安曇野発ケチケチファーマーズブログ
トイレを大掃除しようとタンクを覗いたら衝撃的な事実が…
何とボールタップの不具合で水がオーバーフローから垂れ流し状態。
そう言われると、水道料金が7千円台から9千円台になっていたのだが、
大根や野沢菜を洗ったり、工事で堰の水が流れていなかったりと、
水の使用量が増えてもおかしくない状況に気にもしていなかった…
もちろん、チョロチョロ音を立てて流れていれば気付くのだが、
実際はスーッと音もなく流れているのだから何とも悔しい。

ボールタップ 交換前
©az-tic life

とりあえず元栓を閉め、ボロボロのボールタップを取り外した。
水が流れっぱなしになる原因はパッキンの劣化だろうと思い、
分解してパッキンを見てみた…しかし傷一つ入っていない。
では本体側を見ると…パッキンが触れる部分に小さな欠損を発見。
これなら傷をカバー出来るくらいに切削すれば修理は可能だが、
ウチには丁度良いエンドミル等がないため修理を断念…
早速ホームセンターへ行き、交換用のボールタップを購入。

ボールタップ 新旧
©az-tic life

上が古いボールタップ、下が新しいボールタップだ。
古い方はアダプターで手洗い付きタンクにも対応するタイプで、
メッキの表面は緑色の結晶が付着し、真鍮は茶色に錆びている。
新しい方はハイタンク用のシンプルで壊れにくそうな形状に、
手でリバーシブル出来るカポカポしたパッキンがお洒落だ。
ウチのタンクはワンピース型で手洗い付きではないため、
手洗い付きは関係ないと安いハイタンク用を購入したのだ。
しかし、そんな甘い判断から思いもよらぬ問題が発生。
画像でも解るように、フロート取り付け部の高さに違いが…
これでは止水位置が高くなり、オーバーフローから溢れてしまう。
フロートの軸はインチネジのため、ウチで加工するのは不可能。
長い軸を買えばオーバーフローパイプに干渉するのは確実。
となると最後の手段は軸をグニャっと曲げ加工…

ボールタップ 交換後
©az-tic life

新しいボールタップを取り付け、フロートを組み込んで終了。
結局、軸は下向きに15度曲げると止水出来ることが判明。
ラジオペンチで折れないように緩やかに曲げることが出来た。
止水位置はオーバーフローの縁から5~6mm下で落ち着き、
時間が経っても水位が変わらないことから、漏れは一切なさそうだ。

部品代が掛かっても水道料金が7千円台に戻れば完璧だ。
浮いたお金で何を買うか考えただけでも楽しくて仕方がない。
今後も老朽化によるロスがあれば直しまくるとしよう。
スポンサーサイト
World
©grand trax

YOSHIKAファン待望のニューアルバム『World』…

日記で生バンドと収録したと書いていたように、
アルバム全体の構成はアンプラグドで統一した感じだ。
曲のジャンルはしっとりと落ち着いたものが多い。
あまり知識がなくて上手く説明出来ないのだが、
シックなバーのステージで演奏される大人っぽい曲…
そう説明する方が何となく理解出来るだろう。
もちろん、これまで通りのややコテR&Bも収録され、
初期からのファンも満足出来る仕上がりとなっている。

一番驚いたのは歌詞に明らかな温もりが感じられること。
結婚や出産を経験すると女性はこんなにも変わる…
それを表現することが出来る力を持っているのだから、
YOSHIKAは本物のアーティストと呼ぶに相応しい存在だ。

YOSHIKA official web site
(※リンク元の動画は既に削除されています…)

以前、宮川真衣が『346Bar』に出演したことがあったのだが、
チャンネル設定のミスで録画に失敗してしまっていた…
恥ずかしいことにリアルタイムでも観ていなかったため、
デビューに至るまでのエピソードが謎のままだった。
しかし最近YouTubeにその『346Bar』がアップされたため、
前半から後半まで嬉し泣きしながら観まくることが出来た。
もちろん動画は保存し、暇があれば文字起こししている。

そんな宮川真衣の出演した『346Bar』をアップしておこう。
信濃乃国が生み出した癒し系アーティスト宮川真衣。
どんな曲を歌っているか、どんなキャラなのか、
これからファンになろうという方は必見の動画だ!


『346Bar』Vol.1 1/2


『346Bar』Vol.1 2/2


『346Bar』Vol.2 1/2


『346Bar』Vol.2 2/2

YouTubeリンク元
☆マイうた★
LSG2100
©az-tic life

通販では29,800円前後の『サイレント・シュレッダー LSG2100』。
それが地元のホームセンターで何とビックリ19,800円!
剪定枝の焼却は重労働で近所迷惑のため、何も考えず即購入。

当初は自作か家庭用の改造を予定していたのだが、
夏に古びた農機具と共に鉄屑も処分してしまったため、
プーリやベアリング等が手に入らなくなってしまったのだ。
そんな中、パワフルで処理能力の高い機種がこの値段…
購入した方が手間が省けるうえ、安全性も保障されるため、
長い目で見れはお買い得と言うことになるのだろう。
少なくとも自作機で指を持って行かれるよりはマシだ。

剪定枝 投入
©az-tic life

早速、剪定したまま放置しておいた様々な種類の枝を破砕。

カタカタ…ミシミシミシミシ…パラパラパラ…

枝の種類に関係なく、思ったよりも高速処理が可能だ。
直径が30mm前後の枝は刃の隙間を開けた調整で1回通し、
次に隙間をなくした調整で通すと少ない負荷で処理出来る。
ツルや竹等、繊維の強いものは隙間をなくすと完全に切れる。
細い枝も隙間の無い状態で束ねて通せば素早く処理出来る。
庭木を剪定する際には薪にする太い枝、30mm前後の枝、
それよりも細い枝に分け、向きも揃えれば効率が良さそうだ。

剪定枝 チップ
©az-tic life

松、竹、椿、カシ、イチイ、ブドウ、名前の知らない木…
これらのチップに米糠とボカシを加えれば堆肥になりそうだ。
見ての通り、そのまま出てきた細い枝は調整が悪い証拠。
空回りさせて刃がカッカッカッと当たる程度が良さそうだ。

さて、メンテナンスで蓋を開けたらギアケースがゴツイ造り。
改造してトラクターのPTOで回したくなりそうだが、
買って早々いきなり手を加えるのは勿体無いため、
今後のハードワークで壊れてから改造するとしよう。
その前に替え刃があるか問い合わせないと。