安曇野発ケチケチファーマーズブログ
特に何もないまま8月が終わろうとしている今日この頃、
コンバインのメンテナンスは休むことなくコツコツ進んでいる…

回転刃 取り外し
©az-tic life

まず取り掛かったのは回転刃の高速側の磨耗した刃の交換。
昨年の稲刈りでは排藁が異常に長く秋起こしに苦労したこともあり、
秋起こしのしやすさと藁の分解促進を考えて真っ先に実施。
回転刃は軸を抜き取ると落下する危険があるため、
段ボール箱やベニヤ板で簡易的な支えを作って取り外した。

回転刃 分解
©az-tic life

回転刃の高速側はH150×27とIBT180×27の2種類あるため、
向きや順番を間違えないよう慎重に分解して並べる。
今回はH150×27のうち根っこ側の6枚のみ交換する予定だったが、
なぜかIBT180×27が2枚だけ社外品っぽかったため追加注文。
新品の回転刃はカミソリ並みの切れ味で大変危険なため、
周囲の安全を確認しながら皮の手袋で確実に掴んで取り扱う。

ワラ押え台 分解
©az-tic life

ワラ押え台は動きが渋くなるとこぎ室カバーに負担を掛けるため、
分解してパイプ内と軸の錆をサンドペーパーで落とした。
『GC695』にもなると樹脂製のブッシュが入っているようだが、
『CA365』はあらゆる部分が簡単な作りで驚いてしまう…

ワラ押え台 改良
©az-tic life

取説を読むとワラ押え台の注油は油差しで上から行うようだが、
どう考えてもパイプと軸の間に油を流し込むのは難しく、
結果的に錆びてしまっていたことから少し手を加えることに…
と言ってもパイプに油差しのノズルが入るくらいの穴を開けただけだが、
こぎ室カバーを開いた状態で油を差すと垂れることなく流れ込み、
短時間でパイプと軸の間に油が行き渡るようになった。

揺動棚・クリンプ網 塗装
©az-tic life

昨年の稲刈りでは倒伏した稲を刈った際に泥も取り込まれ、
揺動棚やクリンプ網に泥が固くこびり付いて苦労した。
そこで撥水性の塗料を探したものの理想的なものは見つからず、
仕方なく『強靭な塗膜』と書かれたラッカースプレーを購入…
錆と油分をしっかり落として3回ほど重ね塗りすると、
一応爪で擦っても剥がれない強そうな塗膜に仕上がった。

こぎ胴切刃 新旧
©az-tic life

泥が取り込まれるとなるとこぎ胴切刃の磨耗も進む。
昨年グラインダーで焼けないよう慎重に研磨したはずだが、
購入当初よりも刃先がまん丸に磨耗してしまい、
繰り返し研磨するよりも交換した方が強度的に安全と判断し、
とりあえず全てのこぎ胴切刃を交換することにした。

こぎ胴切刃 交換
©az-tic life

こぎ胴切刃や処理胴切刃はロータリーの爪と同様、
ゴールドタイプの社外品も存在するようだが、
万が一欠損した場合の保証が不明なため使う気にならない。
農家によっては選別精度を維持するため毎年交換し、
気休め程度だが回収率アップで元を取る方法もあるようだ。

刈取部 分解
©az-tic life

刈取部はタインレールの破損部分を溶接で補修した他、
刈取クラッチワイヤー、引起しローラー(3個)、上部チェーン65を交換。
さらに引起しチェーン140も1本交換する予定だったのだが、
引起しローラーを新品に交換したらテンショナーに余裕が出たため、
ギリギリ使えそうな部品と共に予備部品としてストックすることにした。
画像はテンショナーの状態を見るためにチェーンを張っているが、
引起しチェーンの内側2本は本来千鳥の位置関係にする必要がある。

とりあえず今年のメンテナンスはこの程度に抑えておいて、
掻込みベルトとこぎ深さ自動は騙し騙し使うとしよう…

ヤンマー株式会社
スポンサーサイト
2004年のツーリングより琵琶湖
©az-tic life

鳥人間コンテストは毎年欠かさず観る。
と言ってもテレビで観るだけだが…

そう言えば、2004年の長野~鳥取ツーリングでは、
3日目に足が棒になって瀕死の状態だった。
しかし琵琶湖の湖畔で偶然、
解体中のプラットホームを見つけ、
ここから未知への挑戦が始まるのだと、
パイロット達と今の自分を重ね、
鞭打って鳥取に辿り着いたものだ。
その年は復路を諦めたが、
悔しさをバネに、次の年には往復を果たした。
今となっては良い思い出だ…

再び同じ道を走る日は来るのだろうか?
下手すると先にクルマで行ってしまいそうだが(´・ω・`)

鳥人間コンテスト
松本農業改良普及センターが主催する現地指導会に行ってきた。
今回の内容は『胴割れ米発生ゼロを目指した取り組みと収穫までの管理』で、
落水時期や走り水といった基本的な管理方法はもちろん、
登熟初期の高温による胴割れといった新たな研究結果も報告された。

セミナー 資料
©az-tic life

これまで登熟期間の高温では白未熟米の発生が知られていたが、
最近分かってきたのは登熟初期に高温に晒されると、

成長が早くなる。
 ↓
胚乳細胞の数が少なく荒い構造になる。
 ↓
胚乳の中心部のデンプンの詰まりが悪くなる。
 ↓
粒の中心部がもろい構造になる。
 ↓
水分変化から生じる歪に耐える力が低下し、胴割れしやすくなる。


つまり早い段階から胴割れが出やすくなるかどうかが決まるということだ。
しかし基本となるのは積算温度(コシヒカリ900~950℃)の算出と、
帯緑色籾歩合(刈り始め10%)から収穫適期を判断し、
収穫後は急激な乾燥を避けることで胴割れを軽減させる方法だ。
意外なのは高温時の水管理は掛け流しでなくとも、
常時3cm以上の水位があれば良いとのこと。
まあ実際この時期の田んぼの水はひんやりしていることから、
下手な掛け流しで水の取り合いになるよりは良いだろう。
とりあえず適期落水・適期刈取に努める次第だが、
おひさまもカンカン照りではなく、適期に顔を出してほしいものだ。

松本農業改良普及センター
 
この匂い
©az-tic life


自転車で田んぼを見て周ると、

田植えの頃から稲刈りの頃に掛けて、

様々な空気の匂いに出会う。

泥の匂い、草の匂い、煙の匂い、

そして今は、コクのある稲穂の匂い。

毎年出会うはずなのに、

どこか懐かしいこの匂いは、

目には見えない、日本の原風景だ。
 
アセンティア フォルティスオーラ
©az-tic life

地元のスポーツデポでかなり評判が良いと噂のサドル、
タイオガ『アセンティア フォルティスオーラ』を見つけ即購入♪
中央に縦長の穴や溝が設けられたコンフォートサドルで、
長距離走った時に股のド真ん中が痛くなるのを防いでくれる。

Dr.AIR
©az-tic life

これまで使っていたサドルは純正のサドルに、
『Dr.AIR』なるエアーパッド入りのサドルカバーを被せ、
騙し騙し長距離ツーリングに耐えてきたのだが、
2010年に御前崎付近でエアーパッドがへこたれてしまい、
それ以降はエアーパッドを抜いた状態で使っている。

サドル 純正
©az-tic life

純正のサドルはイマドキのサドルよりも上面の曲線が強く、
坐骨ではなく股のド真ん中に体重が集中してしまう。
早速純正のサドルを外してコンフォートサドルにと思いきや、
旧型のヤグラではサドルの穴からシートピラーの穴が丸見えで、
まともにゴミや雨水が浸入してしまうことに気付いた。
そこでエンドプラグを通販で取り寄せて流用してみることに…

グリップ、ベル、エンドプラグ
©az-tic life

通販ではエンドプラグの他にコンパスベルと『エルゴグリップ』も購入♪
コンパスベルは昔から長距離ツーリングで重宝していたものの、
紫外線で劣化してオイル漏れを起こしてしまったのだ。
グリップはなぜかラグタイヤのようなものを使っていたのだが、
手のひらが痛くなることから今回はコンフォートグリップをチョイス。

エンドプラグ 流用
©az-tic life

もはやスポーツバイクでは消滅したであろう旧型のヤグラ…
イマドキのシートピラーを購入すると2千円は掛かってしまうため、
ハンドルに使うエンドプラグをシートピラーの穴に流用した。
ところでサドルを装着している画像を見てもらえれば分かるが、
実はシートピラーとシートパイプの境目の部分にも、
輪切りにしたチューブを嵌めて雨水の浸入を防止している。

サドル 装着
©az-tic life

コンフォートサドルをとりあえず装着して早速乗車!


何だこの浮遊感は(゜Д゜;)


尻の痛みを我慢していたのが馬鹿みたいに思える快適さ♪
まあ1日に140kmくらい走って見なければ実力は分からないが、
少なくとも2,730円出しただけの価値はありそうだ。

グリップ、ベル、エンドプラグ 装着
©az-tic life

コンフォートグリップは全長135mmから75mmに切り詰め、
エンドを貫通させることでグリップシフトとエンドバーに対応させた。
グリップシフトとグリップの間に3~4mmほどの段差があるが、
むにゅっと手にフィットする素材のため気にならない。
新しいエンドプラグはブランドモノのためエンドバーに装着し、
古いものは傷だらけのためシートピラーに流用した。
コンパスベルは地図と照らし合わせることで力を発揮する☆三

ジュニアバーナー、丸型ハンゴー
©az-tic life

今年は長距離ツーリングに行けるかどうか微妙だが、
これまで使っていたコンロが弱い風でも使えないことや、
T型ボンベの高いランニングコストを解消するため、
コンビニでも入手可能なカセットボンベを使用し、
風にもまあまあ強いイワタニ『ジュニアバーナー』を購入♪
さらに炊飯とレトルト食品の同時加熱をするため、
キャプテンスタッグ『林間 丸型ハンゴー』も購入した。

さあ果たして長距離ツーリングに行ける時間はあるのか!?
リンゴとコンバインが駄々こねているのが気になるが…
イトーヨーカドー南松本店で行われた『ハートライブ』に行ってきた。
出演者はJ@M(蟻ヶ崎高校軽音楽部ジャズ班)、
高橋あすか、佐藤定常、LEE、semence。
この日は雨が降りそうな天気だったものの何とか持ち堪えた…

高橋あすか その1
©az-tic life

相変わらず笑顔が眩しい高橋あすか♪
もっと前に出て激写しまくれば良かったのだが、
蟻ヶ崎高校軽音楽部ジャズ班が聴き入っていたこともあり、
今回は後ろで控えめに撮ることにしたのだ(´・ω・`)
ライブでは某アニメ映画のテーマソングなど、
子供の喜びそうな曲を中心に披露。
コアなファンは親子連れに配慮し控え目の様子w

高橋あすか その2
©az-tic life

それよりリンゴの作業で肘を痛めてしまい、
望遠で狙うにもプルプル震えてタイミングが掴めず、
せっかくの笑顔も沢山逃してしまったorz
ライブ終了後は高橋あすかの側から声を掛けて頂き、
 「前回はどこでお会いしましたっけ?」
 「後町さんのライブの時ですね」
 「あ~!そうだ~♪」
 「次回も楽しみにしています」
などと少々物足りない会話のまま終了…
まあ写真の出来や枚数も会話の長さもあまり関係なく、
満面の笑顔に癒されればそれで良いのだ。

★☆高橋あすか☆★

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。
シナノスイート 仕上げ摘果前
©az-tic life

リンゴの仕上げ摘果に追われている今日この頃…
行きたいライブも二つ程あったのだが我慢してリンゴを優先orz
今年からシルバーに一輪摘果をお願いしたとは言え、
多少の見落としや手の届かなかった場所があり、
ベテラン勢として責任を持って仕上げ摘果をやっている。

それにしても脚立や高所作業車を扱える人が少なくて困る…
大学生が大企業から中小企業に目を向け始めたように、
農業にも目を向けてもらえると現場としては助かるのだが(´・ω・`)

シナノスイート 摘果
©az-tic life

仕上げ摘果が遅いとなると実の大きさは6~7cmにもなる。
底が斜めになったものや楕円形のものは容赦なく落とせるのだが、
まん丸で無傷のものでも隣との間隔が狭かったり、
枝のサイズに対して多過ぎたりするものは泣く泣く摘果…
押し競饅頭や枝が折れるのを防ぐには仕方ないが、
これが全てお金に換わればと思うと少々悔しかったりするw

しかし何日も前に落ちたであろう実は茶色くなり、
足で踏むとプスッと潰れて酢のような臭いがツーンと漂う。
もし薬剤タンクいっぱいに詰め込んで菌をまぶせば、
短期間で防除用のリンゴ酢が出来そうだ。
ただ酢防除は数日おきに散布する必要があり、
ミスト機やブームスプレーヤー等の機械体系が必須だ…