安曇野発ケチケチファーマーズブログ
湖楽園キャンプ場
©az-tic life

長い上り坂で疲れたのか、意外とぐっすり眠ることが出来た。
朝日に輝く野尻湖を眺めてから出発。

妙高山と黒姫山
©az-tic life

黒姫山と飯縄山
©az-tic life

前日は曇って見えなかった山がクッキリ(・∀・)
右から妙高山、黒姫山、それに飯縄山♪
機会があれば全ての山が見渡せる場所に行きたいものだ。

下る!
©az-tic life

長い上り坂の次は長い下り坂。
苦労して溜め込んだ位置エネルギーを一気に解放する。
国道18号長野大橋で犀川を渡り、国道19号長野南バイパスへ…
市街地よりも流れが良くスイスイ♪

久米路峡入口
©az-tic life

国道19号でも時間が許す限り旧道探索♪
久米路の旧道では以前から気になっていたものが…

久米路第2河川トンネル
©az-tic life

それは久米路第2河川トンネル工事。
久米路峡は川幅が狭く、信州新町は度々水害に悩まされてきた。
そんな久米路峡に2本目の河川トンネルが貫通したのだ。

信州新町♪
©az-tic life

いつもクルマで通る信州新町も自転車で通ると新鮮に感じる(*´∀`)
信州新町の市街地を抜け、お食事処ひはらで昼食♪
なぜかテーブルに置いてある信濃毎日新聞が懐かしく思えたw

山清路 旧道
©az-tic life

山清路の旧道は二重のバリケードで厳重に閉鎖されていた…
国道19号が犀川の谷に入ってすぐの旧犬戻トンネルに至っては、
二重のバリケードと隙間のないフェンスで完全封鎖され、
入って観賞することが出来なくなってしまったorz

生坂村 旧道
©az-tic life

生坂トンネルは通らず、あえて旧道を行ってみる♪
十数年振りに通った生坂村のメインストリート。
すれ違ったクルマの数は片手でも数えられるくらい…

安曇野市入り
©az-tic life



安曇野市キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!




無事帰還!
©az-tic life

3年振りのキャンプツーリングは2泊3日と短めながら、
色んな出会いがあり、見所満載の道があり、
リフレッシュも出来て充実したものとなった♪
道中お世話になった皆様、ありがとうございましたm(_ _)m 


走行距離118.6km
全走行距離319.8km
スポンサーサイト
能生の夜明け
©az-tic life

チャリダーの朝は早い。5時に起きて6時出発…
3人組の学生チャリダーとはここでお別れ(´・ω・`)
あえて連絡先を交換しないのも旅の良いところ。

丹原休憩所
©az-tic life

トンネルコレクション再開♪まずは百川トンネル、大抜トンネル、
丹原休憩所横のアーチはロックシェッドだろうか?
この他にも見慣れた四角形のロックシェッドが存在する。
乳母岳トンネル、青木坂トンネル、長浜トンネル…

久比岐自転車歩行者道出口
©az-tic life

そして短いようで長かった久比岐自転車歩行者道が終了♪
この自転車道では3人組の学生チャリダーに会い、
さらにサイドバッグ2つの軽装チャリダーともすれ違った。
これまでツーリングで走ってきた道の中でもチャリダー密度は一番だ。

しばし休憩♪
©az-tic life

内陸へ向かう前に適当な砂浜に出てみた。
河口が近いのか3年振りの海はしょっぱくなかった…
それにしてもゴミが多いな(´・ω・`)

関川河口
©az-tic life

地味ながら関川河口横の駐車場で完全自走による最北端記録を更新。
そして妙高市に入って間もない場所にあるローソンでかき氷を食べていると、
近くの家のおばさんが冷たい麦茶と新鮮なトマトやきゅうりをご馳走してくれた♪
何でもその家の娘さんがヒッチハイクや原付で旅をしたことがあり、
色んな人に親切にしてもらった恩返しだとか…ありがとうございますm(_ _)m
国道18号に合流。日替わり定食500円の文字に誘われ、めしやうりぼぅで昼食♪
豚バラしょうが焼き定食の500円とは思えないボリュームに驚き(゚Д゚)ウマー

地味な上り…
©az-tic life

妙高市新井から野尻湖までの20kmで標高は一気に600メートルも上がる…
ギアは前後共に1速で漕いでも漕いでも進まないw
上り坂で汗だくになり妙高温泉の大湯(250円)へ直行(;´Д`A

長野県入り
©az-tic life



長野県キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!




野尻湖
©az-tic life

この日の目的地である野尻湖に到着♪
地図を見ると湖畔にはいくつもキャンプ場があるようだが、
坂を上らずに行ける湖楽園キャンプ場(1000円)で泊まることに(・∀・)
またもやコンビニで買ってきた弁当になってしまったw
キャンプ場の隣にあるログハウスではゼミの合宿なのか、
応援ソング的な歌が響き渡り賑やかな夜となった…

走行距離77.8km
準備万端!
©az-tic life

前日に国道147号を北上する徒歩ダーを目撃したことで、
燻っていたチャリダー魂に火がついてしまった(゚∀゚)
そんな単純な理由から3年振りのキャンプツーリングに出発♪
しかし出発して1時間も経たないうちに徒歩ダーに追いついてしまい、
「どこから来たんですか?」と言われたら困るだろうと思い、
先を急いでいるフリをして何も話し掛けずにスルーorz

青木湖
©az-tic life

今回のツーリングの楽しみのひとつに国道148号の旧道がある。
新しい道より交通量が少なくのんびり走れるだけでなく、
小さい頃にクルマで通った道がどんなものだっのか振り返ることが出来る。
木崎湖、中綱湖、青木湖の旧道は交通量もそこそこあり普通…

のんびり走行♪
©az-tic life

そして下里瀬の交差点から本格的な旧道探索を開始!
いかにも旧道といった感じの狭いロックシェッドは涼しく快適♪

外沢トンネル
©az-tic life

リフレッシュ工事でピカピカになった姫川橋を渡って現道に戻る。
国道148号最大の難所である外沢トンネルは側溝のグレーチングが朽ち果て、
地下水に運ばれた砂が堆積していて危険極まりない状況(((;゜Д゜)))
鼻の穴を真っ黒にしながらトンネルを抜けて道の駅小谷で昼食♪
そして塩坂トンネルの旧道に続いて現れた湯原トンネルの旧道の先には…

旧国界橋
©az-tic life

十数年振りに見る旧国界橋からの壮大な景色が♪
眼下に見える新国界橋の横には蒲原沢土石流災害の慰霊碑がある。

新潟県入り
©az-tic life

旧道ともなると県境を示す標識は草木に覆われてしまい、
何とも地味な新潟県入りに…と思ったら糸魚川方面がまさかの通行止めΣ(゚Д゚)
仕方なくジグザグの坂を下って現道に向かうとそこにもバリケードが!?
どうやら長野県側と新潟県側で旧道の扱い方が違うようだ。

現道 ロックシェッド
©az-tic life

通行止めの先に続いているであろう旧道や白馬大仏が見られず、
テンションが下がったまま延々と続く現道のロックシェッドをただひたすら走行…
ひすいの湯(モンベル割引800円)でサッパリしたあと再び走り出す。

3年振りの海♪
©az-tic life



海キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!




久比岐自転車歩行者道
©az-tic life

今回のもうひとつの目的が糸魚川と上越を結ぶ久比岐自転車歩行者道だ。
自転車道の入り口を探しながら国道8号をボーっと走っていると…
いつの間にやら自転車道が始まっていることに気付いたw
地図や写真で調べると僅か数百メートル見落としていたことが判明orz

白山トンネル
©az-tic life

気を取り直して次はトンネルコレクション♪
久比岐自転車歩行者道は北陸本線の旧線を利用した区間が多く、
レンガ積みのトンネルや古い石垣を観ることが出来る。
まずは白山トンネルと小泊トンネルを通過。

マリンドリーム能生
©az-tic life

この日の目的地である道の駅マリンドリーム能生に到着!
しかし予想以上に人の出入りが多く軒下にテントを張ることを諦め、
隣にある荒崎キャンプ場(1260円)で泊まることに…
調理道具を積んでおきながらスーパーの弁当になってしまったが、
食べ終わった頃に寺泊から京都へ走っている3人組の学生チャリダーが現れ、
隣の家族連れから貰ったというカレーを一緒に頂きながら、
ツーリングの体験談やノウハウなどチャリダー談義に華を咲かせた♪

走行距離123.4km
NM08152
©az-tic life

ネットで久々にTHE NORTH FACEの商品を調べていたら、
なんと理想のデザインのメッセンジャーバッグを発見!
3年前は白くて無駄な文字やラインの入っていないものとして、
『Base Camp Messenger Bag S NM08907 WHITE』を買ったのだが、
立体縫製のフタは開く時にシワになってしまったり、
ペットボトルの居場所が無く巾着袋を安全ピンで留めたりと、
少々不便を感じながらも今日まで大事に使ってきた。
今回見つけたのは『Base Camp Messenger Bag S NM08152 WHITE』♪
平面的なフタと機能性に優れた内ポケットを装備している。

内ポケット
©az-tic life

内ポケットは奥からノートPC用、ペットボトル用、携帯電話用、
それに小物用が配置され、物を詰め込んでも外側に膨らみにくい構造だ。
以前のものはフタをめくったところに筆記用具用や小物用があり、
完全一体型の構造は物を出し入れするには少々窮屈な印象だった。
これならシリコンオーディオ等を入れても負担が掛かる心配がなく、
一眼レフ等で一杯になっても内ポケットを上に載せれば潰されずに済む。

NM08152&NM08907
©az-tic life

3年前に買った『Base Camp Messenger Bag S NM08907 WHITE』と、
今回買った『Base Camp Messenger Bag S NM08152 WHITE』を並べてみた♪
やはり3年も経つと僅かながら黄ばみが出てきて使用感が…
以前『ポムコツ安曇野丸』のハンドルカバーを漂白剤で洗ったことがあり、
これも黄ばみが取れるか試してみようと思っているのだが、
もし取れても取れなくてもリンゴ園の兄さんが欲しがっているため、
服と交換するか1,000円ぐらいで買い取ってもらうとしよう。
多少高くても気に入ったものを買えば後々良いことがあるのだ(*´∀`)

THE NORTH FACE
過去記事 NM08907
モンベル シートパック
©az-tic life

結局この夏は長距離ツーリングに行くことはなかったorz
代わりにコンフォートサドルやコンフォートグリップの実力を試すため、
往復140kmくらいの日帰りツーリングを計画しているのだが、
まずはボロボロになったリアキャリアバッグを買い換えることに…
でもって地元のモンベルストアで買ってきたのがこの『シートパック』♪

シートパック 装着
©az-tic life

早速装着してみると意外と高さがあることに驚く。
幅がないとなれば高さで容量を確保するしかないわけだが、
乗り降りの際に足が当たって汚してしまいそうだ…
肝心の使い勝手は白い反射テープが障害となり、
ファスナーを開け閉めするのに少々手こずってしまうorz
まあ高い防滴性能を確保するためなら仕方ないが…
取り付け方法はシンプルかつ確実な面ファスナーで、
内部のクッションと相まってしっかりと踏ん張ってくれそうだ。

装着 補助
©az-tic life

とは言え絶対に倒れたり外れたりしないとは言い切れないため、
補助的に『シートパック』前面のリングとサドルのレールを、
100円ショップで購入したカナビラで繋いでおくことに…
ちなみにリアキャリアバッグはカッパやタオルを下に入れ、
その上にカメラや携帯電話を入れるようにしている。
重心は高くなるが精密機器を衝撃から守るには最適な方法だ。

自作リアキャリアバッグ
©az-tic life

これまで使っていたリアキャリアバッグは見るも無残な姿…
ホームセンターの安物クーラーバッグを流用して作ったものだが、
紫外線の影響で表面の薄いフィルムがペラペラと捲れ、
シルバーの塗装が剥がれて白いビニールが露になっている。
断熱材もふにゃふにゃで形状を保つことすら出来ず、
もはや装着して走るには恥ずかしいくらいの痛み具合だ。
これはリンゴ園に行く時に弁当を入れるバッグも兼ねているため、
今後も捨てずに弁当を入れて持って行くのに使うとしよう。

モンベル
過去記事 保冷車