安曇野発ケチケチファーマーズブログ
採種用玉葱の選別・出荷は暑さとの戦いとなった。

今年の採種用玉葱は暖冬の影響から4割処分したのだが、
最終的な収量はネット袋で80袋、1800kg前後に達した。
そのため、青果用の選別を行う納屋には置き切れず、
仕方なくビニールハウスで選別を行ったのだ。
ビニールハウス内はブルーシートで日陰を作っているが、
日が当たったり風が吹かない時は軽く35℃を超える。
もちろん、長時間の作業に備えて水を用意しないといけない。
食事も塩辛いものを選んで熱中症対策は万全に行った。

選別
©az-tic life

採種用玉葱は種苗会社や採種農家が見分けやすいよう、
オスを緑(青)の袋、メスを赤の袋に入れる。
ウチはオスだけ請け負っているため、全て緑の袋だ。
腐敗や病気を取り除くのは青果用と同じだが、
採種用では縦型や扁平等の遺伝しそうなものも除去する。
サイズごとに選別したら袋に入れ、内札と外札を付けて終了。

荷造り
©az-tic life

苦労して育てた採種用玉葱がパッケージングされると、
満足感と共に寂しさが込み上げてくる。
この採種用玉葱が長い保管期間と冬を乗り越え、
優良な種を付けてくれることを期待しよう。
スポンサーサイト
追肥&らくまき
©az-tic life

稲の追肥は大変な作業であり、面白い作業でもある。

肥料満載の『らくまき』を背負って歩くのは正直キツイ。
説明書通りに使っても均一に散布するのは難しく、
最初の頃は田んぼの色がムラだらけになったものだ。
それが今ではほぼ均一に散布出来るようになり、
田んぼが同じ濃さの緑で覆われた時は気分がいい。
まるでエアブラシで均一に色を塗る感覚だ。

さて、去年エキゾーストの段付きを削った『らくまき』だが、
今年もなぜかエンジンが掛かりにくかった。
そこでカセットボンベを吸わせたら一発で始動出来た。
闇雲にスターターを引くよりもプラグが濡れにくく、
ガソリンの節約とエンジンの保護で一石二鳥だ。

※カセットボンベは長時間吸わせないで下さい…
ホタルイ
©az-tic life

田んぼに群生するホタルイを抜き取った。

去年まではポツポツ点在する程度だったが、
今年は水口近くに幅4m、長さ10m程の広さで群生している。
除草剤の使用時期はとっくに過ぎているため、
手作業で抜き取っては足跡に押し込んで処分するのだ。

それにしても、ホタルイが増えた原因は何だろうか?
ウチは抵抗性ホタルイ対応の除草剤を1回のみ散布する。
たとえ除草剤の成分が水で流されたとしても、
群生する範囲は水口を中心とした扇形か、
条と平行の細長い形状となるはずだ。
しかし実際には田植えの枕地に近い縦の条に直角で、
枕地は群生どころか点在する本数も少ない状態だ。
となると、この差の原因は田植えのえぶり押しか代ごせ、
もしくは外周植えで踏まれた苗から有機酸が発生!?

いずれにせよ、ホタルイを抑えるためにも、
耕起や代ごせの方法を変えてみる必要がありそうだ。
代ごせはしっかり混ぜると良いと言う人もいれば、
ペタペタ泥を叩く程度が良いと言う人もいる。
藁や草がすき込まれるかそうでないかでも変わるらしい。
まあ、とにかく稲作は奥が深いということだ。
デコチャリ野郎
©ace deuce entertainment

アートチャリ界に衝撃的なニュースが飛び込んで来た。
なんとアートチャリのDVD『デコチャリ野郎』が発売されるのだ。

真面目なアートチャリオーナーならDVDがどんな内容なのか、
マル走仕様の通称『珍チャリ』と混同されていないかなど、
余計な心配をしてしまいそうだが、ジャケ写のデザイン、
商品内容の説明からするとあまり心配はなさそうだ。

出演車両は『勇太郎丸』『なな丸』『大潮丸』『翔龍丸』等となっているが、
やはり一番の見所はジャケ写の右下に写っている『金寿閣』だろう。
『金寿閣』はテレビ東京の『竹山先生』で驚愕のナイトを披露し、
全国のアートチャリオーナーに多大な影響を与えた名車だ。

ちなみに、アートチャリとデコチャリの違いを述べると、
アートチャリはアンドンやマーカーを仕込んだ鏡面パーツや、
大型パーツを中心に、全体のバランスを考慮した自転車。
デコチャリはマーカーやアンドンを並べたり直付けし、
レリーフ等のレトロパーツでコテコテに飾った自転車だ。
ジャケ写では上の左から2番目が70~80年代の元祖デコチャリ、
『金寿閣』が90年代後半から見られるパンチングアート、
上の右2台や左下がスタンダードなモダンアートに分類される。
ただ、現在では様々なアート手法が存在するためか、
全てまとめてデコチャリと呼ぶことが多い。

さて、このDVDは倉木のライブDVDと一緒に予約しよう。
そして『安曇野丸』は教材として保存に努めよう。

Amazon.co.jp:デコチャリ野郎
面倒臭いと言うわけではない。
単に忙しいだけである。

mai-k admire side
http://www.geocities.jp/hcdjk655/index.html
倉木麻衣の壁紙専門サイト。
最近は更新されていないが、現存していて一安心…

いまきらく別館
http://osaka.cool.ne.jp/imakiraku/index.html
こちらも倉木の壁紙専門ページ。
本館がリニューアルしたようなので今後も期待。

Being Bigbang Project
http://cham.ne.jp/bbp/index.html
ビーイングの基本情報を網羅したサイト。
アーティストやリリース作品のリストは圧巻!

Remix Express
http://sound.jp/remix/remix_menu.htm
GIZAやavexを中心としたリミックスレビューサイト。
感想は単純だがイメージは何となく掴めそうだ。

キラリこれが農家のアイデア
http://www.nosai.or.jp/ideakira.htm
メカニックファーマーにはかなりツボ。
自作ブームスプレーヤーはいつか作ってみたい。

国土情報ウェブマッピングシステム(試作版)
http://nlftp.mlit.go.jp/WebGIS/
ウェブマッピングよりはカラー空中写真がお勧め。
グーグルマップではカバーしていない田舎も鮮明だ。
ただし、撮影時期が昭和50年前後のため要注意!

軽トラック研究会
http://www.hinanet.ne.jp/~k-truck/
軽トラユーザー御用達のサイト。
ポムコツ安曇野丸を乗り続けるキッカケとなった。

※不都合があれば削除致します…