラーにコンバインと自転車を積み込み出発!
田んぼの近くまで行くとコンバインを降ろし、
自転車でハイゼット多目的ダンプを取りに戻るのだが、
荷台に差し枠があると自転車を積み込むのが難しいため、
今後は折りたたみ自転車が欲しいところだ(´・ω・`)
農作業も用途に合わせた自転車が必要で、
一人で複数の車両を回送するための折りたたみ自転車と、
積載能力に優れた実用車の組み合わせがベストだろう。

6時ギリ…
©az-tic life

借りている田んぼの稲は全て直立で刈りやすいが、
ライスセンターから遠く道路工事に引っ掛かったこともあり、
いつの間にやら陽が山の向こう側に沈んでいた(゚∀゚)

ヤンマー株式会社
今年もHakuba47で『安曇野急行 秋の信州トラック祭』が行われた。

しかし『ポムコツ安曇野丸』は現在も不調のため、
たまにはギャラリーとして参加するのも良いだろうと思い、
インプワゴンで会場へ向かうことにした。

Vキャン
©az-tic life

いつもなら『安曇野丸』が指紋だらけになったり、
倒されたりしないか心配でなかなか落ち着かないのだが、
今回は気楽に会場内をウロウロすることが出来た。

ミニキャブ
©az-tic life

ただ注目を浴びるものがないのは意外と寂しく、
知り合いの方から「今日はデコチャリないんですか?」、
「軽トラどうしたんですか?」などと残念がる声も聞かれた。

キャリィ
©az-tic life

午後には雨が降り出してインプワゴンの中に退避。
何も注目を浴びない乗用車は居心地が良く、
写真の枚数があまり増えないまま家路に着いた。

なんだかグダグダに終わってしまった今回のイベント…
『ポムコツ安曇野丸』が本当にポムコツになってしまった今、
来年のイベントも行けるかどうか不明だ(´・ω・`)

※画像はありませんw


稲刈り2日目は民家の庭先を通って行く田んぼ。
この田んぼだけはトレーラーごと入って行くのが難しいため、
少し手前でコンバインを降ろして自走して行くことに…
その間トレーラーは道端でお留守番(´・ω・`)
気付かずに走ってきたクルマがジャンプしないか心配だw
稲の状態はほぼ直立でまあまあだったが、
枝垂桜の下と枕地は完全倒伏で超低速で刈り取りorz
この日は土曜日ということもあってかライスセンターは混雑し、
ダンプが戻る前にグレンタンクが一杯になることも…
こんな時に限って台風が向かって来てしまい、
続きは連休明けに持ち越されることとなった(o_ _)o

ヤンマー株式会社
今年から本家も転作田に加工用米を作っているのだが、
生育の関係で稲刈りが重なってしまったorz
ハイゼット多目的ダンプは借りられず、
急遽レンタカーを手配することにしたのだが、
 「深アオリダンプはありますか?」
 「ありますよー」
との返答で即予約して次の日届いたのがまさかの…

突貫製作!
©az-tic life


普通のダンプw


これではロクに積めないため大急ぎでコンパネを購入し、
適当な2×4材を補強にして突貫で差し枠を製作!
これだけで2時間ロスしてしまった(o_ _)o

微妙に青い気が…
©az-tic life

後手後手のまま稲刈りを開始するとミスの連発!
サイドデバイダーの出し忘れによる縦搬送チェーンの詰まり、
詰まり除去後のこぎ室ロックし忘れによるオープン、
何より田んぼへ来るまでの間トレーラーのサイドブレーキ掛けっぱw
あれ~?あれ~?と思いながら次の田んぼに向けて積載…
ミスを反省して指差し確認で今度は無事に到着♪

そして稲刈り1日目は雷の接近でやむなく終了┐(´д`)┌

ヤンマー株式会社
コンバインのメンテナンスは一昨年と昨年にしっかり行ったため、
今年は刈取部をメインに必要最低限に抑えることにした。

部品
©az-tic life

今回は馴染みのヤンマーあづみ野支店ではなく、
試しに中古農機のネット通販最大手のPDNSで部品を調達。
引起しチェーン144、引起しチェーン140(2本)、
掻込みベルトA33(4本)、処理胴切刃(通常品4個)、
スプレー塗料(Y-レッド、Y-ホワイト、Y-ネイビーグレー)。
価格は純正品よりも安く魅力的ではあるが、
単に品質や耐久性を調べる目的で購入したのだ。

刈取部 分解
©az-tic life

とりあえず各部チェーンのテンショナーを完全に緩め、
引起しチェーンを外すと同時に下搬送チェーンを適当に退けておく。
そしてスターホイールとスプロケットを取り外すことで、
左右の掻込みベルトを傷付けずに交換することが出来る。
ついでに刈刃を降ろしてオーバーホールしていると、
刈刃を駆動させるベアリングの右側が固着していることに気付き、
ベアリング4個をネット通販で取り寄せ左右共に交換した。
さらにスターホイールのベアリング1箇所にシールの損傷があり、
埃で汚れたグリスをパーツクリーナーでしっかり洗浄し、
新しいグリスを詰めて再利用してみることにw

そんなこんなで必要最低限のメンテナンスが終了♪
PDNSの部品はどれほどの耐久性を持っているのか注目だ(・∀・)

ヤンマー株式会社
中古農機のことならPDNS