安曇野発ケチケチファーマーズブログ
今年もぼやきりを皮切りに本格的な農作業が始まった。

桑畑
©az-tic life

桑棒は刃の短いぼやきり鎌でパキンと折るように切る。
条件さえ良ければ何本もの桑棒を脇に挟んで体重を乗せ、
パキンパキンパキンと連続で切ることだって可能だ。
しかし実際には葛のつるが絡まって思うように進まず、
目に付いたつるを最初に切ってから桑棒を切り始めたり、
切った桑棒を抱えながらクルクル回ってつるを千切ったりと、
これでもかと言うくらいに絡まるつるにいつも苦戦する。

切り株
©az-tic life

直径2~3cmの桑棒が切れる鎌となれば指も簡単に切れる。
さすがに指が取れる程の大怪我はしたことはないが、
勢い余って指や脛の皮膚をえぐることは何度かあった。
鎌は腕だけで引くとブレーキが掛からず危険だが、
肩だけで引くようにすればピタッと止めることが出来る。
それに切り株は鋭いため底のしっかりした靴は欠かせない。

ファイヤー
©az-tic life

桑棒の束はあらかじめ火を焚く場所の近くへ持って行き、
火を点けたら灰にならないよう次から次へと放り込む。
昔は桑畑の真ん中にある枝垂桜の下まで並んでいた束も、
ここ2~3年は桑畑の北半分にも満たない量となった。
田んぼや住宅地に面した桑棒を夏の間に刈り取ったり、
切り株に除草剤を注入したりしてある程度減らした結果だ。

少なっ!
©az-tic life

出来上がった桑炭は土壌改良のために野菜畑に播く。
土に程よい排水性と保水性を持たせるだけでなく、
微量要素などのミネラル分も補給出来るケチケチ資材だ。
さらにウチの桑畑は西洋タンポポの侵入を防いでくれるため、
日本タンポポを守るためにもある程度残す必要がある。
もちろん枝垂桜と日本タンポポが宝の持ち腐れにならないよう、
住宅地の方々も気軽に歩ける遊歩道を整備したい。

とりあえず毎年変わらぬ農作業が出来ることに感謝(^-^)
スポンサーサイト
いつも通り『ポムコツ安曇野丸』で国道を走っていると、
急発進するクルマや無理な運転をするクルマが少なく感じる。
やはり地震の影響による給油制限を気にしているのだろう。
しかし信濃乃国は軽自動車の普及台数が多いためか、
慌ててガソリンスタンドに駆け込むような光景は見られない。
と言っても動噴が使えないと困るため携行缶には入れて来たが…
晴れた日や近場の買物はなるべく自転車を使っているため、
次に『ポムコツ安曇野丸』にガソリンを入れるのは4月中旬の予定。
そんな愛車であるHA2ホンダ・アクティ・アタック(4WD/4MT)の、
過去10回分の給油から得られた実燃費をちょこっと公開♪

 6月6日 37068.2km 25.5L 14.5km/L
 7月5日 37559.6km 29.2L 16.8km/L
 7月24日 38028.3km 29.4L 15.9km/L
 8月24日 38542.3km 31.5L 16.3km/L
 9月27日 39094.5km 38.0L 14.5km/L
(注ぎ足し含む)
 10月23日 39464.9km 28.46L 13.0km/L
 11月23日 39946.1km 34.6L 14.3km/L
 12月18日 40391.3km 28.2L 15.8km/L
 1月27日 40744.0km 26.86L 13.1km/L
 2月4日 41481.0km 30.45L 15.7km/L
(下野乃国へ)

ほぼ1ヶ月に1回の給油で平均燃費は14.99km/Lということになる。
現行のHA9(4WD/5MT)が10・15モードで17.6km/L走ることを考えれば、
すぐに買い換えなければならないほど燃費が悪いということはない。
しかも新規格の軽トラは車重が100kgほど重くてかったるいのなんのorz
旧規格アクティが田んぼのNSXと例えられるのが良く分かる…
まあ将来的にはハイゼット・多目的ダンプに買い換えるだろうが、
積載量から見るとキャンター・ダンプも視野に入れておきたいところだ。
それにディーゼルは緊急時に天ぷら油も使えて実用的だったり!?
と言いながらもアクティの前後バランスの良さには信頼を置いているため、
今後も壊れるまで『ポムコツ安曇野丸』を使い続けるかもしれない。

X

剪定枝 破砕
©az-tic life

田んぼ仕事が始まる前に庭木の剪定を終わらせておこうと、
脚立に上って高い枝を切っていたらバランスを崩して微妙に落下…
疲れてるのかな~と思いながら剪定枝をシュレッダーに掛け、
家に戻ってテレビを見たらこの世のものとは思えない光景が!
なにやら黒い水が瓦礫を巻き込みながら田園地帯を駆け抜け、
交差点で右往左往しているクルマを飲み込んでいるではないか(゚Д゚;)
一瞬外国で起きた洪水か?と思ったのだがクルマは明らかに日本車…
チャンネルを回すとどの放送局でも津波の映像が流れていて、
その時初めて東北地方で地震が起きたことを知ったのだ。
必ず起こると分かっていても実際に起こるとその衝撃は計り知れず、
地獄絵図のような光景には今までにないくらいの恐怖を感じた…
これだけの地震ともなると活断層への影響も考えられるため、
今のうちに納屋の耐震補強をして全壊だけは避けなければならない。
少なくとも蚕室や牛舎として使われていた納屋は築100年以上…
しかも筋交いもなければマトモな基礎もない積み木orz
壊れ方によっては農機具やクルマへの被害も考えられるため、
ホームセンターで筋交いに使えそうな角材とボルトを買ってこよう。
そしてこのような大災害が二度と起こらないよう願いたいものだ(´・ω・`)