安曇野発ケチケチファーマーズブログ
 
MAI&Double Fantasyの(元)専属カメラマンの女性に彼氏がorz

と言うことで新しいカメラを買いますw

じゃやなくて…

もっと上手くなるよう撮りまくります(`・ω・´)シャキーソ!!
 
スポンサーサイト
桑畑で作業していると隣接する家の方が何かの本を持ってきた。
「これ、お宅の桜じゃない?」
そう言われ開かれたページを見ると確かにウチの枝垂桜が写ってるΣ(゚Д゚)
貞享義民記念館で買った本を読んでいたら見つけたとのことだが、
まさか名所でも何でもないウチの枝垂桜が載るとは驚き…

安曇野市豊科郷土博物館♪
©az-tic life

家に帰ってから早速ネットで調べてみると貞享義民記念館以外にも、
安曇野市豊科郷土博物館、安曇野高橋節郎記念美術館、
穂高郷土資料館でも取り扱っていることが分かり、
この際だからと安曇野市豊科郷土博物館へ買いに行くことに♪
前の道は良く通るが建物の中に入るのは小学生以来…

5年生くらいの時に社会の授業で拾ヶ堰について学ぶため、
学年全体で見学に訪れたはずだが立体地図以外あまり覚えていない…
しかし農業をやっている今となっては実に興味深い物ばかりで、
常設展示の『安曇野をめぐる水と私たちのくらし』では、
馬耕の様子を再現した模型や昔の農具なども展示されていて、
改めて安曇野の農業の歴史を学ぶことが出来た♪

安曇野風土記Ⅰ~Ⅲ
©az-tic life

そして購入した本がこちらの『安曇野風土記Ⅲ さくら サクラ 桜』♪
著者は長野県立歴史館長であり元信州大学副学長でもある笹本正治氏、
編集は安曇野市教育委員会でA5サイズの税込800円。
安曇野市内各所にある様々な桜を写真と文章で紹介しているが、
地元の誰もが知っている名所はもちろん個人所有の桜も多数載っている。
今回はついでに祭りの写真を収めた『安曇野風土記Ⅱ 祭りが結ぶふるさとの絆』と、
水辺の風景が美しい『安曇野風土記Ⅰ 水で結ばれたふるさと』も購入…

44ページに…
©az-tic life

その『安曇野風土記Ⅲ さくら サクラ 桜』の44ページにウチの枝垂桜が♪
安曇野市教育委員会が編集で目を通したであろう文章には、
『このまま成長を続けてくれることを祈ります』などと書かれているが、
この場所は安曇野市の方針で数年前から転用が可能な田園居住区域となり、
いずれ田園とは無関係な宅地開発に飲み込まれてしまう…
典型的な縦割り行政に翻弄されるとは何とも皮肉な運命(´;ω;`)

優良農地を守るためには多少の犠牲も仕方ないのかもしれないが、
長い年月を掛けて作られてきた風景がまたひとつ消えてしまうのは寂しい…
少子高齢化が加速する中で人口10万人という目標を掲げ、
若い世代を呼び込もうと宅地開発を推し進めている安曇野市だが、
その一方で屋敷林の荒廃や空き家の増加も目立つようになってきたorz
35年ローンで無理して建てた味気ない家に住んでもらうよりも、
中山間地域ではお馴染みの空き家バンクを設けたり、
実家を二世帯住宅へとリフォームすることに補助金を出したりと、
今あるものを活用する方がより豊かな人生を送ってもらえるのではないだろうか?
安曇野が必死に働いた後の単なる寝床として色褪せてしまわないよう、
まずは人々のココロに彩りを添えられるような政策が必要だ。

 追記:

 2017年4月19日発行の『広報あづみの』にて、
 安曇野市空き家バンク開設の情報が掲載されました(≧∇≦)
 
 安曇野市空き家バンク

気付けば話が大げさな方向に脱線してしまったが、
ウチの枝垂桜については自分の力ではどうすることも出来ないorz
接ぎ木や挿し木で一部だけでも残せるのならやってみる価値はありそうだが…

安曇野風土記3『さくら サクラ 桜 安曇野風土記3』 発行
遂にデビュー(≧∇≦)
©az-tic life

新しいトラクターがいよいよ本格稼働の時を迎えた…

まずは基本的な汎用ロータリーによる稲刈り跡の耕起作業だが、
何も考えずオートロータリーをオンにするも微妙な挙動にorz
各種オートは設定項目があり過ぎてすぐには使いこなせそうもないため即オフw
結局は尾輪を地面に押し当て『AF-30』と同じプロセスでギアを選択…
PTO1速、副変速2速、主変速は土質や水分量により変わるが、
ロータリーが地面を転がる寸前の車速で土塊が大きくなるよう仕上げる。
エンジンは驚くほど粘りがあり低回転でもグイグイ回るため、
『AF-30』の2000rpmに対し『US601』では1500rpmでも余裕だ♪

念願のキャビンは冷たい北風から守ってくれるどころか、
少しでも日が差すとビニールハウスのように熱くなってしまうorz
かと言ってエアコンを使うと数馬力は食われてしまうため、
小窓を開けたり閉めたりして直に冷たい外気を取り入れた…
まだカセットデッキは使っていないがスピーカーは何と2way搭載Σ(゚Д゚)
お気に入りの音楽を聴きながら快適な作業を行うためにも、
今後はSDカードやUSBメモリのデッキに載せ換えるとしよう♪

そして稼働初日にようやくアワーメーター50時間を突破!
奇跡のヤンマー『エコトラ US601』の新たなステージは始まったばかりだ…

ヤンマー株式会社
先日購入した折り畳みハローが油圧開閉であることや、
将来的に様々な作業機や作業体系を試してみたいこともあり、
新しいトラクターにサブコントロールバルブを後付けすることにした♪
早速ヤンマーで具体的な見積もりを出してもらったところ、
工賃や運賃を含めた総額は何と19万円も掛かることが判明orz
しかし部品代だけなら128,400円に抑えられることから、
無謀ながら部品だけ購入して自力で取り付けてみることに…

SCV2連キット
©az-tic life

こちらが『US401~601』用サブコントロールバルブ2連キット♪
画像ではバルブ周りとレバー周りを組み立てた状態だが、
バルブ以外ほぼバラバラの状態で梱包されてくる。
部品点数は100を超えているが組付要領書は中途半端(´・ω・`)
ノギスでサイズを測りながらどの部品がどこに必要か、
知識と経験をフルに生かして難解なパズルを解いていく…

後輪取り外し
©az-tic life

キットの後付けは右後輪やシート等を取り外す必要がある。
後輪の重量は大きさからして100kg以上はあるため、
あまり高くジャッキアップすると取り付けに苦労する可能性が…
そこで地面から離れるギリギリの位置までジャッキアップし、
ボルトを外した後はそのまま転がして移動出来るように工夫した♪

シート取り外し
©az-tic life

シートはパネルごと持ち上げるつもりが重くて持ち上がらず、
仕方なくシート、シートレール、パネルの3つに分解して取り外し(;´Д`A
要領書ではフェンダー内の点検カバー、燃料タンクカバー、
キットを割り込ませるため既存の油圧パイプも1本取り外すのだが、
他にもコネクター1箇所、高圧パイプ片側、戻りパイプ片側、
UFO(水平装置)ホース片側も外さなければ作業スペースが確保出来ず、
なんだかんだで予想以上の範囲にまで手を付ける結果にw

バルブ取り付け
©az-tic life

キットに付属するパイプ7本、バルブ周り、レバー周りを取り付け、
フリーの状態でレバーがN位置に来るよう何度もアジャスターを調整…
高圧パイプ片側を戻す際に古い銅パッキンは使えないため、
余分に梱包されていた新品の銅パッキンを適当に使ったのだが、
もしかすると高圧パイプ片側は最初から外せという意味なのだろうか?

カプラ取り付け
©az-tic life

油圧取り出し口はツータッチカプラが左右に分かれて並んでいるが、
パイプとカプラを接続する前にダストカバーを通すことを忘れてしまったw
まあダストカバーの紐は電工スリーブでカシめて輪にしてあるため、
スリーブを破壊してから再び新品のスリーブでカシめれば良いだけだが…
ちなみにキットの配管は基本的にシールテープを巻く必要がなく、
接続方法として管継手ボルト+銅パッキン、フレア加工+オスシート、
Oリング+平行ネジ、シール材付テーパーネジの4種類が使われている(*´∀`)

レバー取り付け
©az-tic life

取り付け後は万が一のオイル漏れに備えてゴーグルを装着し、
エンジンを掛けてレバーを前後に動かしてオイル漏れがないことを確認!
これだけでは油圧取り出し口付近に少量のエアが残ることになるが、
後で作業機を接続して数回動かせばエア抜きは可能なはず…
最後に右後輪やシート等の取り外したものを元に戻しジャッキダウン♪
これでサブコントロールバルブの後付けは無事終了ヽ(´ー`)ノ

春はすぐそこまで来ているが次はハローのメンテナンスだorz

ヤンマー株式会社
昨年から中古で3.8m前後の折り畳みハローを探ししていたのだが、
中規模農家が使い倒すサイズなだけになかなか見つからず、
近場で見つからなければ県外の物件に問い合わせようと思っていた…
そんな時に暫く行っていなかった農機具屋へ何となく立ち寄ると、
中古農機のネット通販最大手のPDNSの加盟店だということを初めて知り、
しかも関西方面から農機具を運んでくる予定もあるとのことで、
PDNSで見つけた滋賀県の物件を混載で運んで頂けることに(≧∇≦)

コバシ TXM385
©az-tic life

そして数日後には送料無料で滋賀県からハローが到着!
ロータリーに続きまたもやコバシの『サイバーハロー TXM385』♪
肝心の価格は520,000円で最低限のメンテナンス済み…
パッと見ボコボコで爪は1回目の交換時期に差し掛かろうとしているが、
上部クラッチとフレーム構造のおかげで爪以外の摩耗は少なく、
ヨレヨレで関節がヘタっているニプロ『WAS2700B』とは大違い┐(´д`)┌

平成21年製
©az-tic life

最も重視したポイントは爪軸のオイルシールとクラッチの耐久性だ♪
ニプロのセンタードライブはオイルシールが8~12箇所と多く、
下部クラッチは駆動爪など無理のある構造のため候補から排除!
サイドドライブも下部クラッチはオイルシールが10箇所あり、
グリスの注入口がなければメンテナンス性に劣るため、
最終的に上部クラッチでオイルシールが6箇所のモデルに絞られた…
チェーンケースが3箇所となるとリスクが大きいように思えるが、
完全に壊れてから修理する機械に無頓着な農家と違い、
定期的にメンテナンスするウチの使用環境なら問題ないと判断(`・ω・´)

サビサビ
©az-tic life

農機具屋から聞いた話ではスプリングレーキのサイズも重要で、
古いモデルはあってないような小さなスプリングレーキだったのに対し、
比較的新しいモデルは大型のスプリングレーキが装着され、
高速作業でも残渣の埋め込み性能が格段に良くなったとのこと♪
また折り畳みは電動より油圧の方が動きが速く耐久性もあるとのことで、
全ての条件を満たす物件を見つけられて良かったなと実感…
もちろんトラクターに外部油圧を後付けしなければならないがorz

小橋工業株式会社
中古農機のことならPDNS