安曇野発ケチケチファーマーズブログ
地元の書店で開かれた宮川真衣のインストアライブに参戦した。

宮川真衣は信濃乃国を中心に活動するシンガーソングライターで、
FM長野のパーソナリティや、『まいるーむ』等のテレビ番組も担当している。

宮川真衣 アップ
©az-tic life

今回のライブはファーストミニアルバム『ふたり』や、
ニューシングル『大きな愛』の発売に合わせ、
信濃乃国各地で行われているインストアライブの一つだ。
以前にもアイシティ21や新星堂南松本店で行われたのだが、
都合が合わず、今回が初めてのインストアライブ参戦となった。
もちろん宮川真衣を間近で拝むのも初めてだったため、
かなり緊張しまくりで落ち着かないライブとなった…

宮川真衣 インストアライブ
©az-tic life

曲目は『ふたり』の収録曲や『大きな愛』等、5~6曲が披露された。
驚いたことに宮川真衣は手に怪我をされていたらしく、
父親が代わりにギターを弾く異例の事態となってしまった…
ファンにとってマイクを持ちながら歌う姿は新鮮に見えただろうが、
やはりギターの弾き語りを拝めなかったのは残念でならない。
しかし宮川真衣の歌唱力は下手な有名アーティストよりも高く、
CDを買う価値は十分にあることを確認することが出来た。

宮川真衣 ツーショット?
©az-tic life

ライブ終了後はアルバム・シングルの即売&サイン会だ。
とりあえず今回は入門用としてファーストミニアルバム『ふたり』を購入。
そのすぐ横で宮川真衣本人に直筆サインを書き込んでもらった。
さらに嬉しいことにツーショット写真も撮影可能と言うことで、
スタッフにお願いして宮川真衣とのツーショットも撮影してもらった。
この時かなり緊張していたのか、動きがギクシャクしていて、
スタッフに「ハハハ、大丈夫ですか?」と笑われてしまった…
まあ、これも良い思い出だ。

ふたり 直筆サイン
©nagano fm broadcasting co.ltd

肝心のファーストミニアルバム『ふたり』を聴いた感想はと言うと、
まったり、のほほーん、まいるど、優しい…とでも表現すべきか、
今まで聴いたことのないジャンルではあるのだが、
アレンジは思ったよりも厚みがあり、聴き応えは十分だ。
コテコテのクラブミュージックで疲れた耳の保養に最適だろう。

さて、ローカル放送で良く流れている曲は『大きな愛』のようだ。
また書店に行く機会があったら買っておこう。
今後も目が離せないアーティストが増えて大忙しだ。

☆マイうた★

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。
スポンサーサイト
ABC-A16(W)
©az-tic life

以前から欲しかった空気清浄機を購入。
機種は比較的安価なSANYO『ABC-A16(W)』だ。

能力は16畳と高く、カビやウイルスを抑制するフィルターを搭載。
センサーによる自動運転で埃を効果的に吸い込む等、
6畳の狭い部屋で使うには十二分過ぎるくらいの性能だ。

冬場は窓を閉め切ってストーブを使用するため、
どうしても埃で鼻や喉の調子が悪くなっていたのだが、
この空気清浄機があればそんな悩みも吹っ飛びそうだ。
もちろん一酸化炭素は吸着出来ないため、換気は必要だ。
長年の念願である鼻炎のレーザー手術を受けることが出来た。

小学校低学年の頃から鼻が常に詰まった状態となり、
週に1回は耳鼻科に通い、吸引や点鼻薬による治療を続けていた。
しかし、どの耳鼻科でもこれと言った効果が見られず、
遂にドクターショッピングの状態に陥ってしまったのだ。
だが5年生の時に高周波電流による手術を受ける機会があり、
患部の様子を見ながら合計3回の手術を行った。
手術の効果はまずまずで、暫くは快適な生活が続いた。

それから2~3年…鼻は再び詰まった状態となり、
『パブロン 点鼻』によるその場しのぎの処置が続くことに…
市販の薬には必ずと言って良いほど書いてある文句に、
『1ヶ月使用しても効果が見られない場合、医師又は薬剤師に相談する』、
『長期連用しない』とあるが、それらを完全に無視したためか、
薬が切れた時の患部のリバウンドは日に日に酷くなっていった。
1日の使用回数は当たり前のようにオーバーし、学校では睡魔に襲われ、
中学高校は人並みに学校生活を楽しむ余裕すらなかった。

昨年レーザー手術を受けられる耳鼻科をネットで発見し、
吸引と点鼻薬を受けながらレーザー手術の機会を伺っていたのだが、
医師の判断により、遂にレーザー手術を行えることになったのだ。
手術の時間は合計30分程度。麻酔に15分、レーザー照射に5分、
患部のクリーニング等で10分と言ったところだろうか。
麻酔はガーゼに惜しみなく染みているため、喉に流れると苦い。
それさえ我慢すればレーザーそのものの痛みは全く無い。
ただし匂いが凄いため、呼吸は口で吸って鼻で吐くのが良い。
手術後は鼻水の量が増えるため、内服薬を渡される。

とりあえずこれで薬に頼らない生活へと近付いた。
まだ多少の違和感はあるが、完治するのが今から楽しみだ♪