安曇野発ケチケチファーマーズブログ
黍・粟 播種
©az-tic life

先日製作したロール式播種機で黍と粟を播いた。

場所は親戚のリンゴ園の一角で広さは7畝ちょっと。
ウチには空いている田んぼや畑がなかったため、
こまめな除草を条件に使わせてもらうことになったのだ。
丁度リンゴの支柱があるため、鳥よけの糸を張ったり、
台風の時期には倒伏を防ぐ対策が出来そうだ。

ロール式播種機を実際に使用して判明した問題は、
種が静電気によって繰り出しロールに吸い付いたり、
覆土板に長くて繊維の強い草が引っかかったりと、
ほんの少しの改良で解決出来そうなものにとどまった。
それ以外の部分は満足の完成度でバリバリ機能。
農機具屋が見たら顔が青ざめるかもしれない。

次は収穫に向けて足踏み脱穀機を用意しよう。
調整は外部委託で経費削減の予定。

自作ロール式播種機
スポンサーサイト
某温泉旅館から出来れば雑穀も作ってほしいと頼まれ、
今年から本格的に黍と粟を作ってみることにした。
そのためにはロール式播種機が必要になってくるのだが、
市販の『クリーンシーダ』や『菜々子』は4万円前後もするうえ、
繰り出しロールも2,000円前後で種類に限りがあるため、
とりあえず家にある廃材を利用して完全自作することに…

ロール式播種機 材料
©az-tic life

材料は太い塩ビ管と細い塩ビ管、鉄平棒、鉄丸棒、鉄板、鉄パイプ、
『ビニペット』、除草剤の空容器、カセットスプロケット、チェーン、
なべこねじ、ナット、リベット、Rピン、ワッシャー、ラッカースプレー、
樹脂板、ステンレス板等で材料費は1,000円にも達していない。
ちなみに、『ビニペット』はCチャンネルよりも軽量で強度があり、
溶接以外の接合方法なら色々な用途に使えるマルチ素材だ。

ロール式播種機 各部品
©az-tic life

まずは太い塩ビ管を輪切りにし、鉄丸棒のスポークを組み込む。
次に鉄平棒をコの字に曲げたもの2つを2本の鉄平棒で接合し、
『ビニペット』のメインフレームを捻りが出ないように組み付け。
その他、カセットスプロケットを取り付けるためのフランジ、
繰り出しロール側のスプロケットと駆動軸、繰り出しロール、
除草剤の空容器で作ったホッパーとその取り付け金具、
ハンドル、マーカー、溝切り&覆土器を現物合わせで製作。

ロール式播種機 繰り出し装置
©az-tic life

ロール式播種機の要となる繰り出し装置は実に単純。
ホッパーの真下で窪みが施されたロールが回転し、
窪みに入った種が下向きになった時に落ちるというものだ。
ただ、種が一定量ずつ確実に落ちるようにするのは難しく、
窪みの面取りと磨き、ステンレス板によるガイドのテンション、
種の損傷を防ぐためのスポンジテープの厚さや長さ等、
細かい部分を調整しては何度もテストを繰り返した。

ロール式播種機 完成
©az-tic life

最後に全ての部品を計測・修正しながら組み立てれば終了。
試しに畑で転がすと、車輪や繰り出しロールの偏心もなければ、
チェーンの引っ掛かりや歯飛びもなくスムーズに転がってくれた。
適当な粒を使って覆土の厚さを測ると設計通りの2cmを確保。
発芽が可能な範囲で鳥につつかれにくい理想の深さだ。
改良の必要がある部分はチェーン引きの取り付け位置の変更、
マーカーがセンターで固定出来るようなクリップの追加、
それに左右の水平を保ちながら転がせるハンドル捌きくらいだ。

さて、意外と簡単に出来てしまったロール式播種機…
手押し型に続いてロータリー牽引型も作れそうな気が!?

※参考にしないで下さい。現在は玉葱と雑穀の直売は行っていません…
ツバメ
©az-tic life

トラクターの周りを勢い良く飛び交うツバメ。
泥や藁屑を拾い集めて巣の材料にでもするのか、
それともヒナに与える餌を獲っているのか、
とにかく凄いスピードで飛んでいるため良く見えない。

今年の代ごせは全ての田んぼで『ドライブハロー』を使用した。
これまで問題となっていた民家の庭先を通る狭い道は、
左側にコンクリート壁、右側になで肩状の側溝があるものの、
コンクリート壁に左端を軽く擦る程度で通ることが出来た。
ただし、ナマコ壁の向かいの木が折れたのは内緒だ…

RR55
©az-tic life

ウチの農機の中で最も長く使っている田植機。
最新機種よりも重心が後ろ寄りでウイリーしやすく、
旋回時は植え付け部の手動操作と片ブレーキが必要。
さらに変速も手動で、慣れない人は気が散ってしまう。
この日は水深が最大で5cm前後あったものの、
昨年装着した自作風車マーカーで簡単に植えられた。
高い場所も水に浸ってさえいれば泥は軟らかく、
『すこやかロータ』がなくても枕地の均平はスムーズだ。

微生物防除剤、プール育苗、最小株数…
何とか失敗せずに田植えに漕ぎつけて一安心だ。
あとは根がしっかり活着するのを待つのみ。

自作風車マーカー
オルタネーター 故障
©az-tic life

暑さも落ち着いた5月らしい涼しさの中、
受託分の田んぼを調子良く荒くれしていると、
プツンという音と共に計器盤の警告灯が点灯した。
エンジンは普通に回り続けているのだが、
念のためボンネットを開けて確認してみると…

オルタネーター プーリー
©az-tic life

何とオルタネーターのプーリーだけが回転せず、
ファンベルトがプーリーに激しく擦れているのだ。
特にキュルキュル音は出ていなかったのだが、
熱を持っていたため慌ててエンジンを停止。
するとモクモク煙が立ち昇り車輌火災寸前に…
無我夢中で田んぼの水をすくって何とか鎮火。

オルタネーター 裏側
©az-tic life

排気系に注意しながらオルタネーターの裏側を覗くと、
ベアリング周辺に真新しい金属粉が付着していた。
どうやらベアリングが焼き付いてしまったようだ。
しかし今の時期は2~3日も休むことは出来ないため、
今回は仕方なく農機具屋に修理を依頼することにした。
修理代がいくら掛かるか不安で眠れそうもない。

農機はクルマに比べるとフラットな使用環境のため、
本来ならクルマよりも故障が少ないはずだが…
メーカーには高耐久機種を作ってほしいものだ。
まだ5月なのに最高気温が32度を記録した…
突然の暑さにカラダが追いつかないのか、
驚くほど汗だくになることはなかった。

それより池や堰の藻が例年よりも多いような?
いつもなら木の葉で詰まる場所に藻が絡まっていたり、
田んぼに水を入れると藻で底が見えなくなったり…

あとは玉葱の軟腐病やべと病が一晩で発生したり、
馬鈴薯やカボチャがアブラムシの大群にやられたりと…
いつもの年に比べると防除に追われ気味だ。

最近騒がれているミツバチの大量消失も人事ではなく、
家で食べるイチゴは小さく歪な実しか生っていない…
親戚のリンゴ園も念のために人工授粉を行っている。

先が読めなくなってしまった自然はもはや不自然だ。
人間は何かを創るために何かを乱すのだから、
猿の頃から何のプラスも得ていないということだ。
地元の書店で宮川真衣とMAI&Double Fantasyのインストアライブが開かれた。
朝から雨が降り続いていたものの、会場は予想以上の賑わいを見せた。

宮川真衣 弾き語り
©az-tic life

宮川真衣は『大きな愛』や『ふたり』の収録曲の他、
CD未収録の『ショパン』や『W』等をギター弾き語りで披露。
観客が多くなると「毛穴まで撮る勢いで近づいてください♪」と言い、
お言葉に甘えて最前列から光学10倍で撮影してみた。
しかし、黒い背景と室内という悪条件から被写体ブレが連発…
結局は程々のズームで普通の写真を撮ることとなった。
次に買うデジタルカメラは室内撮影に強い機種を選ぶとしよう。

MAI&Double Fantasy
©az-tic life

MAI&Double Fantasyは信州新町出身の親子ユニットで、
平安堂主催の第10回ミュージシャンコンテストでグランプリを受賞。
宇多田ヒカルと千織を足して割ったようなハスキーボイスに、
キレのあるギターや打楽器が絶妙にマッチしているのが印象的だ。
全体的にスパイシーでピリリとした感じの楽曲が多く、
どちらかと言えば好みのジャンルに分類することが出来る。
トーク中に親子の間で交わされるボケとツッコミも面白く、
今後のライブやイベント等での活躍が楽しみだ。

MAI アップ
©az-tic life

リハーサル前に書店の入り口で鉢合わせになったMAI。
初めて見た瞬間、その不思議なオーラに圧倒されてしまった…
音楽活動が長いだけに歌っている時の表情はかなり魅力的だ。
CD即売&サイン会では名前となぜか住所まで尋ねられ、
 「○○○○○○○さんって言うんですか?」
 「いや、これで○○○って読むんですよ」
 「へえ~、素敵な名前ですね♪」
などと名前を褒めまくられ、
 「テレビで6時55分頃に流れてるので探してみてください♪」
 「実はもうそれ知ってるんですよ」
 「わ~!うれし~♪」
といった感じで緊張もせず意外と普通に話すことが出来た。
やはり女性は程々に可愛いのが良いのだ。

Rhythm直筆サイン&サイン色紙
©az-tic life

MAI&Double Fantasy直筆サイン入りのシングル『Rhythm』に加え、
宮川真衣とMAI&Double Fantasyそれぞれのサイン色紙もゲット。 
全てに名前が書かれているため見る度に照れてしまう…
『Rhythm』を聴いた感想はもちろんハイクオリティーでナ~イス!
次のシングルやアルバムのリリースが楽しみで仕方ない。

野菜も音楽も地産地消。今後も地元産を発掘しよう。

☆マイうた★
平安堂 MAI&Double Fantasy

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。
耳鼻科の帰り道、自転車で松本の街中を走っていると、
遠くに電気機関車が謎の車輌を牽引しているのが見えた。
その列車は篠ノ井線を下り方向へ走って行くため、
途中にある平瀬の待避線で停車するだろうと判断し、
何となく国道19号を平瀬方面へ走ってみることに…

209系in平瀬信号所
©az-tic life

平瀬に着くとドンピシャ、列車は待避線に停車していた。
改めて見ると謎の車輌は青いラインが入った209系電車だ。
武蔵野乃国に行った時は良く乗った電車だけあって、
まさか信濃乃国で出会えるとは夢にも思わなかった。
こんなチャンスは滅多にないためPHSのカメラで激写。
さらに電気機関車側も撮影しようとペダルを漕ぎ始めると、
列車は逃げるかのように同時に発車してしまった…
全力で漕いだものの追いつかず、撮れたのは後部だけだ。

家に帰って調べると、209系電車は故障が頻発するようになり、
東日本各地の車輌センターへ廃車回送されているとのこと。
今回の電気機関車による牽引もその内の一つだろうか。
それにしても最近の電車はチャチっぽい造りだ。
ペコペコのステンレス張りでパテ埋め修正が出来ない。
メンテナンスよりも新型に入れ替えるのが主流で、
古くて趣のある車輌がどんどん減ってきている。

重厚長寿から軽薄短命へ…味気ない世の中だ。