安曇野発ケチケチファーマーズブログ
試し撮り
©az-tic life

松本のガーデン・ギャラリー風雅でMAI&Double Fantasyのライブが行われた(*´∀`)
今回もチェロやバイオリン等の弦楽器が加わり優雅な雰囲気に♪
そして2時間前に届いた『K-3Ⅱ』で無謀にもぶっつけ本番の撮影に挑戦…
なお前半はウォーミングアップに終わったため画像は後半メインだw

乗ってきた♪
©az-tic life



カシュ!カシュ!



中古の『K-5』と違い新品の『K-3Ⅱ』はシャッター音に角がある(^_^;)
それでもPENTAXミドルクラスの静寂性には定評があり、
ライブ撮影をメインに行うプロカメラマンにも採用される程だ…

TOSHI
©az-tic life

『K-5』では背景が極端に明るかったり暗かったりすると、
中央重点測光では意図しない露出になってしまうことが多かったorz
しかし『K-3Ⅱ』では非常に安定したトーンを維持してくれるため、
状況に合わせた細かな露出補正を行なう必要がない…
77分割測光から約8.6万画素RGBセンサーに変わったことにより、
シャッターを切る前から色や形を判別してくれるのだ(゚Д゚;)

ムーヴMAI
©az-tic life

F2.8光束対応AFはF2.8通しの大口径ズームとの相性が抜群!
さすがに動く被写体を開放で撮影するのは厳し過ぎるが、
F4まで絞ると高い確率で被写体を捉えて離さない…
ピンボケで削除する写真が大幅に減ったのは嬉しい限り♪

ASHI
©az-tic life

-3EV低輝度対応AFもステージ奥など暗い場所に威力を発揮!
『K-5』でピントが合わない状況でも『K-3Ⅱ』ならピタッと合い、
暗さから来るピントの迷いに悩まされることがない…
さらに大口径望遠ズームでピントを大きく外してしまった場合、
これまではMFに切り替えて戻さなければならなかったが、
『K-3Ⅱ』なら広角側にすれば難なく被写体へと戻すことが出来る♪

この解像感!
©az-tic life

忘れてはならないのが最大の特徴でもあるローパスセレクターだ☆三
デジタルカメラにはモアレ低減のためのローパスフィルターが付いているが、
『K-3』系にはそもそもローパスフィルターが付いていない…
代わりに手振れ補正機能を利用して撮像素子を微小駆動させ、
モアレを低減してしまおうという独自の発想と技術が詰め込まれている♪
ローパスセレクターはOFF・TYPE1・TYPE2・ブラケット撮影があり、
何となく解像とモアレ低減のバランスをとったTYPE1を選択して撮影したのだが、
髪の毛の一本一本や衣装の質感がリアルで驚かされてしまった(((゜Д゜;)))

パワフルMAI
©az-tic life

『K-x』以来となる新品の一眼レフで夢中になりながらの撮影だったが、
ぶっつけ本番でも『K-3Ⅱ』のポテンシャルの高さは証明された♪
次女のなつきちゃんも歩き回れるようになりMAIの表情に余裕が出てきたため、
今後はパワフルさを増したMAIに負けないくらい撮りまくるとしよう!

クリアーマウンテン・スタジオ

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。
スポンサーサイト

TOSHI 作品
©az-tic life

松本のガーデン・ギャラリー風雅でMAI&Double Fantasyのライブが行われたヽ(´ー`)ノ
今回はMAI&Double Fantasyの風雅10周年記念コンサートとのことで、
チェロとウッドベースの奏者も加わり重厚かつ優雅な演奏が披露された♪

MAI その1
©az-tic life



これはw



過去のライブ画像を見返してみるとワンピースやラフな格好が多いMAI…
しかし今回はパリッとしたスーツ(?)姿でなかなか新鮮だ(;´Д`)

TOSHI その1
©az-tic life



カシャ!カシャ!



というより実際のシャッター音はクシュ♪クシュ♪という感じ…
『K-5』をはじめとするPENTAXミドルクラスの静寂性は群を抜いており、
奏者の動きが少なく撮影しやすい状況=静かな状況で威力を発揮する(・∀・)

MAI その2
©az-tic life



ナ~イス♪



ファインダー越しとはいえ目の保養であることに変わりはない(*´∀`)
カメラ片手に県内アーティストを発掘していた頃が懐かしい…

TOSHI その2
©az-tic life

しかし最近は忙しさから近場のライブにも行けないことが多くなったorz
久々に構えたカメラはこんなにも重かったのかと驚いてしまう…
本業のステンドグラスだけでなく音楽や建築など何でもこなすTOSHIだが、
その尽きることのないエネルギーは一体どこから来るのだろうか?

MAI その3
©az-tic life

次女のなつきちゃんをおんぶしながら歌うMAIママは強し(゚Д゚;)
おんぶ紐の締め付けにもブレることのないその歌唱力!
生まれた時からハイレベルな子守唄が聞き放題のMAIの子供達が…



羨ましいぞw



MAI&Double Fantasy
©az-tic life

MAI&Double Fantasyと出会った時から早くも7年が経過し、
サポートメンバーの入れ替わりやMAIの結婚など様々な出来事を見てきた…
しかし風雅で行われるライブはいつもアットホームな雰囲気で、
昔から変わらない仲間達とゆったりとした時間を過ごすことが出来る♪

もちろん会場に似つかわしくないゴッツイカメラを使えるのは、
いつも暖かく迎えてくれる仲間達のおかげと言えよう…
今後も第2の専属(?)カメラマンとしてよろしくお願いします(^_^;)
そして風雅10周年おめでとうございます!

クリアーマウンテン・スタジオ

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。
YOSHIKA 自作ジャケット♪
©GRANDFUNK Ink.

YOSHIKAの5年振りとなるフルアルバム『YOSHIKA』がリリースされた♪
リリースと言ってもCDではなくiTunesのみによる配信だが(´・ω・`)

5年振りとなるフルアルバム『YOSHIKA』を聴いた感想はと言うと、
全体的にどっしりとした安定感のあるメロディーの曲が多く、
この5年間で人間的にも音楽的にもかなり成熟したなぁと言う印象…
時間を掛けて丁寧に作られた曲は隅々まで拘りが現れていて、
しかもフリーソウル、シティポップ、ソウル、ジャズと、
様々なジャンルの曲が散りばめられていて耳を飽きさせない(*´∀`)

過去のアルバムをシンプルな言葉で表すとすれば、
『STRAIGHT AHEAD』や『timeless』がキャピキャピの若さ、
『World』や『REDWOOD TREE』はママの優しさ、
そしてこの『YOSHIKA』は芯の強さとでも言うべきだろうか?

どこか現実味に欠ける歌ばかりが目立つ今日の邦楽界において、
人生の各ステージをリアルタイムに表現しているアーティストは数少ない…
手に取ることの出来るCDが存在しないのは寂しい気もするが、
在庫リスクや定期的にリリースしなければならないという、
これまでの音楽業界につき物だった足かせから解き放たれたことにより、
さらなる拘りに満ち溢れた曲作りをしてくれるに違いない(・∀・)

Strongly In Life 自作ジャケット♪
©GRANDFUNK Ink.

ところで、YOSHIKAのファンを名乗るには少々恥ずかしいことがあり、
実は5年前にリリースされたミニアルバム『Strongly In Life』を今頃ダウンロードw
当時はiTunesのみによるリリースにがっかりしてしまい、
いつかは何らかの形でCDにしてくれるだろうと信じていたのだが、
既にメジャー、インディーズ問わずネット配信が当たり前の世の中になり、
これが時代の流れなのだと言い聞かせてダウンロードしたのだorz

それはさておき、ミニアルバム『Strongly In Life』を聴いた感想は…
『World』や『REDWOOD TREE』の頃に見られる優しい曲調に、
打ち込みのデジタルサウンドが違和感なくマッチ!
コテコテの『STRAIGHT AHEAD』や『timeless』でファンになり、
その後のアコースティック路線で離れてしまった人にもおすすめだ☆三

タイトル曲『Strongly In Life』のMVはほのぼのとした雰囲気で、
YOSHIKAの子供が無邪気に遊んでいる姿に思わず顔がほころぶ♪
そんなYOSHIKAの子供は気付けば小学校2年生くらいになるはずΣ(゚Д゚)

当ブログを開設した頃から注目しているYOSHIKA…
ライブには行ったことはないが今後もひっそりと応援していこうw

YOSHIKA official web site
松本市四賀のヴィオパーク劇場で夜桜パフォーマンス2014が行われた。
MAI&Double Fantasyは1日目の最後を飾ることになったのだが、
今回は比較的落ち着いた雰囲気の曲が多かったことや、
人気の高い落語が2日目のためお客さんがやや少なかったこと、
それに歯茎が完治していなかったこともあってか撮影枚数は伸びず…
初めて一眼レフを買った頃のような勢いは何処にorz

MAIその1
©az-tic life



カシャ!



ギター♪
©az-tic life



カシャ!



MAIその2
©az-tic life



カシャ!



MAI&Double Fantasy
©az-tic life



カシャ!



TOSHI
©az-tic life



とれ高微妙(´・ω・`)



やはりトイカメラ的な『K-x』でライブ撮影を行う事自体無理があり、
シャッター音が気にならない楽曲では被写体ブレが起こり、
被写体ブレが起こりにくい場面ではシャッター音が気になってしまうorz
と言うことで次回のライブまでに新たなる一眼レフを買うとしよう…
しかし今年はインプワゴンに少々お金を掛け過ぎたため、
3万円前後で手に入る『K-5』ボディの中古になりそうだが(o_ _)o

MAI&DoubleFantasy
平安堂 MAI&Double Fantasy

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。
湯澤かよこが結婚!?





ピャ━━━(。A 。 )━━━ッ!!!!





湯澤かよこ CO-LIFE

※この記事は永久に執筆中ですw