安曇野発ケチケチファーマーズブログ
今年の田植えは最初から最後まで一人でやってみたw
その中で規模拡大に向けた課題がいくつか浮上し、
今後必要であろう設備が明確に見えてきた。

田植え
©az-tic life

田植機は21年モノとは言え致命的なトラブルもなく、
ミッションオイルやバッテリーを交換したおかげで快調だ。
しかし植深さ自動は鈍く水平装置もないため、
高年式のものと比べると植付精度にバラつきがある。
さらに枕地の凹凸は手で均す必要があり、
枕地の多い田んぼでは均すのに時間が取られてしまう…
田んぼの形状にもよるが一人では1日7反歩が限界だ。
程度の良い中古があれば買い替えたいところだが、
『すこやかロータ』付きの物件にするべきか、
6条や高出力で早く植えて均す時間を稼ぐのか、
その辺の選択は予算次第だろう(´・ω・`)

根張り良好
©az-tic life

苗は『アグリボEX』なる謎の活性剤を与えているため、
根張りが良く手で掴んでも崩れることはない。
ちなみに育苗箱は昔から使っている中苗用のものが3種類と、
本家から借りている保水型の計4種類を使っている。
育苗箱は種類ごとに厚みが違うことから、
播種機のセッティングはその都度変える必要があり、
しかも中苗用は敷き紙を敷かなければならず、
田植えの時は風に飛ばされないよう敷き紙を回収する手間が掛かる。
また保水型は敷き紙は不要だが苗が徒長しやすく、
かなり厚い箱のため置き場所に困ることもある。
今後は敷き紙不要の稚苗用の育苗箱に買い替えるとしよう。

枝垂桜と
©az-tic life

田植機や育苗箱の他に移動手段も重要だ。
今のところ田植機もコンバインも自走で移動しているが、
タイヤのラグやクローラーの痛みは無視出来ない。
そこでシーソー式トレーラーの購入を検討しているのだが、
田植機とコンバインとでは重量に5倍の差があるため、
ショックアブソーバの減衰力を調節出来るトレーラーが必要になる。
しかし条件に合うトレーラーが中古として出回ることは殆どなく、
50万円の新品を買うしかないのが現状だ(;´Д`)

計算ミス
©az-tic life


ちょっw


何かの手違いで新しいビニールハウスの入り口が思いのほか低く、
軽トラに苗箱運搬棚を載せると中に入れないことが判明orz
仕方なく入り口の外に止めて手で運ぶことにした。
ちなみに苗箱運搬棚は42枚しか積めないため、
3反歩の田んぼなら周りの隙間にも押し込んで行くことになる。
苗が折れ曲がると活着が遅れる心配もあり、
こちらも今後は54枚以上収まるタイプに買い替えたい。

何事も極限に追い込むことで足りないものが見えてくる。
作業能率1日1町歩という基準を設けることで、
必要な機械の能力や手間の掛からない資材などが的確に選択出来、
さらに作業計画も立てやすくなるため一石二鳥だ(・∀・)

と言うか本家と組んだ方が何も買い替えずに済んだりして!?
スポンサーサイト
グリーンカレー
©az-tic life

田んぼの畦でセリやヨモギを採っている方からカレーを頂いた♪
それも本格的な香り漂うグリーン(?)カレー(*´∀`)
見た目は赤いが青唐辛子の辛さがじんわりとカラダに染みる…

毎年この時期になると近くにある親戚(?)の家に来るらしく、
昔からセリやヨモギを採り続けていてお店の料理に使っているとのこと。
ちなみに、そのお店は川崎市にある薬膳料理をメインとしたお店で、
身内が住んでいるアパートのすぐ近くだったりするΣ(゚Д゚)
『薬膳チキンカレー』や『薬膳粥』など健康的なメニューを取り揃えていて、
東京や神奈川に行く機会があればぜひ立ち寄ってみたいものだ。

さらにカレーに入れるリンゴを送るかもしれないことになり、
程よい酸味の品種をとお願いされてしまったのだが、
爽やかな酸味のシナノゴールドか、やや酸っぱめのシナノレッドか、
それともお菓子向けでかなり酸味の強い紅玉にするべきか…
まあ、その辺はプロであるリンゴ園の兄さんに任せるとしようw

それより最近は畦草刈りを省くために除草剤を使う大規模農家が多く、
スギナ以外の草が絶えてボロボロになった畦が増えてきた…
セリやヨモギを絶やさないためにも畦草刈りを頑張らねば(;´Д`A

昨年に引き続き今年も絶品カレーご馳走様でしたm(_ _)m

お店の詳細は食べログで♪
田植機の植付アームとバッテリーの交換に続き、
ミッションとリアアクスルのオイルも交換することにした。

ミッションオイル 排出
©az-tic life

まずはドレンボルトを外して古いオイルを抜き取る。
実はミッションとリアアクスルのオイルは一度も交換したことがなく、
21年目にして初めてのオイル交換となったのだw
ヤンマー純正オイル『TF500』はワインのような見た目だが、
21年も経つと濁りが酷く透明感が全くない…

ミッションオイル 新品
©az-tic life

年式が古いだけに今回は安価な社外品のオイルを使用。
テクノパワー『ギヤ・ミッションオイル』という商品で、
数年前に購入したまま納屋に放置してあったものだ。
記憶が正しければ購入価格は5,000円くらいで、
『TF500』の3割ほどの価格で購入出来たことになる。

次は『ウイングハロー』を代ごせ当日の朝に突貫で改良w
スプリングレーキは基本的に5cm間隔で配置されているのだが、
関節部分は構造上23cmもの間隔になっている。
そこから駆動爪の働きによって泥が後方に吐き出され、
均平性が低下することからスプリングレーキを追加することに…

穴開け
©az-tic life

まずは関節部分の開きスペースに取り付け用の穴を開ける。
ドリルで直径8mmのボルトを通す穴を計2箇所、
精密ヤスリで12×5mmの楕円形の穴を計4箇所開けた。

鉄棒 折り曲げ
©az-tic life

次に直径4mmの鉄製の杭をコの字型に曲げ、
純正のスプリングレーキと同じ反りをつけたものを2つ用意。

取付金具 巻き付け
©az-tic life

それに壊れたパイプ扉のジョイントで作った取付金具を巻きつける。
あまり強い力が掛からないため純正より薄くても問題ない。

スプリングレーキ 取り付け
©az-tic life

最後にあらかじめ開けておいた穴に通してボルト留めすれば終了♪
塗装もせずボルト・ナットも適当で見た目は悪いが、
突貫で作った割には純正に劣らない精度に仕上がった。

スプリングレーキ 下側
©az-tic life

これでスプリングレーキの間隔は7・5・11cmになり、
均平性の向上と残渣の埋め込みがスムーズに行えそうだ。
早速近くの田んぼで試しに代ごせしてみると…
昨年よりは泥の吐き出しが少なくままあな仕上がり(*´∀`)
ただ駆動爪の真後ろに11cm間隔の部分が来るため、
轍の深さや水量よってはまだまだ吐き出しが見られる。
一本モノに迫る仕上がりを実現するのはそう簡単ではなさそうだ…
国営アルプスあづみの公園で『早春賦音楽祭』が行われた。
今回のお目当てはもちろん湯澤かよこ(´∀`*)
昨年は見たいアーティストの出演時間が重なってしまい、
あっちへ行ったりこっちへ行ったりと忙しい一日だったのに対し、
今回は一つのステージに集中することが出来た。

高寺アナと
©az-tic life

このステージはFM長野の公開録音も兼ねていて、
最初に地元小中学生の合唱からスタート♪

かよぴー その1
©az-tic life

次に湯澤かよこのライブが始まるのだが、
なんとスペシャルゲストに湯澤かよこのお母様が登場Σ(゚Д゚)
予想外の演出に写真を撮り忘れてしまったものの、
母と娘による合唱はこれまた素晴らしく、
とても貴重なものを拝見することが出来た♪

かよぴー その2
©az-tic life

最後に小中学生と観客も一緒になって『早春賦』を大合唱♪
今回の公開録音や昨年の大町・松川地区でのラーラララ収録など、
番組や曲作りに参加出来るのはファンにとって嬉しい経験だ。

かよぴー その3
©az-tic life

ライブ終了後はちょこっとだけお会いし、
 「最近、高橋あず美さんというアーティストのライブに行ったんですよ」
 「あ~、あず美ちゃんね~♪」
 「確かYouTubeに現代版『信濃の国』が載ってるんですよ」
 「へえ~、『信濃の国』歌ってるんだ~♪」
 「いつか『信濃の国』で共演出来るといいですね」
などと高橋あず美についても語り合った。

それにしても近年、長野の音楽シーンでは湯澤かよこをはじめ、
SAY、高橋あず美といったR&B、ソウル等のアーティストが増えてきた。
いつかは県内で夢の共演をして頂きたいものだ(*´∀`)

湯澤かよこ CO-LIFE
国営アルプスあづみの公園

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。