安曇野発ケチケチファーマーズブログ
先週の差切峡探索では完全に落葉して見通しが良かったことや、
スズメバチやマムシ等に遭遇する危険も少なかったことから、
低山を歩き回るには今の時期が最適だなと改めて実感…
と言うことで今週も山奥の気になる場所へ行ってみることに♪

今回は信州新町の山奥にある規模の大きな砂防ダムにロックオン!
ネット検索してもコレといった情報が出てこないため、
ダムの名称や竣工年といった詳しいスペックを知りたければ、
直接現地に行ってこの目で確かめる以外に方法はない。
何よりダムへと通じる1.2kmの林道は何年も管理されていないようで、
ダムよりも廃道を歩くことの方が楽しみだったりする(*´∀`)

林道入口
©az-tic life

国道19号線から外れて県道393号小島信州木崎線を進み、
岩本集落を過ぎるとすぐに林道の入り口が見えてきた。
2012年に撮影されたストリートビューの画像では道が開けていたが、
現在では笹藪に覆われていてクルマで入る気にはならない…
しかしぬかるんだ場所に深い轍が残されていることから、
ダムの管理や狩猟等で走破性の高い4駆が出入りしているのだろう。
林道の脇には砂防指定地の看板と標柱が立てられていて、
それによると砂防ダムがある沢の名は『篠川(沢)』と呼ぶようだ。

法面崩落
©az-tic life

笹藪を掻き分けながら進むと林道はすぐにススキの藪へと姿を変えた。
良く見るとススキの穂が切れていたり低木の枝が折れていたりと、
多少の傷もお構いなしに4駆が入ってきていることが伺える。
しかし最初の法面が崩落している地点を過ぎると轍は遂に姿を消し、
手入れの行き届かなくなった未舗装の路面は大雨により浸食されたのか、
深さ50cm前後の痛々しい凹凸があちらこちらに刻まれていた…

アスファルト
©az-tic life

奥へ進むにつれて朽ち果てる一方かと思われたこの林道だが、
ダムまで残り600mというところで突如アスファルトの路面が現れた…
雨で浸食される心配のない丈夫な路面は雨で洗われたのか、
端を除けば現役の道路かと思うくらいに堆積物が少ない。
そんなアスファルトの路面も少し進むと再び未舗装の路面に戻った。

ガードレール
©az-tic life

ダムまで残り200mの地点で支流から回り込むように切通しを抜けると、
林道の勾配が増すと同時に転落防止用のガードレールが現れた。
さらにダムまで残り100mになると再びアスファルトの路面に変わるのだが、
2車線はあろうかという広い道幅が確保されていて驚いた(゚Д゚;)
単にダム建設時の資材や車両の置き場所だった可能性もあるが…
そして最後のカーブを曲がりススキの藪を掻き分けるとそれはあった!

ダム到着
©az-tic life



((((o゚▽゚)oわ~お!



ダム裏側
©az-tic life

規模の割にネットで検索してもコレといった情報がなかった砂防ダム♪
スタンダードな形状に1本のスリットが半分の高さまで入れられ、
普段から水を湛えながらも土石流はしっかりと受け止める構造になっている。
やはり規模が大きいだけにキャットウォークやフェンスが備えられ、
左岸側にはソーラーパネルと観測機器のようなものが設置されている。

石碑等
©az-tic life

ススキの藪に埋もれるように看板、石碑、定礎がまとめて設置され、
それによるとダムの名は『篠沢砂防堰堤』または『篠沢砂防ダム』と呼ぶようだ。
書かれていた内容を分かりやすくまとめると下記の通り↓

 平成11年度 荒廃砂防工事 篠沢砂防ダム
 高さ30m 長さ96.5m 貯砂量721.000㎥(点とカンマの誤り?)
 着工平成元年8月 竣工平成11年10月 
 長野県土木部 土尻川砂防事務所
 篠沢ダム建設促進期成同盟会会長 信州新町長 中村○

砂防ダムの工事に10年もの歳月が掛けられているとは驚き(゚Д゚;)
単純に考えればダム本体よりも先に1.2kmの林道を開通させる必要があり、
その工事も含めた期間が書かれているだけなのかもしれない…

上流側
©az-tic life

地図を見る限りダムの上流側に600mほど林道が続いているようだが、
未舗装で2~3m先も見えないような激藪が続いていることから探索を断念orz
昭和40~50年代の航空写真ではコレといった人工物が見当たらず、
ダムに沈んだ旧道や何らかの遺構が残されている可能性は極めて低い…
長野市の西山地域と呼ばれる山間部で集落がある場所と言えば、
小さな盆地や日当たりの良い尾根が真っ先に思い浮かぶが、
狭く急峻な篠川(沢)の谷は人が暮らすのには不向きだったのだろう。

桜
©az-tic life

それでも何か残されているものはないか辺りを見回していると、
2車線分の道に沿って桜が植えられていることに気付いた。
これはダムが完成した時に記念として植えられたのかもしれないが、
林道が朽ちてしまった今では気軽に見に来ることは出来ない…
そもそも土砂災害を防ぐために建設されたダムなのに、
一緒に作られた林道が新たな浸食を生み出すとは皮肉な結果だ(´・ω・`)

家に帰ってから『篠沢砂防堰堤』や『篠沢砂防ダム』でネット検索すると、
写真付きのPDFファイルが2件だけ引っ掛かった↓

 第59期事業報告書 - 鉄建建設株式会社
 土尻川砂防事務所管内における高さ15m以上の砂防堰堤

写真の緑鮮やかな木々に囲まれたダムは眩しく輝いていて、
今回見てきた寂しさ漂う冬の景色とはまるで別世界…
時間があれば桜が咲いている季節に再訪してみたいものだ(*´∀`)
スポンサーサイト
地元の新聞で県道55号大町麻績インター千曲線の差切峡で落石があり、
千尋橋の欄干が破壊され通行止めという記事を目にしたのだが、
どの程度破壊されているのか気になり見に行くことに…

バリケード
©az-tic life

差切峡の東側には温泉旅館などがあるため西側からアクセスすると、
西側に位置する重集落の外れから通行止めになっていたが、
幸いなことに歩行者と二輪車は通行可能となっていた。
とりあえず道路脇にクルマを止めて徒歩で千尋橋を目指す…

冷沢橋
©az-tic life

すると3号隧道を潜った先にある冷沢橋の袂に何やら赤い車両が!?
良く見ると筑北村消防団の消防車がポツンと停まっていた…
荷台の装備品にシルバーシートが掛けられているところからすると、
暫くの間この場所に停めたまま動かしていないようだ。
考えられる理由は山清路橋に2t制限が掛かっているため、
麻績消防署は生坂村の一部も管轄に入れている可能性があり、
今回の通行止めを受けて消防団を生坂側に待機させているのだろう。

そんな消防車が発する強烈な存在感を背中に感じながら、
何か新たな発見はないものかと冷沢橋の下を身を乗り出して覗き込むと、
昨年の秋には気付かなかった驚くべきものを見つけてしまった…

旧冷沢橋?
©az-tic life


なんと橋の下に橋が落ちている(゚Д゚;)


これは廃道サイト『山さ行がねが』にも載っていなかった新事実…
残骸を見ただけではこの橋に何が起こったのか分らないが、
過去に3号隧道の上にそびえる巨岩の一部が崩れ落ちてきたのか、
それとも架け替えの際に取り壊したまま放置されたのか、
とても気になるためヨッキ氏に追加調査をして頂きたいものだ。

千尋橋
©az-tic life

すっかり脱線してしまったが少し歩くと目的の千尋橋に到着。
橋の真横にある岩がおよそ縦3m、横2mに渡って剥がれ落ちた跡があり、
谷の中に落ちたとみられる岩が幾つかに割れて横たわっていた…
欄干が少々破壊されているとはいえ橋桁に大きなダメージは見られないため、
今後は落石防止ネットを設置する程度で通行再開になるかもしれない。


 追記(平成28年12月27日時点):

 橋桁下部に複数の亀裂が見つかり全面通行止めとなった模様orz
 下記リンク先に規制期間と損傷写真が掲載されているため、
 お出かけの際はこまめにチェックしていただきたい↓

 交通規制情報/松本建設事務所 - 長野県

廃林道橋台
©az-tic life

この後『ドの渕』と『大滝八たん』を見物しクルマに戻ろうかと思ったが、
もうひとつ気になるものがあることを思い出し見ていくことに。
その気になるものとは冷沢橋の架かる被岸沢の上流へと続く廃林道だ…
『山さ行がねが』では深追いしなかったと綴られているが、
そもそもなぜ植林に向かない急峻な谷に林道が続いているのか、
地形図や衛星写真を見ながら何となく疑問に感じていた。

セブンアップ
©az-tic life

日没までの時間は長くはなかったが下見程度のつもりでいざ潜入!
コンクリートの橋台を見上げながら被岸沢の右岸へ渡ると、
足を踏み出す度に地面がザクザクとおかしな音を発している…
チラッとガラスのようなゴミが見えたため落ち葉を搔き分けてみると、
『セブンアップ』なるレトロな飲料のガラス瓶が出てきた。
まだ地中に埋まっているであろうゴミの量や場所から考えると、
廃林道の橋が現役だった時代にクルマで持ち込まれた可能性がある…

廃林道石垣
©az-tic life

被岸沢に沿って作られた廃林道は1車線分の幅しかないが、
谷側の擁壁は思わず見とれてしまうほど丁寧な石積みで作られていた…
路盤の上には山側から流れ込んだ土砂と落ち葉が分厚く積もり、
舗装されているかどうかはスコップで掘らなければ確かめられない。

コーヒー
©az-tic life

路盤が完全に埋もれていたり笹藪になっている場所はあるが、
狩猟やキノコ採りの目的で人の出入りは多少あるらしく、
サントリー『BOSS』といった比較的新しい年代の空き缶はもちろん、
ラベルに対し底に外れる蓋が付いている懐かしい空き缶など、
現代から20年以上前の様々な空き缶が転がっていることにも驚いた…

路盤流失
©az-tic life

そんなレトロなお宝がザクザク眠る廃林道を700~800mほど歩くと、
路盤に開いた深い穴に阻まれ先に進めなくなってしまった…
アンバランスな擁壁に積もった落ち葉には踏み跡が微かに残されているが、
万が一崩落すれば痛いでは済まされないため引き返すことにorz

リベンジあるのみ!
©az-tic life

消防車が待つ冷沢橋まで戻ると辺りはすっかり薄暗くなっていた。
家に帰ってから改めてこの廃林道について調べてみると、
昭和40~50年代の航空写真には比較的クッキリと写っている♪
しかし区境が十字になっている場所より北側に道らしきものは見当たらず、
被岸沢の上流にある南小松尾集落まで通じているかは不明…
これは暖かくなってから本格的な登山の装備でリベンジするとしよう!
愛用のザックはモンベル キトラパック30(リーググリーン)で、
日帰りや1泊2日の小屋泊には何とか事足りている…
しかし常念岳~蝶ヶ岳縦走の時は調理道具やシュラフでパンク寸前となり、
もし自力でテントを担ぎ上げるとなれば大型のザックが必要にorz

そこで数ある大型のザックから3種類ほど候補を選び、
実際の背負い心地やデザインを確かめてから購入することにした…
候補に挙がったのはドイター エアコンタクト65+10、
オスプレー アトモスAG65 、ノースフェイス テラ65 の3種類♪
ドイターは65+10=75リットル相当と大きめで、
腰のベルトが硬く細身の体型に合わないように感じたorz
オスプレーは無重力を謳うだけあり背中や腰のフィット感は抜群!
しかし緑一色でうずくまるカエルのようなデザインが好みではないためボツ…
ノースフェイスは地元に取り扱っているショップがなく、
背負い心地や色合いを確かめられないままになっていた(´・ω・`)

そんな時に松川まで買い物に行く用事があり、
どうせならと白馬にあるノースフェイスのショップまで足を伸ばすことに♪
白馬はここ1~2年の間にアウトドアショップが相次いで出店し、
駅前通りだけでも好日山荘、モンベル、ノースフェイス、パタゴミアと、
全国規模のチェーン店やメーカーの直営店が軒を並べる(゚Д゚;)
とりあえず他は見向きもせずノースフェイスへGO!

テラ65
©az-tic life


そして購入(゚∀゚)


THE NORTH FACE TERRA 65(SIZE:LXL COLOR:SG)税込27,000円(^_^;)
ネット通販ならもっと安く手に入れることは出来るのだが、
ザックも靴と同じでフィッティングを誤ればカラダへのダメージが大きく、
店員さんから丁寧なアドバイスを受けながら選ぶことが大切だ…
もちろん空の状態と荷物が入っている状態では背負い心地が違うため、
2~3人用のテントを3つ入れた状態で鏡を見ながら何度もチェック!

テラ65&キトラパック30
©az-tic life

家に帰ってからモンベル キトラパック30(リーググリーン)と比べてみた♪
ノースフェイス テラ65を最初に見た時は小さく感じたが、
比べてみると奥行きがあるため容量はカタログ値通りありそうだ…
また銀マット等を括り付ける輪も的確に配置されているため、
エアマットは穴が開いたらどうなるんだろうと言う心配性にもピッタリw
今後は日帰りにキトラパック30、1泊以上にテラ65を使い、
服や靴は無駄に高くなく日本人の体型に合ったモンベルを使い続けよう…

早速どこかへ登りたい気分だが微妙に風邪を引いているため、
テラ65が活躍するのは来シーズンからとなりそうだ(o_ _)o

THE NORTH FACE
モンベル レインウェア他
©az-tic life

安曇野農業経営者の会が主催する大滝山整備登山に参加するため、
装備の一部を更新したり新たに追加購入することにした。

そして買ってきたのがこちらの6点♪
レインサンダージャケット(ウルトラマリン)、レインサンダーパンツ(ブラック)、
ワイドブリムハット(ブラック)、アジャスタブルボトルホルダー(ブラック)、
その他クリアボトル0.75L(ガンメタル)、山と高原地図37(槍ヶ岳・穂高岳)、
合計はポイント利用で32,706円(゚∀゚;)

これまで使ってきたレインウェアは上下オレンジのため、
季節によってはは周囲の草木と区別がつかなくなる恐れがある…
今回は判別しやすい青と締りのある黒でコーディネートし、
少し拘ってゴアテックスを採用しながら一番安価なモデルをチョイス♪
それに合わせて帽子もスタイリッシュなものに(´∀`*)
アジャスタブルボトルホルダーは様々なサイズのボトルに対応し、
ザックのショルダーハーネスに取り付けることで水分補給が楽に行える。

新しい装備は徐々に好みのスタイルへと近づいてきたが、
古い装備は農作業に使うかリンゴ園の兄さんにあげるとしよう。

モンベル
岩殿寺
©az-tic life

今年最初の登山は生坂村と筑北村にまたがる岩殿山へ♪
三角点のあるピークでも標高は1007.5mと低めだが、
古くから信仰の対象とされてきただけに歴史を感じられそうだ(*´∀`)

岩殿寺口
©az-tic life

今回は岩殿寺口から三社権現と三角点のあるピークを目指し、
別所方面へと下山する5時間ほどのルートを辿る。
まずは岩殿寺近くの橋を渡った先の舗装路を登っていく。

草ヒロ発見!
©az-tic life

舗装路はやがて雪がうっすらと積もる林道になり、
その途中には今にも竹林に飲み込まれてしまいそうな廃車や、
水量の割に意外と大きなダム湖があったりする。

学文行者墓地
©az-tic life

登山道に入ると大きな岩が鎮座する九頭竜社跡や雷神社跡、
7世紀に岩殿山を開山した学文という行者の墓があり、
他の里山とは一味違う独特な雰囲気が漂う。

三社権現
©az-tic life

そして岩殿山で一番の見所である三社権現に到着♪
思わず見上げてしまう大きくえぐられた巨大な岩はまさに圧巻!
初詣も兼ねて五穀豊穣と登山の安全をお願いした(-人-)

岩登り
©az-tic life

三社権現の右側からロープを伝い岩場に登る。
狭い隙間を通るためザックは三社権現の前に置いてきたが、
人様の物を持って行く罰当たりな奴はそもそも山に登らないだろう。

岩場より北アルプスを望む
©az-tic life

岩場の上からは見事に晴れ渡った冬の北アルプスが♪
ここから北へ200mほど進んだ場所には標高979mのピークがあるのだが、
見るからに険しそうな岩場が続いていたため引き返すことに…

稜線より京ヶ倉・大城を望む
©az-tic life

三社権現に戻り稜線を進むと岩に刻まれた階段や天狗岩があり、
振り返ると標高979mのピークに隠れていた京ヶ倉・大城がちょこっと見えた。
砂岩の尾根には所々礫岩が挟まれていて地質の変化も楽しめる。

分岐
©az-tic life

分岐に来たところで登山を趣味とする同級生が腹痛を訴え、
仕方なく三角点のあるピークは一人で行くことにした。
この時はまだ分岐から三角点までの想像を超える険しさを知らない。

※体重を掛けてはいけませんw
©az-tic life

平坦な尾根道は徐々にテクニカルな岩尾根となり、
急斜面に生えている細く小さな木を頼りによじ登るなど、
僅かな目印がある以外ほぼ未整備と言っても良いくらいの状況…

三角点
©az-tic life

そんな道なき道を進んでいるといきなり三角点に到着(゜д゜)
地元では三社権現とその北にある標高979mのピークが信仰の対象で、
三角点のあるピークは何もなくひっそりとしている…

眺望は見ての通り
©az-tic life

三角点のあるピークは木々に覆われ眺望はあまり良くない。
どうしても山頂を目指したければ苦労して登る価値はあるかもしれないが、
気軽に里山を楽しむのであれば三社権現のみをおすすめする。

尾根道
©az-tic life

分岐に戻ると別所方面へ向けてなだらかな尾根道を進む。
三角点までの登山道より歩きやすく油断したのか、
落ち葉で豪快に足を滑らせ漫画のようにブッ飛んでしまった。

廃村
©az-tic life

別所口の林道へ出る手前には朽ち果てた廃屋がいくつもある。
腹痛で早く下山したい同級生は近道である消防詰所口のルートを選択し、
そちらにもレトロな家財道具が散乱した廃屋があったようだ。

別所口
©az-tic life

どうにか予定通りの5時間で別所口に無事下山(;´Д`A
ここから北へ300mほど行った場所にある消防詰所口で同級生と合流した。
2車線の舗装路をのんびり歩くこと20分で岩殿寺に到着♪

新年早々トラブル続きの登山となってしまったが、
次は大天井岳を目指すか、徳本峠を越えて上高地に行くか、
それとも鉢盛山に登るか…頭の中は新たな登山計画でいっぱいだw