安曇野発ケチケチファーマーズブログ
狭い道を通って行く田んぼは汎用コンバインが入れないという理由で、
転作田はローテーションがされないまま7年以上も麦・大豆を繰り返してきた。
そんなこともあり土の性格はひねくれて恥ずかしいくらいの生育不良に…
一昨年なんとか転作田を返してもらいウチで加工用米を作ることにしたのだが、
稲も生育不良になってしまっては主食用米の収量にも影響が出るため、
慎重に土壌分析して万全の態勢でひねくれ者の転作田に挑むことにした。

サンプル 採取
©az-tic life

まずは圃場ごとに5箇所から縦横10cm・深さ15cmまでの土を採取するのだが、
今回は麦が植わっていた時に生育不良を起こしていた場所に絞った。
その場所が笑えることに『ブロードキャスター』で追肥した軌跡とドンピシャ!
補助金目当てに作り捨てギリギリのやり方をする農家とはおさらばだ。

サンプル ふるい掛け
©az-tic life

採取した土は圃場ごとにしっかり混ぜて風通しの良い日陰で十分に乾燥させ、
塊をほぐしながら1mm目のふるいでサラサラになるまで細かくしていく。
最初は土に混じっている雑草の根っこを取り除こうと思ったのだが、
ロータリーで起こしてしまえば結局は一緒になるため必要ないと判断…

サンプル 袋詰め
©az-tic life

最後は圃場ごとに袋詰めして農協に提出すれば後日結果が送られてくる。
肥料屋によるとホームセンターでやっている土壌分析は当てにならず、
農協でやっているのもは自分達の利益に響くためほぼ正確だという。
しかも土壌分析キットの試薬に使用期限があることを考えると、
やはり農協にまとめて依頼した方が安くて確実な結果が得られるのだ。
ウチの周りは似たような状況に置かれている転作田が多いため、
ここでノウハウを蓄積して来たるべきチャンスに備えよう[壁]д・)チラッ
スポンサーサイト
MAI
©az-tic life

松本のミュージックコートHANAでMAI&Double Fantasyのライブが行われた。
会場はほんのりと温かみのある照明が印象的な韓国料理店で、
店内のステージでは普段から多くのライブやコンサートが開かれている。
この日は伊那で湯澤かよこが企画するライブも開かれたのだが、
用事があったり会報の写真を撮らないといけなかったりでこちらを優先…
何より今年は田んぼやリンゴが忙しくなるため近場のライブに限定する予定だ。

MAI&Double Fantasy
©az-tic life

ところでライブの数日前にTOSHIからの予約確認メールで知ったのだが、
ベース担当のポリが仕事の都合で転勤しなければならなくなり、
残念なことに今回が最後のライブ出演になるというのだ。
MAI&Double Fantasyのサポートメンバーとして活動すること2年…
今回ばかりはステージの真ん中でメンバーに囲まれての演奏となった。

ポリ
©az-tic life

大工に改造してもらったというウッドベースは驚きのエレキ仕様。
ボディーがスピーカーの音を拾いやすくセッティングに苦労する一面もあるが、
存在感のある重低音はMAIの声を引き立てるのに一役買っている。
もちろん見た目もオシャレで知らない人が見たらまるでジャズバンド♪
今後も残ってもらえたならウッドベースをボンボン鳴らすような、
ジャーズィーで大人っぽい曲をリクエスト出来ただけに残念でならない。

石焼ビビンバ
©az-tic life

ライブ終了後はあらかじめ注文しておいた料理が一斉に出され、
キムチ鍋焼きうどんや海鮮チヂミを頬張りながら色々な話題で盛り上がった。
その中で専属カメラマンの女性が現在小説を書いていると聞き、
まだライブ撮影は無理だとしても徐々に元気になっているようで一安心…
好きなことを一生懸命やっておけば自信が持てるようになるはずだ(o^-')bガンバレ!!

SAL&ポリ
©az-tic life

楽器を抱えたままではアパートに入れてもらえないかもしれないと、
SALにウッドベースを預かってもらうようお願いするポリ…
飲食店でのライブは一緒のテーブルで食事していることが多く、
運転の関係でお酒を飲めないSALにポリが気を遣っているようにも見える。
そんな光景も見られなくなってしまうと思うとなんだか寂しい。
ただ具体的な配属先はまだ決まっていないとのことで、
休日のライブに駆けつけられるくらいの場所になることを期待しよう。

MAI&DoubleFantasy
平安堂 MAI&Double Fantasy
ミュージックコートHANA

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。
脱衣所で使っている電気ファンヒーターのフィルターを掃除したのだが、
電源を入れると焦げ臭い温風が出てきたため分解清掃することに…

電気ファンヒーター 清掃前
©az-tic life

パネルを外すと予想通り、ヒーターやモーターの周辺に埃が溜まっていた。
ヒーターは初めて見るラジエターのような細かいフィンを並べた構造で、
内側にも埃が詰まっていたためエアーを噴き付けて詰まりを除去…
モーターとファンもあらゆる角度からエアーを噴き付けて埃を飛ばした。

電気ファンヒーター 清掃後
©az-tic life

最後に雑巾で細かい埃を丁寧に拭き取れば新品同様ピッカピカ♪
電源を入れて驚いたのは風量が多くて以前よりも暖かく感じること(*´д`*)
こんな簡単に性能回復が出来るなら他の家電もやるしかないと思い、
何年もメンテナンスしていなかったこたつヒーターユニットを分解…

こたつヒーターユニット 清掃前
©az-tic life

( ゚Д゚)ヒョエー

こんな大量の埃が溜まった状態で使っていたとは恐ろしい…
温度ヒューズがあるとはいえ発火の可能性がないとは言えない。
電気ファンヒーターと同じくエアーを噴き付けて雑巾で拭き取った。

こたつヒーターユニット 清掃後
©az-tic life

機種による違いもあるが、電気ファンヒーターはヒーターの上部に、
こたつヒーターユニットは2本並ぶヒーターの間に温度ヒューズがある。
突然動作しなくなる原因の多くは温度ヒューズが働いたことによるもので、
ホームセンターや家電量販店で同じ規格の温度ヒューズを購入し、
分解清掃も兼ねてちょちょいと交換すれば本体を買い換えなくて済む。
もちろん温度ヒューズが切れる原因にファンの故障なども考えられるため、
交換後は正常に動作することをしっかり確認してから使いたい。

TPP締結断固阻止!!

農魂

TPPは農産物や工業製品の関税撤廃だけでなく、
保険、金融、医療、インフラ、労働市場などの自由化も含まれています。
もし締結されると安い海外製品によりデフレが一気に進み、
大量に押し寄せる外国人労働者に仕事を奪われ、
日本の銀行や保険会社が外資系企業に吸収される恐れがあります。
また地震、津波、噴火、台風、洪水などの災害時には、
救急医療やインフラの復旧に大幅な遅れが出る他、
外国人労働者による略奪といった社会的損失も考えられます。
日本の関税率は全体的に見てもヨーロッパより低く、
政治家やマスゴミが騒いでいるほど鎖国状態とは言えません。
当たり前のように広がっている日本の原風景…
そして恒久的な安心・安全を守っていくためにも、
ひとりひとりが正しい情報を知り・考え・行動することが大切です。

[●]我等食糧自衛隊[●]