安曇野発ケチケチファーマーズブログ
以前から金属板をキッチリと折り曲げるベンダーが欲しかったのだが、
家庭用のものでは曲げ幅が小さかったり懐が確保出来なかったり…
かと言って本格的な中古機では送料の方が高くなってしまうため、
ある程度の曲げ幅と懐を併せ持ったベンダーを完全自作することにした。
ネットで自作ベンダー、自作プレス、自作折り曲げ機などと調べると、
倍力装置にネジや油圧ジャッキ等を用いたものが出てくるのだが、
今回はメス型とオス型を平行に保ちやすいネジ2本式をチョイス♪

ベンダー 材料
©az-tic life

材料はトラクターのアタッチメントバー、鉄ブロック、鉄アングル、
鉄パイプ、鉄平棒、鉄丸棒、鉄板、寸切りボルト、高ナット、ボルト、
ナット、木の角材、木の丸棒、鉄部用油性塗料、ワッシャー等。
トラクターのアタッチメントバーは納屋の奥に転がっていたもので、
両端にあったロワーピンらしき突起はかなり以前に切り取った。
寸切りボルトと高ナットは超極太のM24をネット通販で取り寄せ、
倍力装置とセンターフレーム両方の役割を持たせることにした。

アッパーフレーム&ロアフレーム
©az-tic life

まずはアタッチメントバーに寸切りボルトが通る穴を開けた鉄ブロック、
鉄平棒、高ナット、鉄アングルを平行を出しながら慎重に溶接し、
メス型とオス型を取り付けるためのネジ穴を等間隔に開ける。
鉄ブロックに穴を開ける方法はホールソーを使うのが一番簡単だが、
予算の関係で細い穴を円状に並べてハンマーで叩き抜く方法に…
溶接も電源の容量から2mmの溶接棒を使いチマチマ肉盛りしたため、
パテで埋めたくなる程ボコボコで強度が出ているか心配だorz

メス型&オス型
©az-tic life

次に鉄アングルの角をグラインダーとヤスリで滑らかに面取りし、
逃げ付きのV溝状となるよう鉄平棒をサンドしてメス型を製作。
さらに鉄板を切り出して片側を同じくグラインダーとヤスリで尖らせ、
アッパーフレームとロアフレームに鉄板とメス型を仮留めして、
鉄板とメス型が一致する厚みの鉄平棒を噛ませてオス型を製作。
説明がややこしくなってしまったが最後の写真を見れば一目瞭然だ。

ハンドルアセンブリー
©az-tic life

次に鉄平棒と鉄丸棒を溶接した高ナットを寸切りボルトにねじ込み、
アッパーフレームを下から支えるために輪切りにした鉄パイプを溶接。
ハンドルをこのような形状にしたのは長尺材を縦にして曲げた場合、
90度ちょっとまで長尺材とハンドルが干渉しないようにするためだ。
最初の写真と比べて寸切りボルトや高ナットが微妙に錆びているのは、
分厚い鉄の塊に苦戦して数ヶ月経過している証拠だったりもする…

ベンダー 完成
©az-tic life

最後に各部品を鉄部用油性塗料でライトグリーンに塗って組み合わせ、
木の角材の台座と木の丸棒のハンドルグリップを付ければ完成。
買ったものと言えば鉄アングルと鉄板、寸切りボルト、高ナット、塗料、
ボルトやナットくらいで材料費は合計しても9,000円に達していない。
気になる詳細スペックは最大曲げ幅900mm、最大曲げ厚体力次第、
最大ストローク70mm、全長500mm、全幅900mm、全高700~770mm、
貫通幅510mm、懐30mmで家庭用と業務用の中間と言った感じか。

ベンダー 試し曲げ
©az-tic life

とりあえず幅350mm、厚さ0.4mmのステンレス板で試し曲げすると…
予想よりも軽い力であれよあれよと言う間にキッチリと曲がってくれた。
幅や厚みが増した場合は台座に足を乗せてベンダー全体を抑えたり、
ハンドルを片方ずつチマチマ回せばある程度まで対応出来そうだ。
メス型とオス型はボルトで簡単に着脱出来るようにしてあるため、
型の形状次第では曲げ代の小さい近接曲げや箱曲げも対応可能。
一眼レフのレンズ沼の如く型の形状沼にはまってしまいそうだ…

これまでに製作してきた道具の中では一番の完成度を誇るだけあり、
今後は宝の持ち腐れにならないようアートパーツの製作や農機具の修理、
あとは貸し出しでもして小遣い稼ぎにも大活躍してもらうとしよう。
スポンサーサイト
新しい田んぼ
©az-tic life

新しくお目見えした田んぼに真っ直ぐ植えられた稲の苗♪
これでも田植機を真っ直ぐ進めるのにはかなり苦労した…
ちなみに場所は今までの田んぼの隣で土質はほぼ同じ?

ウチの田んぼや今まで作業を受託していた田んぼは、
どこにどんな凹凸があるのか、ある程度把握しているものの、
初めて作業する田んぼでは突然現れる凹凸に戸惑ってしまう…
田んぼの底には岩石や残耕などで盛り上がった部分と、
枕地でタイヤがほじくって窪んだ部分とが存在するのだが、
それによって田植えの時に条が大きく曲がってしまうと、
稲刈りの時にデバイダーで株を割る原因になるのだ。

良くロータリーを深くしたまま荒くれをやる人を見かけるのだが、
それでは窪みにはまると新たな窪みをほじくる悪循環に…
枕地と隣接耕の境目辺りに後輪が差し掛かった時や、
深くなりがちな田んぼの尻近くで浅く設定するだけでも、
何年かすれば幾らか平らになり荒くれしやすくなってくる。
もちろん整地キャリアや運搬車などでムラ直ししたり、
オートロータリーや水平装置の付いたトラクターも効果的だ。

それにしても今年の苗はやや短めで水に沈みやすい。
まあ例年よりも青々としていて古苗っぽさはないのだが…
ホイールマーカー 材料
©az-tic life

『ポムコツ安曇野丸』のホイールマーカーを製作することにした。
材料はLEDマーカーランプ、ステンレス平棒、ステンレス板、
強力両面テープ、アルミアングル、ユニバーサル基板、平型端子等。
最初はドラムブレーキのカバーに取り付けたアルミアングルから、
ユニバーサル基板を介したステンレス板を伸ばす予定だったのだが、
後に電極の試行錯誤に悩まされるとは予想もしていなかった…

電極リング 切り出し
©az-tic life

まずは細長く切り出したステンレス板に緩やかな丸みを付け、
平型端子のメスが差し込めるよう2箇所に切込みを施す。
切り込みの位置はホイールの内側で現物合わせすることにより、
ホイールの穴から端子を抜き差ししやすい位置を割り出す。
ついでに平型端子をペンチで軽く潰してきつくなるように加工し、
付属のスリーブも現物合わせで余分な長さをカットしておく。

電極リング 貼り付け
©az-tic life

次にステンレス板を強力両面テープでホイールに貼るのだが、
両面テープは1枚だけ貼れば十分だろうと思ったのが甘かった…
端から貼り進めるうちにホイールのテーパーが影響したのか、
貼り終わる頃には端と端が全く合わなくなってしまったのだorz
しかも強力両面テープというからには簡単に張り直すことは出来ず、
力ずくで剥がしたステンレス板は見事にクシャクシャな状態…
結局一から作り直して両面テープは柔軟性のある3重貼りにした。

ホイールマーカー 取り付け
©az-tic life

何とかステンレス板をを張り終えたら次はマーカーステーの製作。
ステンレス平棒をセンターキャップにフィットするように曲げ、
平型端子をかしめたLEDマーカーランプを付ければすんなり完成♪
しかしステンレス板にステンレス板を当てる方法では磨耗が激しく、
数十km走行しただけで電極が破損する可能性が急浮上…
ユニバーサル基板を介したステンレス板の電極は急遽取りやめ、
小型のボールベアリングを使った方法に変更することにした。

電極ベアリング 取り付け
©az-tic life

まずはドラムブレーキのカバーに穴を開けてゴム板を取り付け、
そこから伸ばしたボルトの先端にボールベアリングを固定。
ゴム板は絶縁体としての働きと程良いクッション性を併せ持ち、
突貫ながらもシンプルイズベストで理にかなった電極が完成した。
ただステンレス板を当てる方法よりも埃の影響を受けやすく、
ステンレス板とベアリングの間に埃が挟まれると点滅してしまう…

ホイールマーカー 点灯
©az-tic life

ホイールマーカーを取り付けてから60kmほど走ったものの、
ステンレス板の磨耗やベアリングの焼き付きは今のところない。
しかしスピードが50km/hくらいになると左側だけ極端に減光し、
点灯しているかどうかすら分からないくらいの暗さになる…
可能性としてはジャッキアップ中にタイヤを手で回した時に、
右側より左側の方が引っ掛かりなくスムーズに回ったことから、
ハブのグリスの多さが通電のしにくさに関係しているのだろう。

ショップですらホイールマーカーの完成形を確立していないため、
今後も様子を見ながら自力で完成度を高めていくとしよう…

※良い子は真似しちゃいけませんw
今度こそは祝日の月曜日恒例『The Step』スタジオ生ラ~イブ♪
などと期待しながらFM長野まで自転車でギャラリーに行ってきた。
昼過ぎには気温が26度を超えていたため半袖で家を出てきたのだが、
日が傾くにつれてカメラを構えたままではいられないほど肌寒くなり、
湯澤かよこ本人からもスタジオ内からジェスチャーで心配して頂いた…

真剣そのもの
©az-tic life

しかし日の入りが遅くなってくると外の景色が反射して撮影が難しくなる。
3枚のガラスは別々の角度が付けられていて光を複雑に拡散させるのか、
ISO1600でもISO6400で撮影したかのようなザラつきになってしまう…
しかもギターが見える位置で撮影しようとすると外の景色しか写らず、
一番撮影しやすい真正面だと肝心のギターを弾く手元が隠れて見えない。
ちなみに湯澤かよこのギター弾き語りは以前の放送でもあったようだが、
普段は番組を最初から最後まで聴くのが難しいため聴き逃してしまった…
写真の出来はどうであれギター弾き語りを初めて拝めただけでも満足。

ほっとした瞬間
©az-tic life

今回は大型連休中の放送ということもありギャラリーは常に4人以上いて、
なんと中京方面(?)から電車で来られたと言うファン(?)の方もいた。
その方はクラブ系(?)アーティストとのツーショット写真を集めているのか、
分厚いフォトアルバムには数多くのアーティストの写真が載っていた…
さらに『ビッグしるこサンド』、『しるこサンドクラッカー』、『ぼんち揚』、
名古屋名物ういろう等のお土産まで持参していて凄い気合の入れ様だ。
最後にこどもの日にちなんで新聞紙の兜を湯澤かよこに被って頂き激写♪
ただ相当恥ずかしかったのか「どこにも載せないでください!」と必死で、
本当は載せたいところだが当ブログの存在も教えてしまったのでお預けだ。

さて、今回湯澤かよこ本人から直々に教えて頂いた情報によると、
次のリリースはシングルの予定で早ければ夏頃には出したいとのこと。
もし可能であればクラブユース向けにリミックスも収録して頂きたい♪

KAYOCO Yuzawa Official Blog
湯澤かよこ my space
FM長野

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。
快適キャビン♪
©az-tic life

本家が足の怪我で田んぼ作業が出来なくなってしまい、
怪我が治るまで畦塗りなどの作業を任されることになった…

ウチのトラクターで畦塗り機を使うのは負担が大きいため、
ニューホランド『F2200KLH(キャビン仕様)』を借りて作業開始♪
今年から大型特殊免許で公道を堂々と走れるようになり、
道行く人の視線を浴びる度にちょこっと優越感に浸れる(*´∀`)
冷たい風が吹いていたとしてもキャビンの中はポカポカで、
リアウィンドウだけ開けておけば作業機の状態も把握出来る。
変速は多段階ながらクラッチを踏まずに操作するタイプで、
馬鹿にしていたフィンガーシフトも何だか欲しくなってきた。
子供の頃から変わらない農業機械を見てわくわくする感覚…
それがあるからこそ機械農業がやめられないのだ。

ちなみに画像は曲がりくねった畦を塗り直している様子。
塗られていない畦で真っ直ぐ塗るには起こした跡を目安にするか、
右タイヤの延長線上に真っ直ぐの線をイメージすると良い。

日本ニューホランド