安曇野発ケチケチファーマーズブログ
松本合同庁舎で行われた新規就農者激励会と交流会に行ってきた。

春頃から松本農業改良普及センターの職員が尋ねて来るようになり、
「ぜひ新規就農者激励会に出席して下さい」と言われたのに対し、
「何も教えることなんてないですよ。寧ろ教えてほしいですよ」と答えると、
「いえいえ。あなたが新規就農者として出席するんです」と言われ、
その時初めてウチが松本農業改良普及センターのリストに載っておらず、
最近まで農協や市役所以外に存在を知られていなかった事実が判明orz
本来農協に名前が登録された時点で普及センターに連絡が入り、
リストに載るシステムになっているはずなのだが一体何があったのだろうか?
この9年間に取り逃したものは農協にたっぷりと支払ってもらうとしようw

激励会 資料等
©az-tic life

それはさておき、

新規就農者激励会では参加者が自己紹介や今後の抱負を述べたり、
SBCスペシャルに出演していた農家の方による講演があったりと、
多種多様な経営スタイルや視点の違いを知ることが出来た。
交流会は井上東側の『翠香園』なる中華料理店へ行き、
ビールや激ウマな中華料理を楽しみながら名刺交換をしたり、
機械修理や経費削減など様々な話題で盛り上がった。
そして謎なことに普及センターの男性職員2人と女性職員2人、
リンゴ園の兄さんを含む若手農家4人の計8人で二次会に行くことになり、
ワケも分からないまま松本駅に近い『わたみん家』に入店♪
その後店を出るまで何を話していたのか良く覚えていないのだが、
リンゴ園の兄さんが言うにはもの凄い自虐的なグチを言っていたとか…
肝心の女性職員は公務員だけあってしっかりセーブしていたそうだw

今回リンゴ園の兄さんは運転手のため1滴も飲めずじまいだったが、
機会があれば妹さんもご一緒して飲みに行きたいものだ(・∀・)ねっ!

松本農業改良普及センター
スポンサーサイト
親戚のリンゴ園でアルバイトを始めて7年目になるだろうか?
なぜか昨年の11月までリンゴ園の兄さんの妹、
つまりリンゴ園の娘さんとはあまり話したことがなかったのだが、
最近は暇さえあれば良く話すようになった。
しかし話せば話すほど強烈なカルチャーショックが…

ユニクロのジーンズはシルエットが汚い!?
イマドキの男は美容室に行ってる!?
美容室は予約が必要!?
同じ服を3回連続着るだけでフラれる!?
女性は細かい部分も見てる!?
その他色々!!





まるで浦島太郎になった気分(゚Д゚;)





しばらく回復不能ですorz





じゃなくて…





とりあえずRight-onで服をコーディネートしてもらおう。
髪は思い切ってお洒落な美容室に行こう。
コンバイントレーラーとビニールハウス以外は後回し決定w
自分に磨きを掛けることで印象が良くなり、
仕事でプラスになるならそれはそれでアリなのかなと…
まあ良い機会と捉えて頑張ってみよう。
2年振りに高遠城のお膝元で夜霧丸船団チャリティ撮影会が開かれた。
天気予報では午後一時雨とのことで大したことはないだろうと思い、
いつものように『安曇野丸』を積み込んで昼頃に会場入りした。

安曇野丸 リアビュー
©az-tic life



が、しかし(゚Д゚;)



安曇野丸 サドル
©az-tic life

会場入りして2時間も経たないうちに山の方から雨雲が徐々に近付き、
大雨という程ではなかったのだが冷たい雨がしとしとと降り続き、
上着を持ってこなかったこともあり大半の時間を車内で過ごすことに…
『安曇野丸』の内装は会場に来る途中で購入した養生テープと、
適当なビニールで覆うことにより最悪の事態は逃れることが出来た。
さすがに雨にビクビクしながらビニールを常備するのも面倒なため、
時間があったら内装だけでもビニールレザーにグレードアップさせよう。

悪夢号&ポムコツ安曇野丸
©az-tic life

雨が弱くなったのを見計らって会場内をウロウロするのだが、
結局撮影したものといえば軽アートやアートチャリがメインで、
あとは声を掛けて頂いた方のトラック数台と少ない収穫…
さらに三脚が泥まみれにならないよう手持ちで撮影したこともあり、
ナイトシーンの写真は長時間露光を使わない平凡なものとなったorz

二代目夢丸&夢観光
©az-tic life

まあ9月は北安曇郡内で安曇野急行チャリティ撮影会があるらしく、
とある情報によると2日間に渡るイベントとのことでそちらに期待しよう。
もちろん、まだまだ先の話のため予定が変わる可能性もあり、
イベントに行く方は直前までカミオンで確認して頂きたい。
そして本当に2日間に渡るイベントだとしたらキャンプ道具も持参し、
『ポムコツ安曇野丸』の荷台で寝泊りするのもアリかもしれない♪

ポムコツ安曇野丸&悪夢号
©az-tic life

ちなみに『安曇野丸』は今後も大型のパーツを増やす予定はなく、
『ポムコツ安曇野丸』もハイゼットダンプに買い換えたいため、
最後のご褒美として少し飾るかもしれないが期待しないで頂きたい…

信州のトラック野郎~夢観光~
~悪夢~ワールド