安曇野発ケチケチファーマーズブログ
鷹目インプ
©az-tic life

運命的に出会った乗用車がウチにやってきた(*´∀`)
その記念すべき車種はスバル インプレッサスポーツワゴン♪
インプレッサと言っても中身は普通のクルマで、
保険屋が料率クラスの低さに驚くほど大人しい性格…

オプション充実
©az-tic life

オプションのルーフスポイラーとルーフアンテナ、
それにキーレスも付いていて超お買い得♪
さらに前オーナーが冬場にあまり乗らなかったらしく、
バリ山のスタッドレスも付けて頂いた(・∀・)

夏冬アルミホイール
©az-tic life

ステーションワゴンを買うとは夢にも思わなかったが、
荷物を沢山積めて雪道や砂利道もそこそこ走れて、
アウトドアでも大活躍するなら良しとしよう♪
何より『ポムコツ安曇野丸』や某車よりも好印象!?

水平対向エンジン
©az-tic life

家の将来を考えて乗用車を選択したとは言え、
やはり2台のクルマを同時に維持するのは正直辛い(o_ _)o
人生トントン拍子に進むことはないかもしれないが、
もし落ち着いた時はキャンターに買い換えるとしよう…

SUBARU オフィシャルWebサイト
スポンサーサイト
未だにクルマをどうするのか決まらず、
何となくリンゴ園の様子を見に行ったついでに、
以前立ち寄ったクルマ屋の前を通り、
波田の急な坂道を登り、
広告にあったクルマ屋を探すも見つからず、
『農家の店とまと』に寄ってから帰ろうと思った矢先、
信号待ちで右を見ると気になるクルマ屋があり、
何となく入ると条件に近いクルマがあり、
値札がないため店員に尋ねると、
レタス農家が乗っていたクルマと聞かされ、
何か運命的なものを感じて即契約。

走行27,000km、ワンオーナー、修復歴なし、
エアバッグ、電格ミラー、アルミホイール、
もちろんMT、1.5L、4WD、水平対向(´艸`)

帰り道
©az-tic life

ここ1ヶ月PCの画面と地面しか見ていなかったのか、
帰り道に久々に見た空は広かった…
ビニールハウス 解体前
©az-tic life

親戚のリンゴ園で働いている方と話していたら、
なんと使っていないビニールハウスがあり、
解体してくれたら格安で譲ってあげるという話になった。
そして1月上旬からチマチマ解体を進めてきた…

パイプ 留金具
©az-tic life

このビニールハウスは間口5.4m、奥行13.5mで、
パイプの太さはワンランク上の25.4mmだ。
側面のパイプの接合にもしっかりした金具が使われ、
ウチのビニールハウスよりも頑丈だ(゚Д゚;)

解体中 その1
©az-tic life

妻面のパイプや引き戸は早くに外して持ち帰ったのだが、
アーチパイプがどうにも抜けず作業は中断…
さらに30~40cmの積雪と寒さが続き、
おまけに風邪を引いてしまい暫く放置(o_ _)o

パイプ ジャッキアップ
©az-tic life

ようやく風邪が治りかけた頃に作業を再開…
農協の店で購入した『パイプハンド』をパイプに掛け、
パンタジャッキで慎重にジャッキアップすると、
グググと鈍い音を立てながらも簡単に抜くことが出来た。

解体中 その2
©az-tic life

作業中の揺れで根元が曲がったりしないよう、
マイカ線を筋交いのように張ることで強度を確保…
もちろんビニールを張った状態でも有効で、
強風時の応急的な補強としても使える手段だ。

パイプ その他
©az-tic life

解体した部材は種類ごとに分けて置いておく。
ちなみにアーチパイプは5.1m、ストレートパイプは5.5m!
2tロングをレンタルしないと運べそうにないため、
雪が溶けるまで置いておくことにした…

ビニールハウス 解体後
©az-tic life

このビニールハウスは骨組みだけだったとは言え、
解体してみると景色が一変するのに驚く…
まだ地面にビニールや石が埋もれているようだが、
そのままでも良いとのことで助かったm(_ _)m

パイプ 積み込み
©az-tic life


タイ━━|| Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━ホ!!!!


されてもおかしくないレベルw
結局は無理矢理『ポムコツ安曇野丸』で運ぶことに…
ちなみにはみ出し量は1.5mを超えている。

パイプ 保管
©az-tic life

そして家までの7kmを裏道のみで走り切り、
とりあえずストレートパイプを車庫に、
アーチパイプを納屋の軒下に降ろして終了。
肝心の設置場所は未だに決まっていなかったり(゚∀゚)

株式会社サンエー