安曇野発ケチケチファーマーズブログ
MAI
©az-tic life

松本のガーデン・ギャラリー風雅でMAI&Double Fantasyのライブが行われた。
この日は安曇野で活躍する染色家の池野陽子氏の講演会も開かれ、
MAI&Double Fantasyのメンバーも交えて『もったいない』について語り合った。
特に印象に残っている内容は着物ひとつに数千匹もの蚕の命を頂いていることや、
某ドーナツチェーンは店舗ごとに毎日数百個のドーナツを廃棄していることなど、
身近でありながらも意外と知らない物事の裏側にちょこっと衝撃を受けた。

TOSHI
©az-tic life

会場はTOSHIのステンドグラス&ガラスアート展が同時開催されていることもあり、
豆電球と小さなスポットライトの光が絶妙なコントラストを醸し出している。
もったいないと言えば未だに電球型蛍光灯やLED電球の普及率が低いため、
それらの『エコ電球』をランプ作品に組み込んで広めるのも面白そうだ。
闇雲に原発反対を叫ぶよりは消費電力を抑える方法を提案することも大切だ。

SAL
©az-tic life

昨年この場所で行われたライブはMAIとTOSHIのシンプルな構成だったのに対し、
今回はパーカッションのSALとベースのポリを迎えてフル装備の演出となった。
MAI&Double Fantasyはロックから演歌まで幅広く歌いこなすだけでなく、
メンバーの構成が時と場所に応じて変幻自在なのも見所のひとつと言える。
もちろんMAIとTOSHIは最低限の組み合わせであることは言うまでもなく、
MCで繰り出されるボケとツッコミがなければ会場は堅苦しくなってしまうだろう。

ポリ
©az-tic life

ライブ終了後はMAIやTOSHIが製作したアクセサリーが当たる抽選会や、
お茶とお菓子を頂きながら観客と出演者の垣根を越えた交流など、
メジャーアーティストのライブでは絶対に味わえない充実した時間を過ごした。
会員数が伸び悩んでいる後援会には新たな会員も加わって頂けたようで、
今後はボーリング大会やまさかまさかの温泉旅行も検討中とのこと。
いつもとは違う状況でいつもとは違うメンバーの表情をぜひ撮りたいものだ。

MAI&DoubleFantasy
平安堂 MAI&Double Fantasy

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。
スポンサーサイト
諏訪湖サービスエリアが『恋人の聖地』に選ばれて1周年になるのを記念し、
FM長野とNEXCO中日本のタイアップ企画によるイベントが開かれた。
その中で、以前リスナーから募集した諏訪湖にまつわる恋愛エピソードを元に、
湯澤かよこ自ら書き下ろしたオリジナル・ラブソングが特設ステージで披露された。
今回はそのライブの模様を極力ロマンチック(?)な雰囲気でお届け♪

明るかった空も
©az-tic life

会場は諏訪湖サービスエリア上り線のモスバーガー前を中心とした場所。
ちょうど諏訪から岡谷までの町並みが見渡せる絶好のロケーションで、
家族連れやカップルなどが諏訪湖を背景に写真を撮っている姿も見られた。
さらに高い位置にある下り線の方もなかなかの景色ではあるのだが、
中央道を行き交うクルマの喧騒を考えると、やはり上り線がお勧めと言える。

日が沈むと同時に
©az-tic life

ライブは午後2時と5時の二度に渡って行われ、かなり充実した内容となった。
諏訪湖にまつわる恋愛エピソードは予想以上の数が寄せられたらしく、
見事に採用されたリスナーの女性には非売品のCDがプレゼントされ、
ラジオの公開放送の如く会場を沸かせていたジャッキー浅倉の口からは、
「今ならヤフオクで10万で売れます!」などと冗談まで飛び出したり…

星がひとつ
©az-tic life

辺りが薄暗くなってくると、夜景をバックに会場はシックな雰囲気に包まれた。
観客はターゲットであるカップルよりもリスナーの方が多かったものの、
普段はなかなか集まることのないリスナーがこうして集まれることや、
そこから始まる新たな交流は地方のラジオ局にとって大きな糧になるだろう。
今後も様々な企業とコラボして、このようなイベントを開いてくれると嬉しい。

またひとつ輝き出し
©az-tic life

肝心のオリジナル・ラブソングのタイトルは『Ring』(表記未確認)。
湯澤かよこ自らキーボードを演奏し、力強く伸びのある声で観客を魅了した。
以前『The Step』でギターの弾き語りを披露していたことはあるのだが、
まさかキーボードの弾き語りまで練習していたとは涙ぐましい努力!
ボーカルに加え、楽器の演奏も出来れば曲作りのアイデアは広がるはずだ。

満天の星空となる
©az-tic life

気になるオリジナル・ラブソング『Ring』の発売はまだ決まっていないようだが、
アレンジがかなり煮詰まっていることを考えると、もはや時間の問題だろう。
何より今回のイベントは偶然立ち寄ったカップルには良い思い出となるため、
リスナーやクラブのお客さん以外にもファンが増えることを期待したい。
もちろん、来月のFM長野のパワープレイはこの曲で決まりだね♪

湯澤かよこ CO-LIFE
湯澤かよこ my space
FM長野 79.7MHz
FM長野 echoes
恋人の聖地プロジェクト

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。
EP-803AW
©az-tic life

この秋に発売されたばかりのEPSON『EP-803AW』を24,000円で購入!

今まで使っていたcanonの白黒コピー機とプリンターのインクがなくなり、
両方のインクを買い揃えるとなると軽く18,000円に達してしまうことや、
カラーコピーをするにはPCとスキャナーを使わなければならないことから、
PCを通さずにカラーコピーが可能な最新型のプリンターを買ったのだ。
もちろん写真がアルバム保存200年というのも嬉しい特徴のひとつ♪
色褪せて悲しい思いをせずに済むのなら安心してプリントしまくれる。

それにしても固定式のインクを見ると時代は進んだなあとつくづく思う。
昔はPCラックを揺らしながらジャギジャギの写真をプリントしたものだ…

EPSON EP-803A/AW
『第7回 信州・松本そば祭り』の歩行者天国で行われたライブに行ってきた。
10日と11日に行われたライブにはコスプレバンドからアルパ奏者など、
様々なジャンルのアーティストが多数出演して観光客の目を楽しませたが、
今回は当ブログでもお馴染みのさよと初めて拝見する桑山千穂をピックアップ♪

さよ たて
©az-tic life

川崎(?)に住みながらも生まれ故郷の信濃乃国で精力的に活動するさよ。
舞台女優を目指していただけあり表情の豊かさには驚かされるばかりで、
それが歌のリアリティを醸し出すのに一役買っているのかもしれない。
女性アーティストともなるとどうしても男性のファンが多くなりがちだが、
モデル顔負けのスレンダーな姿やファッションセンスも見逃せないポイント♪
『美少女図鑑』にでも掲載されれば女性のファンも増えるかもしれない。

さよ よこ
©az-tic life

歩行者天国を行き交う観光客は子供からお年寄りまで幅広い年齢層だが、
代表曲でもある『桜』は歌詞を大切にした無理のないメロディラインで、
ライブ終了後のCD販売では多くの方がCDを買い求める場面も見られた。
何らかのキッカケさえあれば大ヒットを飛ばせそうなアーティストなのだから、
ここは湯澤かよこにお願いして番組内でパワープレイしてもらうとしよう。

桑山千穂 たて
©az-tic life

2ヶ月前に信濃乃国のアーティストのサイトを辿って偶然知った桑山千穂。
松本ミュージックフェスティバルの時は松本城ステージに出演していたのだが、
他のアーティストと出演時間が重なったため今回が初めてのライブ参戦となった。
オフィシャルサイトを拝見するとバイクのレースに出ていたこともあったり、
味わい深い文字やイラストの『世界に1枚しかないハガキ』を書いていたりと、
様々な表現方法を持った才能豊かなアーティストであることが分かる。

桑山千穂 よこ
©az-tic life

ライブ終了後は3曲入りのCD『生きてこそ』にサインを書いて頂き、
最近知ったばかりだということや信濃乃国のアーティストのお話をした。
CDを聴いた感想はというとシンプルでストレートな歌詞が印象的で、
70年代のフォークソング(?)を思わせる絶妙なアレンジがかなりツボ♪
松本のミュージックコートHANAでライブを頻繁に行っているようで、
ゆっくりとアコースティックサウンドに浸るのも良いかもしれない。
ちなみに3曲入りのCD『生きてこそ』(500円)はライブ会場にて発売中!

うたうたいさよ
さよ my space
ちほねえの心の音
第7回 信州・松本そば祭り

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。
  桑山千穂さんは掲載許可を頂いておりますヽ(^-^ ) 多分…