安曇野発ケチケチファーマーズブログ
もう少しで500時間に達するコンバインをメンテナンス(;´Д`A
購入してから一度も交換したことのないミッションオイルと油圧作動油、
チェーン2本と消耗が激しい左側のVベルト等を交換することに…

新旧Vベルト
©az-tic life

ヤンマーあづみ野支店で購入した部品は下記の通り↓
ミッションオイルTF-300(9リットル)、スーパーハイドロオイル#56(14リットル)、
HSTフィルター、下搬送チェーン41L、縦搬送チェーン30×46L、
選別駆動ベルトSC79、選別ベルトSC88、揺動駆動ベルト特B37、
カッター駆動ベルト特B68Hで合計は何と86,832円orz
古いVベルトはボロボロだが応急用として保管しておこう…

各種オイル
©az-tic life

オイルは余っても困るため量り売りで購入したものの、
通販で無駄に購入するのと比べ価格はあまり変わらなかった…
ちなみにチェーンオイルはエーゼットの水溶性を長年使っていたのだが、
ヤンマーの方が安いことを知り4リットル缶を2160円で購入♪
その他エンジンオイル交換、下搬送チェーン41Lプーリーベアリング交換、
車体左後ろシール自作、こぎ胴シール自作、処理胴シール自作、
こぎ胴切刃研磨、各部グリスアップで4,000円くらい(・∀・)

刃研ぎグラインダ
©az-tic life

こぎ胴切刃研磨には普通のグラインダーを使っていたのだが、
焼き戻りによる強度低下が心配で思い切った研磨が出来ずにいたorz
そこでリョービ『刃研ぎグラインダCG-11』を7,700円で購入…
低回転のため焼けがなく専用の砥石でシャープな仕上がりに♪
こぎ胴切刃、処理胴切刃はもちろん、回転刃の研磨も行うことにより、
さらなるメンテナンス費用の削減に繋がりそうだ(*´∀`)

これで折り返し地点の500時間は無事に迎えられるか!?
とりあえず一昨年、昨年のような長雨が降らないことを願うばかり…

ヤンマー株式会社
スポンサーサイト
これまで使っていた三脚は家に転がっていたHAKUBAの古いモデルで、
気を抜くと指を挟んでしまう構造のため注意しながら使っていたorz
しかも致命的に高さが低いことや搭載重量が少ないこともあり、
怪我の心配がなくガッチリしたビデオ兼用の三脚を購入することに…

アル・ティム 330 HD
©az-tic life

ネット通販でSLIKとVelbonのビデオ兼用の三脚に候補を絞り、
金属製でクイックシュー搭載の3段のモデルを比較…
そして最終的にSLIK 『アル・ティム 330 HD』に辿り着いた♪
価格はネット通販で19,586円とかなり思い切ったチョイス(;´Д`A
ビデオ兼用ということもあり上下左右の動きはスムーズ!
ダイヤルを回すことで動きの固さを調節することも出来る優れもの…
搭載重量は3㎏と余裕で三脚自体の重量も1890gあるため、
70-200mm F2.8の望遠ズームを装着した一眼レフでも安心☆三

ケーブルスイッチ CS-205
©az-tic life

今回は花火撮影もしてみたいことからレリーズも同時購入♪
RICOH『PENTAX ケーブルスイッチ CS-205』3,612円…
(なぜかパッケージが潰れた状態で届いたw)
価格の割にチープな作りで防塵・防滴でないのが残念!
でもって地元で行われていた花火を撮影に行ってきたヽ(´ー`)ノ

三郷花火その1
©az-tic life


ドーン!


三郷花火その2
©az-tic life


ドドーン!


三郷花火その3
©az-tic life


ドーン!バラパラパラ…


何か寂しいw


花火には花火ならではの撮影のコツがあるのだろう(´・ω・`)
単に三脚に据えてレリーズを操作すれば良いわけではなさそうだ…
まあ道具は一通り揃ったのだから花火や星空はもちろん、
アートトラックのナイトシーンまで色んなものを撮影してみよう♪

ところで信州新町の花火大会にとある方をお誘いしたのだが、
都合が合わないとのことでお流れになりますた。゚(゚´Д`゚)゚。

SLIK
RICOH IMAGING
ようやく採種用玉葱の選別・出荷が終わった(o_ _)o

今年は2枚ある畑のうち1枚で3割も抽苔してしまったが、
株間を狭くしながらも平年並みの雨で肥大が進んだことから、
出荷数量としては昨年とあまり変わらなかった♪

しかし田んぼが1町歩ほど増えたこともあり手が回らず、
納期ギリギリになってしまったことは反省しなければならないorz
選別・出荷の合間を縫って穂肥や草刈りをするのも厳しく、
何より昨年から球数の清算に変わり収入アップが期待されたが、
結局はウマいこと価格を下げられてしまい期待外れの結果となったため、
来年からは全ての玉葱を青果用に切り替えていく予定だ…

さらに地区の営農組合で小さな圃場を借りて玉葱を作るのだが、
安価な機械体系を構築しておいてほしいなどと丸投げされてしまったw
まあ玉葱に流用出来そうな機械は既にリストアップしているが、
数が出ないだけあり中古でもそれなりのお値段(;´Д`A
お世話になっているヤンマーの方が近所に引っ越してきたため、
営農組合に巻き込みながら一緒に考えていくとするか…

今後のビジョンとしては玉葱の乾燥調整施設に近い地の利と、
田植機の更新費用を捻出したい営農組合の労働力、
これらを上手く利用することで条件の良い農地だけをウチに集中させ、
快適な土地利用型農業に専念出来る環境づくりを進めよう!
MAI&Double Fantasyの(元)専属カメラマンの女性と久々のカメラ談義(・∀・)
前回お会いしたのは2011年7月2日の座談会で実に6年振りの再会♪

互いの近況報告では通信制の大学や国家資格の取得を目指していると聞き、
勉強熱心な姿に驚くと共に目標を持つことの大切さを改めて実感…
夢の実現に向けて陰ながら応援しています(o^-')bガンバレ!!

センス抜群!
©az-tic life (2009年ラブアースライブ展示より♪)

本題のカメラ談義では脂の乗った写真が撮れないことを伝えると、
ライブ撮影だけでなく色んな被写体を撮影するようアドバイスを頂いたり、
ピンボケも被写体ブレも素材として欲しがる人がいることなど、
基本的なことから経験から得たことなど時間が許す限り語り合った…
偶然にも現在メインで使用している互いのカメラは3機目になり、
専属カメラマンの女性はPENTAX→OLYMPUS→SONYと乗り換えていた(゚Д゚;)
今は働いているため写真家としての活動は縮小しているとはいえ、
写真の説明をしている時の表情はとても楽しそうだ♪
また機会があれば一緒にライブ撮影や綺麗な景色でも(´艸`)

ISO感度上限を誤るも、それが良い味に♪
©az-tic life (記事を書かないまま3年間も放置してしまったorz)

この日は長野市街に行く途中で信州新町にあるTOSHIのご自宅に立ち寄り、
3年間撮り溜めたままだったライブ写真をCD-Rに焼いてお渡しした…
自分の判断だけでボツにしてしまうことが続いていたのだが、
失敗作だと思っていた写真も素材としての価値があることを気付かされた今は、
もっと積極的にシャッターを切っても良いのではと思えるようになった♪

最近は仕事も趣味も恋愛(w)も慎重に行動し過ぎていたこともあり、
なんだか久々に肩の力が抜けたような気がしたヽ(´ー`)ノ

写真家Kahori(自由帳)
Kahori写真詩集
フリーペーパーApple school
試し撮り
©az-tic life

松本のガーデン・ギャラリー風雅でMAI&Double Fantasyのライブが行われた(*´∀`)
今回もチェロやバイオリン等の弦楽器が加わり優雅な雰囲気に♪
そして2時間前に届いた『K-3Ⅱ』で無謀にもぶっつけ本番の撮影に挑戦…
なお前半はウォーミングアップに終わったため画像は後半メインだw

乗ってきた♪
©az-tic life



カシュ!カシュ!



中古の『K-5』と違い新品の『K-3Ⅱ』はシャッター音に角がある(^_^;)
それでもPENTAXミドルクラスの静寂性には定評があり、
ライブ撮影をメインに行うプロカメラマンにも採用される程だ…

TOSHI
©az-tic life

『K-5』では背景が極端に明るかったり暗かったりすると、
中央重点測光では意図しない露出になってしまうことが多かったorz
しかし『K-3Ⅱ』では非常に安定したトーンを維持してくれるため、
状況に合わせた細かな露出補正を行なう必要がない…
77分割測光から約8.6万画素RGBセンサーに変わったことにより、
シャッターを切る前から色や形を判別してくれるのだ(゚Д゚;)

ムーヴMAI
©az-tic life

F2.8光束対応AFはF2.8通しの大口径ズームとの相性が抜群!
さすがに動く被写体を開放で撮影するのは厳し過ぎるが、
F4まで絞ると高い確率で被写体を捉えて離さない…
ピンボケで削除する写真が大幅に減ったのは嬉しい限り♪

ASHI
©az-tic life

-3EV低輝度対応AFもステージ奥など暗い場所に威力を発揮!
『K-5』でピントが合わない状況でも『K-3Ⅱ』ならピタッと合い、
暗さから来るピントの迷いに悩まされることがない…
さらに大口径望遠ズームでピントを大きく外してしまった場合、
これまではMFに切り替えて戻さなければならなかったが、
『K-3Ⅱ』なら広角側にすれば難なく被写体へと戻すことが出来る♪

この解像感!
©az-tic life

忘れてはならないのが最大の特徴でもあるローパスセレクターだ☆三
デジタルカメラにはモアレ低減のためのローパスフィルターが付いているが、
『K-3』系にはそもそもローパスフィルターが付いていない…
代わりに手振れ補正機能を利用して撮像素子を微小駆動させ、
モアレを低減してしまおうという独自の発想と技術が詰め込まれている♪
ローパスセレクターはOFF・TYPE1・TYPE2・ブラケット撮影があり、
何となく解像とモアレ低減のバランスをとったTYPE1を選択して撮影したのだが、
髪の毛の一本一本や衣装の質感がリアルで驚かされてしまった(((゜Д゜;)))

パワフルMAI
©az-tic life

『K-x』以来となる新品の一眼レフで夢中になりながらの撮影だったが、
ぶっつけ本番でも『K-3Ⅱ』のポテンシャルの高さは証明された♪
次女のなつきちゃんも歩き回れるようになりMAIの表情に余裕が出てきたため、
今後はパワフルさを増したMAIに負けないくらい撮りまくるとしよう!

クリアーマウンテン・スタジオ

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。